ページの本文へ

Hitachi

日立サポート360

本サポートサービスが対象とするプラットフォームソフトウェア製品とサービス提供範囲です。

プラットフォームソフトウェア

プラットフォームソフトウェア
種別 対象プラットフォームソフトウェア
AIX
  • AIX V7.2
  • AIX V7.1
  • AIX V6.1
  • AIX 5L V5.3
  • AIX 5L V5.2
HP-UX
  • HP-UX 11i v3(IPF)
  • HP-UX 11i v2(IPF)
Linux
  • Red Hat Enterprise Linux Server 8
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7
  • Red Hat Enterprise Linux Server 6
  • Red Hat OpenStack Platform
OpenShift
  • Red Hat OpenShift Container Platform 4
  • Red Hat OpenShift Container Platform 3
VMware®
  • VMware vSphere® 7
  • VMware vSphere® 6
  • VMware vSphere® 5
  • VMware vSphere® 4
  • VMware Infrastructure 3
  • VMware Horizon® 8
  • VMware Horizon® 7
  • VMware Horizon® 6
  • VMware Horizon® 5
  • VMware View® 4
VMware® サブスクリプションタイプ
  • VMware Horizon® 8
VMware® (高信頼プラットフォームソリューション専用)
  • VMware vSphere® 7
  • VMware vSphere® 6
Windows®
  • Microsoft® Windows Server® 2022
  • Microsoft® Windows Server® 2019
  • Microsoft® Windows Server® 2016
  • Microsoft® Windows Server® 2012
  • Microsoft® Windows Server® 2008
  • Microsoft® Windows Server® 2003
Windows® Storage Server *1
  • Windows Server® IoT 2019 for Storage
  • Microsoft® Windows® Storage Server 2016
Windows® IoT *2
  • Microsoft® Windows® 10 IoT Enterprise 2019
*1
Hitachi Network Storage(Gen10以降)でプレインストールされているOSのみサポートします。
*2
HA8000E/EL300でのプレインストール出荷OSのみサポートします。

サービス提供範囲

●:対応  ×:非対応

種別 問題解決の支援 情報の提供 改良版の提供
一般の
お問い合わせ
障害に関する
お問い合わせ
AIX *1 *2
HP-UX *1
Linux 別表参照
OpenShift *3
VMware® *4
VMware® サブスクリプションタイプ *4
VMware® (高信頼プラットフォームソリューション専用) *4
Windows® ×
Windows® Storage Server *5 ×
Windows® IoT *6 ×
*1
本製品のサポートサービスは、システム装置/OSサポートサービスとしてセットで提供しています。
*2
本製品のサポートサービスにはサポート対象外のコンポーネントがあります。
詳細についてはAIX特記事項をご覧ください。
*3
本製品の対象コンポーネントについては、OpenShift特記事項をご覧ください。
*4
本製品のサポートサービスにはサポート対象外のコンポーネント、または機能があります。
詳細についてはVMware特記事項をご覧ください。
*5
Hitachi Network Storage(Gen10以降)でプレインストールされているOSのみサポートします。
*6
HA8000E/EL300でのプレインストール出荷OSのみサポートします。

Linuxコンポーネント別対応表

対象製品

  • Red Hat Enterprise Linux Server 8
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7
  • Red Hat Enterprise Linux Server 6
  • Red Hat OpenStack Platform
※:
「Red Hat OpenStack Platform」では、Red Hat Enterprise Linuxに加え、OpenStackコンポーネントに対する「問題解決の支援(一般のお問い合わせ、障害に関するお問い合わせ)」「情報の提供」「改良版の提供」を提供します。

●:対応  △:一部対応  ×:非対応

Red Hat OpenStack Platform
カテゴリ コンポーネント 問題解決の支援 情報の提供 改良版の提供
一般の
お問い合わせ
障害に関する
お問い合わせ
カーネル kernel *1
レッドハット社
提供ドライバ*2
- *1
日立提供ドライバ*2 - *3 *4
ブートローダ grub2
(RHEL Server 8/7)
grub
(RHEL Server 6)
elilo
glibc glibc
cron cronie
syslog rsyslog
NFS nfs-utils
WEB httpd
MAIL sendmail
postfix
cyrus-imapd
FTP vsftpd
ftp
DNS bind
TELNET telnet-server
telnet
SSH openssh
openssh-server
openssh-clients
NIS ypserv
ypbind
yp-tools
DHCP dhcp
ファイルサーバ samba
samba-client
プロキシサーバ squid
時刻管理 ntp
chrony
(RHEL Server 8/7)
ファイアウォール iptables
firewalld
Xウィンドウ xorg-x11-server-Xorg
仮想化 KVM*5
ネットワーク監視 snmp
I/Oマルチパス dm-multipath
systemd system and service manager systemd
シェル bash(sh)
論理ボリュームマネージャ lvm2
ファイルシステム ext/ext2/ext3/ext4, xfs
文字コード UTF-8
その他(euc,sjis) × × × ×
ソフトウェア提供元のRed Hat社においてサポート対象外*6 × × × ×
上記以外 *7 *8 × ×

