ページの本文へ

Hitachi

OSS(オープンソース・ソフトウェア)

日立が提供するRed Hat JBoss Middlewareを活用したサービス内容を紹介します。Red Hat JBoss Middlewareは、世界中で数多くの導入実績があるオープンソースのミドルウェア製品群です。JavaEE準拠のアプリケーションサーバやビジネスルール管理、インメモリデータグリッド管理など、数多くの製品があり、企業システム向けのサービスを提供しています。

日立製作所は、JBossのプレミアムビジネスパートナーとして、Red Hat社と連携し、システムの安定稼働を支える質の高いサービス提供を実現しています。

JBoss紹介

Red Hat JBoss Middlewareは、オープンソースのJava EEアプリケーションサーバを中心としたミドル製品群です。Red Hat社が、JBossのコミュニティでリリース済みの実績ある製品を再構成し、ミッションクリティカルな業務システムでも利用できるように動作検証を実施しています。

以下、「日立OSSサポートサービス for JBoss Middleware」でサポートしているJBoss製品の概要です。

分類 JBoss製品名 概要
実行基盤 Red Hat JBoss Enterprise Application Platform
(JBoss EAP)
Java EEアプリケーションサーバおよび周辺コンポーネント
Red Hat JBoss Web Server 軽量なWebサイトやアプリケーションのためのApacheソフトウェアソリューション
Red Hat Decision Manager
(旧Red Hat JBoss BRMS)
RPA提案でも活用できるビジネスルール管理製品
Red Hat Process Automation Manager
(旧Red Hat JBoss BPM Suite)
ビジネスプロセスの標準ベースのモデリング、自動化、シミュレーション、監視機能および、Red Hat Decision Managerの全ての機能を提供するBPMプラットフォーム
Red Hat Fuse
(旧Red Hat JBoss Fuse)
データのフォーマット変換やプロトコル変換の機能を提供するシステム間連携基盤
開発環境 Red Hat Developer Studio
(旧Red Hat JBoss Developer Studio)
サブスクリプション購入者向けの開発者数追加ライセンス

詳細は、レッドハット社のサイトもご参照下さい。

サービス内容

日立OSSサポートサービス for JBoss Middlewareは、問題解決の支援や情報の提供をします。

かんたんOSSサポートサービス
サービスメニュー 内容
製品ダウンロードの利用 Red Hatカスタマーポータル(Webページ)で製品やパッチのダウンロードができます。
製品ナレッジベースの利用 Red Hatカスタマーポータル(Webページ)で仕様や障害などのナレッジ情報を検索して参照できます。
問題解決の支援 JBossの機能や使い方についての一般的なQ&Aや、問題発生時の仕様・回避策の調査や確認を実施します。
不具合やセキュリティ情報の提供 レッドハット社から重大な不具合やセキュリティホールが周知された場合、システムへの影響度を把握し、お客様へ予防連絡します。
セキュリティおよびバグ修正パッチの提供 セキュリティやバグ修正パッチを提供します。

サービス時間帯

障害に関する問い合わせ

<24時間週7日商品>
24時間週7日 (*1)

<平日8:00〜19:00商品>
月曜日から金曜日の8:00〜19:00 (*2)

Q&A

月曜日から金曜日の9:00〜17:00 (*2)

*1
月曜日から金曜日の午後7時から翌午前8時、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に定める休日、および日立が定める年末年始の休日(12月29日から翌年の1月3日)の午前8時から翌午前8時は、お客さまの業務が続行できないなどの緊急性の高い障害に関する問い合わせに限ります。
*2
「国民の祝日に関する法律」に定める休日および日立が定める年末年始の休日(12月29日から翌年の1月3日)を除きます。

サービス対象のJBoss製品

JBoss紹介に掲載しているJBoss製品をサービス対象製品とします。
なお、Red Hat JBoss Core Services Collectionは、上記のJBossサービスには含まれません。Keycloak(Red Hat SSO)等のRed Hat JBoss Core Services Collectionの利用を希望される場合は、個別にご相談ください。