ページの本文へ

Hitachi

Select Country/RegionJapan

社会インフラ保守プラットフォーム

[イメージ]地中可視化サービス レーダー探査+解析により地下埋設物情報を可視化、プラットフォーム上で統合管理し提供

既存の埋設物情報を広域かつ高精度に可視化し、プラットフォームで一元管理・提供することで、埋設管の設計・施工業務の効率化、埋設管損傷事故や工期遅延発生のリスク低減をサポートします。

埋設管の新設・更新における課題

現在埋設管の設計・施工業務において、インフラ事業者が埋設物情報を個別に管理していることで情報収集の手間が発生しています。また、図面と現場(実際の位置)の相違により、現場での実物確認の手間や埋設管の損傷事故が発生しています。さらには、予期せぬ障害物の発見により、工期遅延が発生することもあります。そのため、広域かつ正確な埋設物情報の一元管理・提供が求められています。

[イメージ]課題1 情報収集工数の削減

[イメージ]課題2 試掘工数の削減

[イメージ]課題3 配管損傷事故リスクの回避

[イメージ]課題4 工事遅延リスクの回避

地中可視化サービスの概要

応用地質株式会社が保有する地中レーダー探査装置で地下を探査し、株式会社 日立製作所が保有するAI解析技術を用いて広域に正確な埋設物情報を可視化し、プラットフォームで一元管理・提供するサービスです。地中可視化サービスの導入により、既存の埋設物情報の収集、現場での実物確認の効率化、埋設管損傷事故や工期遅延発生のリスク低減が可能となります。

[イメージ]地中可視化サービスの概要

[イメージ]地中レーダー探査 応用地質株式会社

車両にレーダー探査装置、GNSS*1・カメラ(位置検出用)を搭載し、時速45kmでレーダー探査が可能

[イメージ]AI解析 株式会社 日立製作所

地中レーダー探査により取得したレーダー画像から埋設管・空洞・その他の埋設物の位置情報を判別

*1
GNSS(Global Navigation Satellite System): 全球測位衛星システム

地中可視化サービスの特長

レーダー探査装置の特長

  • 車両型、手押し型の2タイプのレーダー探査装置を用いて道路幅などの環境に応じ埋設物情報を収集
  • GNSSと全方位カメラにより取得する路面画像を用い、高精度に地下埋設物の位置情報を把握可能

[イメージ]

レーダーの技術的特長

  • マルチチャンネル・マルチパス方式のレーダーを採用
  • レーダーアンテナの送受信のパスをマルチ化したことで、従来手法より輻輳(近接)管の検知精度が向上

[イメージ]

提供情報の特長

  • AI解析により、広域に正確な埋設物(埋設管、空洞、その他の埋設物)の位置情報を2次元/3次元で閲覧可能
  • 地表面からの深度、管同士の離隔距離、実写の目標物からのオフセットを計測可能
  • 埋設物の位置情報を一元管理・提供することで、設計業務、施工業務の効率化、事故リスクの低減に貢献

[イメージ]

地中可視化サービスの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。