RHEL:Red Hat Enterprise Linux

*1
主にUpdateモジュールへの誘導
*2
OSサポートサービスで納品される「ご使用になる前に」に記載された情報に基づいて OSをインストールしてください。
インストール手順に従わずにシステムを構築した場合、サポートサービスの提供に際し、手順に従ったインストールをお願いすることがあります。
*3
各種サイトからの情報提供
*4
各種サイトからのダウンロード提供
*5
*6
*7
仕様:マニュアルで分かる範囲での回答
設定:パッケージのインストールとサービスの起動方法に対する回答
*8
パッケージのインストールとサービスの起動に関するトラブルシューティングについてサポート

対象製品

  • Red Hat Enteprise Linux 6 for HPC Compute Nodes

●:対応  △:一部対応  ×:非対応

カテゴリ コンポーネント 問題解決の支援 情報の提供 改良版の提供
一般の
お問い合わせ
障害に関する
お問い合わせ
カーネル kernel *1
レッドハット社
提供ドライバ*2
- *1
日立提供
ドライバ*2
- *3 *4
ブートローダ grub
glibc glibc
cron

cronie

syslog rsyslog
NFS nfs-utils
MAIL sendmail
postfix
FTP ftp
TELNET telnet-server
telnet
SSH openssh
openssh-server
openssh-clients
ファイル共有 samba-client
時刻管理 ntp
ファイア
ウォール
iptables
文字コード UTF-8
その他(euc,sjis) × × × ×
付録CD(SUPPLIMENT/EXTRAS)
にて提供するコンポーネント
× × × ×
上記以外*5 *6 *7 × ×
*1
主にUpdateモジュールへの誘導
*2
OSサポートサービスで納品される「ご使用になる前に」に記載された情報に基づいて OSをインストールしてください。
インストール手順に従わずにシステムを構築した場合、サポートサービスの提供に際し、手順に従ったインストールをお願いすることがあります。
*3
各種サイトからの情報提供
*4
各種サイトからのダウンロード提供
*5
サポートサービス for Red Hat Enterprise Linux for HPC Compute Nodesにより提供されるサブスクリプションIDを使って入手できるコンポーネントを対象とします。
サポートサービス for Red Hat Enterprise Linux Server 6のサブスクリプションIDを使って入手したコンポーネントは対象外です。
*6
仕様:マニュアルで分かる範囲での回答
設定:パッケージのインストールとサービスの起動方法に対する回答
*7
パッケージのインストールとサービスの起動に関するトラブルシューティングについてサポート

AIX特記事項

対象製品

  • AIX V7.2
  • AIX V7.1
  • AIX V6.1
  • AIX 5L V5.3
  • AIX 5L V5.2

対象製品に含まれる一部のコンポーネントに対してはサポートを提供しません。
対象製品に含まれるプログラムの内、サポート除外コンポーネントを次に示します。
各コンポーネントには、複数のサポート除外コンポーネントが含まれる場合があります。

  • Apache
  • Expect
  • File
  • FreeBSD TUN/TAP Driver
  • GSKit
  • IBM DB2
  • IBM Security Directory Server *1
  • ICU4C
  • ILMT Agent
  • ISC
  • JSON Perl module
  • Kstart
  • LIBXML2
  • Libcap
  • Libestr,iblogging,json-c
  • OFED
  • OpenSSH
  • Openssl
  • Pcre
  • Pegasus
  • Precision Time Protocal
  • SQLite
  • Samba on AIX
  • Sendmail
  • Socket6
  • TNC headers
  • TPM-Tools,trousers
  • Tcl/Tk
  • Tcpdump
  • UDAPL
  • Virt-IO-Driver
  • X11
  • Xerces-C
  • Zlib
  • bind
  • cdrtools
  • cloud-init
  • getopt_long
  • libcURL
  • lsof
  • lzf
  • perl
  • rpm
  • rsyslog
  • vfprintf
*1
IBM Security Directory Serverはサポート対象ですが、一部サポート除外コンポーネントが含まれます。

