ページの本文へ

Hitachi

モーター電流予兆診断ソリューション

ソリューションご利用までの流れ

課題ヒアリング→対象の選定→(概念検証)→お客さま環境の調査→システム構築→システム運用

課題ヒアリング

お客さまの抱える課題をヒアリングさせて頂くフェーズです。
トラブルが発生している設備、機器についてヒアリングさせて頂き、本ソリューションがどのようにお客さまの課題を解決できるかをお客さまと一緒に検討させて頂きます。

対象の選定

課題ヒアリングから、システム構築に向けた検証・調査へと進めるフェーズです。
お客さまが解決すべき課題に対し、本ソリューションの適用対象をお客さまと一緒に検討させて頂きます。

概念検証

診断対象に対し、本ソリューションが有効であるか検証を行うフェーズです。
診断に必要なデータをお客さまからお預かりし、分析した結果をお客さまにご報告します。
お客さまには、その結果が課題解決に有効であるかをご判断いただきます。

お客さま環境の調査

システム導入前に、本ソリューションが効果を発揮できるよう調整を行うフェーズです。
お客さま環境の調査を行い、必要に応じたチューニングを行います。

システム構築

お客さま環境での調査結果に基づき、お客さま環境にシステムを構築します。