ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センターの歩みとこれから

2012年4月に日立総合病院に筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センターが開設されました。私と消化器内科の谷中教授の2名でのスタートでしたが、2013年4月に腎臓内科の植田准教授、2014年10月に呼吸器外科の市村教授、2016年7月に心臓血管外科の松崎准教授、2019年4月に精神科の今井教授が加わり、6名の教員となりました。2020年11月市村教授の転籍、2021年3月谷中教授定年退職、植田准教授転籍、4月に腎臓内科永井准教授が着任して、現在、4名の教員が在籍しています。
われわれ筑波大学教員は、日立総合病院医師と一丸となって地域医療に取り組むとともに、大学教員として県北医療の課題、高齢化する住民健康の向上、日立製作所の医療事業への協力などの研究を行っています。また、筑波大学の医療・教育資源を日立総合病院ならびに地域の医療職員に提供してのキャリア形成支援活動、学生や研修医の教育活動を通じて次世代に継続する地域医療資質向上を図っています。
もとより、日立総合病院は県北地域における中核病院として機能してきました。震災からの復興にも多方面からの支援をいただいて、2016年夏には新本館が竣工しました。ますます高齢化する社会にあっては、生活習慣管理などの健康増進とともに多様化する医療ニーズに即応する病院でありつづける必要があると考えています。当センターは、日立総合病院をはじめとした地域医療の向上に寄与できるよう、地域に根ざしたしっかりとした診療・研究・教育活動を続けていきたいと考えています。
今後ともご支援をよろしくお願い申し上げます。

2021年4月12日
筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センター
部長 小松洋治

トピックス

2021年4月3日
  • 第144回日本脳神経外科学会関東支部学術集会開催
2021年3月11日
  • 第50回日本脳卒中の外科学会ランチョンセミナー(領域講習)
2020年10月16日
  • 日本脳神経外科学会第79回学術総会セミナー(領域講習)
2020年3月6日
  • 第43回日本脳神経外傷学会アフタヌーンセミナー(領域講習)
2019年2月2日
  • 日立市医師会市民公開講座

教員紹介

Dr小松

小松 洋治

筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター 教授
日立総合病院 脳神経外科 主任医長

専門領域:脳神経外科

所属学会:日本脳神経外科学会(専門医、指導医、学術評議員、関東支部理事)
     日本脳卒中学会(専門医、指導医)
     日本脳卒中の外科学会(技術指導医)
     日本脳神経外傷学会(学術評議員)
     日本救急医学会
     日本脳ドック学会、他

詳細情報(筑波大学サイト研究者総覧ページにリンクしています)

自己紹介

1984年筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学附属病院脳神経外科研修コースにすすみ、院外研修を筑波メディカルセンター病院、筑波記念病院、秦病院で行った。研修修了後、日本脳神経外科学会専門医を取得。県西総合病院、筑波記念病院勤務を経て、1999年から筑波メディカルセンター病院でおもに神経救急医療に携わるとともに地域連携医療体制を構築、筑波大学臨床教授として学生や研修医教育にあたった。2012年4月より現職。
日本脳神経外科学会専門医として、脳血管障害や神経外傷などの神経救急医療を中心として、脳腫瘍の外科治療、顔面けいれんや三叉神経痛などの機能疾患治療を専門とする。日本脳卒中学会専門医として、脳卒中予防教育や地域医療連携に関わる活動も行っている。
筑波大学附属病院との連携を生かして、学生や研修医のキャリア教育、高度専門医療と地域医療の連携を図りたい。

主な活動内容

  1. 研修医の指導:脳神経外科学会研修プログラムに基づいて指導医のもとで執刀できる知識と技術を持ち、次世代を担う医師を育成。(写真1、2)
  2. 医療スタッフキャリア支援:病院および地域医療スタッフの知識向上とキャリア支援を筑波大学附属病院と連携して行っている。
  3. 市民啓発活動:健康で活動的な高齢社会を支える市民の啓発活動。(写真3)
  4. 茨城県北部の医療圏やこれからの高齢社会における医療資源の有効活用と、医療のあり方、課題についての研究活動。

活動の様子(小松医師)

Dr今井

今井 公文

筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター 教授
日立総合病院 こころの診療科 主任医長

専門領域:精神科

所属学会:日本精神神経学会(専門医、指導医)
     日本老年精神医学会(専門医、指導医)
     日本総合病院精神医学会(専門医、指導医、評議員)
     日本エイズ学会、日本災害医学会、など

主な資格:精神保健指定医、認知症サポート医、精神保健判定医

詳細情報(筑波大学サイト研究者総覧ページにリンクしています)

自己紹介

1991年筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学附属病院精神神経科研修を経て、石崎病院、都立松沢病院、土浦厚生病院などで診療経験を重ねた。2002年筑波大学大学院で医学博士(精神分裂病と相関する遺伝的多型の探索)、2006年から国立国際医療研究センター病院精神科医長として診療、教育、研究に従事。2019年4月より現職。
専門領域:身体精神合併症医療、老年期精神医療、精神疾患一般(統合失調症、うつ病、不眠症など)
抱負:精神症状に対するバイアスを軽減して、茨城県北地域が模範的で魅力的な医療地域と呼ばれるように貢献したい。