OpenShift特記事項

OpenShiftは製品種別ごとにサポート構成が異なります。

Red Hat OpenShift Container Platform

  • Red Hat OpenShift Container Platform
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS *1 / Red Hat Enterprise Linux

Red Hat OpenShift Container Platform with Runtimes

  • Red Hat OpenShift Container Platform
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS *1 / Red Hat Enterprise Linux
  • Red Hat Runtimes

Red Hat OpenShift Container Platform with Integration

  • Red Hat OpenShift Container Platform
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS *1 / Red Hat Enterprise Linux
  • Red Hat Runtimes
  • Red Hat Integration

Red Hat OpenShift Kubernetes Engine

  • Red Hat OpenShift Kubernetes Engine
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS / Red Hat Enterprise Linux
*1
Red Hat OpenShift Container Platform 4以降のバージョンで使用可能です。

各構成に対するサービスの対象は、日立またはRed Hat, Inc.等が対象構成で提供するコンポーネントの範囲とします。
コンテナイメージ上のコンポーネントにおいても、同じ範囲とします。ただし、OptionalまたはSupplementaryとして提供するコンポーネント、および、Red Hat, Inc.がTechnology Previewとする機能を除きます。

VMware特記事項

対象製品

  • VMware vSphere® 7
  • VMware vSphere® 6
  • VMware vSphere® 5
  • VMware vSphere® 4
  • VMware Infrastructure 3

本サービスの対象範囲にSDK(Software Development Kit)*1 のサポートは含みません。また、CLI(Command Line Interface)ツール*2 は、日立が公開するドキュメントに記載しているコマンドに対し、セットアップに関するお問い合わせや問題解決支援にだけ対応します。

*1
SDKとは、次に示すソフトウェア開発のための開発キットやAPI、ツールを指します。
  • VMware vSphere® Web Services SDK
  • VMware CIM APIs
  • VMware vSphere® SDK for .NET
  • VMware vSphere® SDK for Perl
  • VMware OVF Tool
  • VMware VDDK (Virtual Disk Development Kit)
  • VMware VIX API
  • VMware VMCI Sockets
  • VMware vSphere® Guest SDK
*2
本サービスの対象となるCLIツールは次のとおりです。
  • VMware vSphere® PowerCLI™
  • VMware vSphere® Command Line Interface
  • VMware vSphere® Management Assistant

対象製品

  • VMware Horizon® 8
  • VMware Horizon® 7
  • VMware Horizon® 6
  • VMware Horizon® 5
  • VMware View® 4

本サービスの対象範囲は次のコンポーネントとします。

  • VMware View® Connection Server(VMware View® Replica Server) *1
  • VMware View® Security Server
  • VMware View® Agent
  • VMware View® Client *2
  • VMware View® Client with Local Mode
  • VMware View® Transfer Server
  • VMware View® Persona Management *3
  • VMware View® Composer™ *4
  • VMware ThinApp® *5
  • VMware vShield Endpoint™ *6
  • RDS ホストベースの公開デスクトップ/公開アプリケーション *7
*1
仮想デスクトップとして利用する環境として、VMware vSphere®上で動作する仮想マシンをサポートしますが、物理PC、ターミナルサービスはサポート対象外です。また、USBリダイレクトに利用するUSBデバイスは、日立が動作確認を行ったものだけサポート対象となります。
*2
Microsoft® Windows® Operating System用のVMware View® Clientをサポートしますが、その他のOS(iPad、Mac OS、Linux OS、Android)はサポート対象外です。また、専用端末については日立製シンクライアントをサポートしますが、他社製シンクライアントやスマートカードを使用した認証はサポート対象外です。
*3
VMware View® Persona Management Standaloneはサポート対象外です。
*4
クラスタ環境でリンククローンを使用する場合、クラスタに含めることができるVMware vSphere®は8ホストまでサポートしますが、9ホスト以上の場合は、サポート対象外です。また、Native NFS Snapshot Technology(VAAI)はサポート対象外です。
*5
VMware ThinApp®を使ったアプリケーションパッケージの作成をサポートしますが、パッケージ化したアプリケーションの動作についてはサポート対象外です。また、VMware ThinApp®に含まれるVMwareWorkstation™はサポート対象外です。
*6
VMware vShield Endpoint™のAPIはサポート対象外です。
*7
本サービスでの対象範囲は公開アプリケーションの起動までとし、IEブラウザなどアプリケーションの内容に関するお問い合わせはサポート対象外です。