ページの本文へ

Hitachi

カーボンニュートラル[Carbon neutral]

踏み出そう
カーボンニュートラルに向けた第一歩

近年、気候変動により、さまざまな分野で社会・経済活動のリスクが顕在化しており、その影響を最小限にするための対策をとることが急務となっています。そこで重要な目標の一つとされているのが、CO2をはじめとする温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の早期実現です。
統合エネルギー・設備マネジメントサービス「EMilia(エミリア)」は、設備の監視・制御などにより各拠点のエネルギー使用量低減を支援するだけでなく、他のシステムとの連携などにより再生可能エネルギーの調達・利活用、また環境証書の購入を支援し、カーボンニュートラルの実現に貢献します。

  • ニーズから選ぶ

アイコンをクリックすると、ニーズの絞り込みができます。

*
一部ニーズに対しては標準機能のカスタマイズによりご対応します。
  • 省エネ・省コスト
  • 業務効率向上
  • BCP・安全
  • 環境・啓発

省エネ状況を可視化してフィードバックしたい

課題

省エネ目標に対する達成見込みがわからず適切な省エネ行動がとれない。

余力のある発電設備の有効活用を検討したい

課題

遊休状態の発電設備を保有しているが、活用した場合の収益とコストの定量的評価がむずかしく、デマンドレスポンス(電力需給調整)の要請を守れずにペナルティを受けてしまうかもしれない。

再生可能エネルギーを最大限活用したい

課題

発電量が天候などに左右されたり、需要が一定ではないため、計画的にエネルギーの運用ができない。

電力需給調整における
ペナルティリスクを抑えたい

課題

需給調整市場において需給調整の要請を守れないと、ペナルティが課せられてしまう。

多様なエネルギー資源の活用で需給調整市場に調整力を供出したい

課題

挙動予測や制御をしづらい設備を多くもっており、供出できる需給調整力の予測がむずかしい。

製造ラインにおける再生可能エネルギーの利用状況を追跡したい

課題

お客さまから再生可能エネルギー100%での製造を要求されているが、利用状況を追跡(トレース)できていない。

再生可能エネルギーを導入したい

課題

省エネや省CO2のために、太陽光発電を導入して有効活用したい。

お問い合わせ