ページの本文へ

Hitachi

工場・プラント[Factory]

日本の工場は
まだまだ強くなる

近年、上昇を続けるエネルギーコストが工場やプラントの経営を圧迫しており、製造業では対策が求められています。
統合エネルギー・設備マネジメントサービス「EMilia(エミリア)」は、事業所内で、従来個別に最適管理されていたエネルギー供給設備と負荷設備を連携させることで、エネルギーの需給バランスの改善を図り、所内全体における効率向上を実現します。特に、生産設備の制御とエネルギー管理の強固な連携により、生産効率の維持と省エネ・省コストを両立し、工場やプラントのエネルギーコスト削減をサポートします。
また、「EMilia」は、災害時のエネルギー自立のための機能を豊富に取り揃え、事業継続性の維持・向上に貢献します。

  • ニーズから選ぶ

アイコンをクリックすると、ニーズの絞り込みができます。

*
一部ニーズに対しては標準機能のカスタマイズによりご対応します。
  • 省エネ・省コスト
  • 業務効率向上
  • BCP・安全
  • ゼロカーボン

省エネ状況を可視化してフィードバックしたい

課題

省エネ目標に対する達成見込みがわからず適切な省エネ行動がとれない。

拠点間の電力融通により省エネ最大化とコスト最適化を実現したい

課題

拠点間の電力融通によりエネルギー需給のバランスをとりたいが、送配電システムを管理する外部機関への計画提出や、需要予測・制御などのノウハウがない。

余力のある発電設備の有効活用を検討したい

課題

遊休状態の発電設備を保有しているが、活用した場合の収益とコストの定量的評価がむずかしく、デマンドレスポンス(電力需給調整)の要請を守れずにペナルティを受けてしまうかもしれない。

再生可能エネルギーを最大限活用したい

課題

発電量が天候などに左右されたり、需要が一定ではないため、計画的にエネルギーの運用ができない。

エネルギーの情報を一元管理し検針業務を効率化したい

課題

検針業務が負担となるし、メーター交換時に手計算が生じるため計算ミスのリスクもある。

電気代を減らす方法を知りたい

課題

消費電力量の割りに電気代が高く、ピークに電力使用が偏っている気がするが、効果的な対策がわからない。

ピークシフトで電気代を減らしたい

課題

コスト低減のため電力のピークシフトをしたいが、手動で設備の運転のピークをずらすのは大変だ。

設備運用でエネルギーコストを減らしたい

課題

エネルギーコストの削減目標を、複数の設備・機器の運転計画に落とし込むのが大変だ。

設備運用でCO2排出量を減らしたい

課題

CO2排出量の削減目標を、複数の設備・機器の運転計画に落とし込むのが大変だ。

計画通りにエネルギー削減を達成したい

課題

目標に沿って計画をつくっても、いつの間にか実績がかけ離れてしまう。

再生可能エネルギーを導入したい

課題

省エネや省CO2のために、太陽光発電を導入して有効活用したい。

生産性を変えずに環境負荷低減に取り組みたい

課題

生産設備の稼働時間向上と、生産コスト・CO2排出量低減を同時に実現したいが、最適な運用方法がわからない。

さまざまな設備をまとめて管理したい

課題

管理すべき設備の点数が多く、種類やメーカー、機種、導入時期などによって、それぞれ管理方法・システムが異なっている。

エネルギー管理業務の負荷を低減したい

課題

個々のデータを手動収集しており、手間がかかっている。

拠点の管理者とうまく連携したい

課題

拠点・部門の管理者にどんな指示を出せばいいかわからない。

インフラの料金をまとめて管理したい

課題

電気・ガス・水道が別々に管理されていて、全体のデータ参照や計画策定が不便だ。

省エネ実績の報告業務を省力化したい

課題

国や自治体向けの報告書を作成するのが大変だ。

運用結果を経営判断に活用したい

課題

設備運用コストを経営会議で議論したいが、データ量が膨大でどこにあるかわからない。

お問い合わせ