ページの本文へ

Hitachi

モーター電流予兆診断ソリューション

ユースケース

モーター電流予兆診断ソリューションは、例えば、次のようなケースに適用できます。

搬送用モーターの異常検知

課題

  • 多数ある搬送用モーターのうち1台でも故障すれば、設備が止まってしまい、生産への影響から多大なロスが発生すると供に、お客さまへの信頼低下を招く恐れがある。
  • 設備を止めるわけにはいかず、突発的な設備停止を避けるためには過剰気味でもメンテナンスを行う必要があり、多額の保守コストがかかっている。
  • 搬送用モーターが数百~数千台あり、メンテナンスに多大なコストがかかっている。
  • 現場の環境が苛酷であるため、作業員に危険が生じる可能性がある。

ソリューション

本ソリューションでは、搬送用モーターの軸受の状態を診断することで、お客さまのメンテナンス作業をサポートします。モーターを動かす制御盤の中に、電流センサーとロガー装置を取り付け、診断に必要な電流データを収集し、収集した電流データをAIを搭載した予兆診断アルゴリズムにインプットします。それにより、劣化状態を可視化し、お客さまのメンテナンス計画をサポートするとともに、突発的な故障を防ぎ、経営ダメージを回避します。

システム構成例

制御盤にとりつけた電流センサーから電流データをPCに収集&予兆診断