ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

SAP S/4HANA®への移行方法にシステムコンバージョンを選択することで、既存システムの最小限の調整および低コストでの移行が可能となります。
しかし、システムコンバージョンでは事前に、移行により影響を受ける機能の洗い出し、アドオンプログラムの改修、効率的なテストの実施などが必要となります。
日立では、数々のSAP S/4HANA化プロジェクトで得た数多くの知見を基に、移行におけるプログラムの性能問題やUnicode化対応、各モジュールごとに発生する課題など、お客さま環境のご利用状況やご要件によりさまざまな考慮すべきポイントをまとめております。

「HFusion for SAP S/4HANA System Conversion」で確実なSAP S/4HANAへの移行

日立は導入方法論として「HFusion for SAP S/4HANA System Conversion」をご用意しており、プロジェクトの各フェーズで考慮すべきポイントをまとめたガイドライン、効率化ツールを活用し、確実なSAP S/4HANAへの移行を実現します。

一般的なSAP S/4HANAシステムコンバージョンプロジェクトスケジュール
一般的なSAP S/4HANAシステムコンバージョンプロジェクトスケジュール
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

  • * SAP®、SAP S/4HANA®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP® SEの登録商標または商標です。