ページの本文へ

Hitachi

CSIRT構築コンサルティング

お客さまの状況に合わせたCSIRT構築を実現するための
組織・体制の確保から運用開始までを、トータルでご支援します。

お客さまに合わせたCSIRTの構築を実現

CSIRT(Computer Security Incident Response Team)とは、企業内におけるセキュリティ問題を専門的に扱うインシデント対応チームのことです。CSIRTは企業の規模や事業によって、さまざまな形態があります。
インシデント発生時の早期対応を実現する、組織にフィットしたCSIRTの構築および運用をご支援します。

日立グループにおけるCSIRT構築・運用のノウハウとともに、これまでの豊富な構築支援実績から、お客さまに寄り添った効率的かつ高品質なCSIRT構築コンサルティングをご提供します。

CSIRTの役割

  *
IPA:独立行政法人 情報処理推進機構
  *
JPCERT/CC:一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター

CSIRT構築コンサルティングの流れ

CSIRT構築プロジェクトの立ち上げから運用開始まで、トータルでご支援します。

CSIRT構築コンサルティングの流れ

特長

特長1. 豊富な提案実績によるノウハウの活用

規模や業種を問わず、これまでの多くの実績から得られた各種基準やガイドラインに対する知見や、テンプレートの活用により、効率的かつ実運用に即したご提案ができます。日立グループにおけるCSIRTである日立インシデントレスポンスチーム(HIRT)と連携し、CSIRTについての社内有識者から後方支援を受けることもできます。

特長2. 実績とスキルをもつコンサルティング要員

幅広い業種にそれぞれ対応したセキュリティアセスメントの実績豊富なコンサルティング要員が、お客さまに寄り添ってご対応します。

関連リンク

本ページに記載の仕様は、製品の改良などにより予告なく変更することがあります。