主な活動内容

  1. 筑波大学との連携を生かし、研修医や医療スタッフに全人的診療能力が身に付くよう、教育と育成を行います。
  2. 精神科以外の診療科との連携を深め、また多職種協働のチーム医療を実践します。具体的には、せん妄・抑うつ・認知症など精神症状によって身体的治療が不充分とならないように、そして安全で高度な総合医療の実践のために、精神症状の予防・早期発見・治療を行い社会復帰につなげます。
  3. せん妄など身体精神合併症医療での問題について臨床研究を行い、市民への啓発活動に努めます。
  4. 県北地域や茨城県における医療と福祉の機能的な連携強化のためのネットワーク構築を推進します。

Dr松崎

松崎 寛二

筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター 准教授
日立総合病院 心臓血管外科 主任医長

専門領域:心臓血管外科、体外循環中の炎症機転(学位論文)

所属学会と主な資格:日本外科学会(専門医、指導医)
          心臓血管外科専門医認定機構(専門医、修練指導者)
          日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、
          日本血管外科学会、
          腹部ステントグラフト指導医、胸部ステントグラフト指導医

詳細情報(筑波大学サイト研究者総覧ページにリンクしています)

自己紹介

福島県いわき市出身、1991年筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学附属病院外科初期研修を経て1993年筑波大学循環器外科へ入局。筑波大学附属病院、東京厚生年金病院、横浜労災病院、茨城西南医療センター病院などで心臓血管外科を中心に臨床経験を積んだ。2006年に医学博士を取得した後、2年余り米国ペンシルバニア大学医学部へ研究留学、2008年から約8年間は筑波メディカルセンター病院で多数の緊急心臓血管外科手術を経験。2016年7月より現職。
専門領域:心臓血管外科学(成人心臓、大動脈、救急心臓血管外科)
抱負:日立市を中心とする県北地域の心臓血管外科診療を主動するとともに、茨城県の将来を担う若き心臓血管外科医の育成に貢献したい。

主な活動内容

  • 心臓血管外科手術の標準化:日立総合病院の実績ある手術手順を継承しつつ、ステントグラフト治療や心拍動下冠動脈バイパス術など新しい標準術式の県北地域への普及に努めています。(写真1)
  • 心臓血管外科救急医療の推進:筑波大学附属病院や筑波メディカルセンター病院などと連携して茨城県の大動脈ネットワークを構築し、県北の拠点として心臓血管外科救急医療の発展に貢献します。
  • 研修医および医学生の指導:志のある若人に“やってみせ、言って聞かせて、させてみて、うまくいったらほめてやる”を心掛けています。(写真2)

松﨑医師

Dr永井

永井 恵

筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター 准教授
日立総合病院 腎臓内科 主任医長

専門領域:腎臓内科、人工透析、免疫受容体の基礎分子生物学、臨床疫学

所属学会と主な資格:日本内科学会 総合内科専門医
          日本腎臓学会 専門医
          日本透析医学会 専門医

詳細情報(筑波大学サイト研究者総覧ページにリンクしています)

自己紹介

北海道出身、2006年筑波大学医学専門学群卒業、筑波大学附属病院初期研修を経て2008年筑波大学腎臓内科学へ入局。筑波大学附属病院、水戸済生会総合病院、なめがた地域総合病院などで腎臓内科、人工透析科を中心に臨床経験を積む。2013年に基礎免疫学で医学博士を取得した後、2016年ストックホルム(スウェーデン)のカロリンスカ研究所へ臨床疫学、2018年メルボルン(豪州)のモナシュ大学へ実験病理学の研究留学。2019年に神栖済生会病院で総合内科として地域医療に従事。2015年から2020年まで筑波大学附属病院講師および大学講師として学生教育にも携わる。2021年4月より現職。
専門領域:腎臓内科学(腎炎、ネフローゼ、腎不全)、透析療法(血液透析、腹膜透析)
抱負:腎診療を通して県北地域の医療を支え、腎臓病学、透析療法の面白さを医学生や研修医へ伝え、多職種連携による質の高い腎臓病治療をめざします。

主な活動内容

  • 腎炎・ネフローゼ治療の充実:日立総合病院に歴史ある腎炎やネフローゼ症候群に対する診断治療を重んじつつ、最新の国内外の診療指針を意識した治療の推進します。患者さんの腎予後改善をめざし、さらに症例の集積とエビデンス発信に努めます。
  • 生活習慣病に伴う慢性腎臓病の進行予防:前任の植田敦志医師(2013年~2020年)の構築した地域での取り組みや多職種連携を生かした腎臓病生活習慣病センターの運営、活動を行います。患者さんの自立を促す日立総合病院ならではの生活習慣病対策を講じ、客観的でわかりやすい地域住民の健康獲得を目標とします。
  • 現在そして将来の腎臓内科医を育成する:現場での診療に汗をかき、患者さん、ご家族や医療チームの仲間に温かく接し、社会を俯瞰的に眺め、目に見えない分子の世界まで想像を働かせる。そのような優れた腎臓内科医の育成をめざし、臨床・研究の両輪で学生と研修医、専攻医を丁寧に指導します。

勉強会のお知らせ

臨床研修医募集

日立総合病院では現在、臨床研修医を募集しております。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。