ページの本文へ

Hitachi

JP1 for IoT

JP1 for IoTは、多種多様なIoTデバイスの安定稼働・セキュリティ対策を支援するサービスです。

JP1 for IoT

IoTは設置したら終わりと考えていませんか?

さまざまな場面でIoTの活用が進み、DX*による新たな時代が始まっています。
その一方で、IoTの不具合によりデータが収集できない、サイバー攻撃によりデータが改ざんされるリスク等の課題があり、DXを安心・安全に持続させるためには、IoTの設置後の安定稼働、セキュリティ対策が必要不可欠です。日立の「JP1 for IoT」は、DXを支えるIoTの適切な管理を支援し、お客さまのビジネスを加速させます。

* Digital Transformation:デジタルを利用した変革。

JP1 for IoT

ITシステムの管理ノウハウを活用した監視

稼働状況を可視化

JP1で培ったノウハウをIoTの統合管理に応用。お客さまの多種多様なIoTデバイスを一元管理できます。さらには、障害検知後の自動アクションにより、対処も自動化できます。

堅牢なセキュリティ

セキュリティの不安から解放

ファームウェアを効率的にアップデート。また、既設の設備に影響を与えずに、不正な機器の持ち込み・USBからのウイルス感染・データ持ち出しを防止。セキュリティリスクを軽減できます。

お客さまの
さらなるDXをサポート

IoTデバイスの安定稼働

ビジネスを支えるデータを生み出すIoTデバイスの安定稼働を支えることで、お客さまのさらなるDXをサポートします。

お問い合わせ

0120-55-0504

0120-55-0504

HCAセンター(Hitachiカスタマ・アンサ・センター)

受付時間:
9:00 〜 12:00 / 13:00 〜 17:00

イベント・セミナー情報

いつでも、どこでも受講できるWebセミナーで、「今」押さえておきたい保守・管理支援を学べます。
期間:2019年11月29日(金)〜2020年6月30日(火)

セミナー名 概要
IoTで変わる社会インフラ保守

1964年の東京オリンピックの頃に整備された首都高速1号線をはじめ、高度成長期以降に整備したインフラが急速に老朽化し、今後20年間で、建設後50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなっていきます。
この様に老朽化が進んでいく社会インフラも簡単には刷新出来ないため、安全の為にどうメンテナンスしていくのかが重要です。
本セミナーでは日立の社会インフラ保守へのIoT活用の取り組みをご紹介させていただきます。

* 本セミナーは2019年7月2日に講演した内容の収録版です。

設置して終わりではない!IoTの正しい管理と持続的なDXの実現
〜JP1 for IoT による機器管理〜
IoT機器は設置したら終わりと考えていませんか。さまざまな場面でIoTの活用が進み、デジタルトランスフォーメーション(DX)による新たな時代が始まっています。
また、同時にDXを安心・安全に持続させるためにIoT機器の設置後の安定稼働、セキュリティ対策が必要不可欠となっています。
DXを支えるIoT機器の適切な管理を支援する「JP1 for IoT」についてご紹介します。

* 開催期間は予告なく変更させていただく可能性がございます。

サービス・製品一覧

サービス

サービス
サービス名 概要 標準価格(税別)
JP1 for IoT - デバイス管理 多種多様なIoTデバイスの安定稼働・セキュリティ対策を支援するサービスです。 16万円/月*1
JP1 for IoT - 構築支援サービス サービス環境の構築・要件にあわせたカスタマイズを行うサービスです。
運用開始前の効果検証や適用評価もできます。
個別見積もり
JP1 for IoT - 継続支援サービス カスタマイズしたサービス環境に対する、運用開始後の問い合わせ対応、問題解決支援、情報提供を行うサービスです。
*1
IoTデバイス:1,000台の場合の価格です。管理対象台数によって価格が変動します。
また、前提製品として、JP1/Integrated Management 2 - Manager が必要です。

アプライアンス製品

アプライアンス製品
製品名 概要 標準価格(税別)
JP1 for IoT- NX NetMonitor 不正接続した機器を検出しネットワークから排除することで、ウイルス侵入や情報漏えいを防止できます。 190万円*2
JP1 for IoT- NX UsbMonitor 制御システムに変更を加えずに、USBメモリの不正使用によるセキュリティインシデントを防止できます。 55万円*3
*2
管理対象台数:100台の場合の価格です。管理対象台数によって価格が変動します。
*3
USB:4ポートモデルの場合の価格です。1ポートモデルもご用意しています。

ユースケースのご紹介

さまざまなシーンでの企業のIoT活用を運用面で支援したユースケースをご紹介します。

リモート制御によるIoTデバイスのセキュリティ対策

多種多様なIoTデバイスのパスワードの定期変更やファームウェアのアップデートなどをリモートから実施できます。IoTデバイスのセキュリティ対策と管理・運用の効率化を実現します。

IoTデバイスの状態把握と、不具合発生時の迅速な対処を実現

IoTデバイスの情報を収集・一元管理・可視化し、問題把握の迅速化やIoTデバイスの安定稼働を支援します。

カタログ・資料

サービスの概要をご紹介します。

IoTのセキュリティ対策、それで本当に大丈夫?-動き始めたIoT本格時代に向けて-(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約8MB)

SORACOM Discovery 2019 日立ブースプレゼンテーションの講演資料です。
さまざまなモノがネットワークにつながるIoT時代。IoT化に伴う新たなセキュリティ課題と解決策について紹介しています。

*
資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。