ページの本文へ

Hitachi

OSS(オープンソース・ソフトウェア)

日立の取り組み

日立は、お客さまのシステムライフサイクル全般にわたり、OSSを安心して活用していただけるよう、さまざまなソリューションをご提供しています。また、OSSコミュニティや標準化活動に参加し、OSSと関連技術の発展と普及に貢献しています。

ソリューション提供

導入から構築、保守にいたるシステムのライフサイクル全般で、OSS活用をサポートするソリューションをご提供します。

導入/評価

  • お客さまのシステム導入目的とご要件から導入に適したOSSと活用方法のご提案と、ライセンスや輸出管理などOSS活用上の課題に対する解決策をご提案するコンサルティングサービスをご提供します。

設計/構築

  • 日立内で検証したOSS活用ユースケースと、そこから得られた評価結果やノウハウをベースに、お客さまのご要望にあわせたシステム設計/構築をサポートします。

運用/保守

  • OSSを活用したシステムを安心して運用していただけるよう、主要OSSのサポートサービスをご提供します。
  • OSSの脆弱性情報やバージョンアップ情報など、OSSが導入されたシステムの運用/保守に必要な情報と対応策をご提示するサービスをご提供します。

コミュニティ貢献・標準化活動

日立ではメインフレームからはじまる長年のプラットフォーム開発と顧客サポートの経験を生かし、1990年代後半からLinuxカーネルの高信頼化に貢献してきました。 特にLinux Foundation(LF)*では、創立当初からスポンサーとしてコミュニティのサポートや開発貢献、イベントの運営等に取り組み、OSSの普及促進に尽力してきました。 最近では、Linux FoundationのHyperLedgerプロジェクトに加盟し(2016年2月)、共同開発プロジェクトに参画しています。 その他、クラウドプラットフォームとしての期待が大きなOpenStackをはじめ、さまざまなコミュニティ・標準化団体に参画し、パッチ投稿やセミナーでの発表等を行っています。2017年1月にはLinux FoundationのPlatinum Sponsorに昇格しており、今後も積極的な貢献を実施していきます。

* Linux Foundation:Linuxを中心としたOSSの開発コミュニティや開発者のサポートを行い、OSSの発展を支えている世界随一の団体(本部はUS)。 "Linux"商標の保護を柱としたOSSの法的支援や、世界のLinux開発者が集うOpen Source Summit(旧LinuxCon)、Embedded LinuxCon等のカンファレンスも運営している。

参画している主な団体

参画している主な団体一覧
分類 団体名称 日立における最近の主な活動
全般
  • Platinum Sponsorの理事として、運営方針の策定等を実施。
  • OSS共同開発Projectへの参加:
  • 主催イベントの後援、論文審査、講演を実施
    • LinuxCon, Embedded LinuxCon, Open Compliance Summit、ほか
  • 理事企業として活躍中
    • OSS/Linux関連の認定試験開発を通じてOSS技術者の育成に貢献
  • LinuxCon Japan 2016(Open Source Summitの前身)のシルバースポンサーとして参加
クラウド
  • OpenStackコンポーネントの機能開発(Cinder、Ironic他)
  • 各種イベントでの講演実施
  • Goldメンバーとして活躍中
  • Cephの構築手順の確立/性能/障害耐性の検証
  • OpenStackの運用検証、大規模環境でのネットワーク設計の検証
  • 各種イベントでの講演実施
  • 理事企業として活躍中
データベース
  • PostgreSQLの性能、可用性及び周辺ツールの検証
  • 理事企業として活躍中
セキュリティ
  • セキュリティ技術の普及促進・技術者交流
  • 会の立ち上げ、および会長として活躍中
言語
  • プラチナメンバーとして活躍中
組込み・産業
  • ブロンズメンバーとして参加
  • SIL2LinuxMP Project:Reviewing partner として活動
ライセンス
  • IoT時代におけるOSSの利用と法的リスクに関する検討委員会に参加
  • OSSのライセンス解釈、リスクの共通理解形成を目的に活動中
  • 正会員として、法務・知財担当者向けに技術用語集を編纂・公開する「技術用語解説分科会」に参加
  • ライセンスの研究を行い、OSSの健全な利用を促進を目的に活動中
一般
  • Rubyの性能検証、IoTへのRuby/mruby適用試行の検討
  • 各種イベントでの講演実施
  • 理事企業及びビッグデータ部会リーダーとして活躍中
  • 各種イベントでの講演実施
  • 理事企業として活躍中
  • 各種イベントでの講演実施
  • 理事企業及び部会リーダー(クラウド、オープンCOBOLソリューション、Asakusa Framework、.NET開発基盤)として活躍中
[その他]
  • OSSに関する書籍/雑誌、Web記事の執筆
  • * 2017年10月時点の日立製作所の活動状況一例です。

貢献者のご紹介

photo

    橋本 尚 (株)日立製作所

    2001年より、Linux Foundationの前身であるOSDL(Open Source Development Lab.)に理事メンバーとして参加して以来、Linux Foundationのボードメンバーとして 特に日本、アジア地域におけるOSSコミュニティ全般の活動を支えてきました。 日立製作所に入社以来、UNIXベースの商用オペレーティングシステムの開発および管理に取り組んできました。 他UNIXベンダーとの共同開発管理にも豊富な経験があります。現在は他ベンダーやOSSコミュニティとの協業(日本OSS 推進フォーラム、LPIとの連携など)を担当しています。

photo

吉田 行男 (株)日立ソリューションズ

2000年頃よりLinuxビジネスの企画を始め、OSS全体の盛り上がりにより、活動範囲をOSS全般に拡大してきました。 2004年頃からは日本OSS推進フォーラムでのOSSミドルの検証作業に参画し、JBossなどの品質向上に貢献しました。 その後、Linuxコンソーシアム(現OSSコンソーシアム)の理事への就任やオープンソースビジネス推進協議会やPostgreSQLエンタープライズコンソーシアムなどの設立に参画し、OSSの普及拡大に努めてきました。 また、Webメディアへの記事投稿により、広くOSSに関する情報の提供なども行っています。

photo

    安井 隆宏 (株)日立製作所

    2000年当初より、エンタープライズ向けにOSSの適用を促進する活動に取り組んできました。 Linuxカーネルのコミュニティでは、RAS(Reliability, availability and serviceability)強化やI/O管理機能の機能改善に貢献、 また、OpenStackコミュニティではストレージ管理機能を中心に機能改善や普及促進活動に取り組んできました。 2016年からはPostgreSQLエンタプライズコンソーシアムに理事として参加し、PostgreSQLの普及促進活動に貢献しています。
    ◆書籍 詳解Linuxカーネル 第2版/第3版【オライリー・ジャパン】

photo

稲垣 毅 (株)日立製作所

産業系のOSSマイグレーション案件をきっかけにOSSを活用する部署に所属して以降,基幹系のOSS利活用のため,研究開発や技術支援から事業を推進しています。 2012年頃からはOSSコンソーシアムのオープンCOBOLソリューション部会のリーダとして,opensource COBOLのコミッタとなり普及を推進してきました。 また,2013年からPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムに参加し,PostgreSQLの検証活動や広報活動を行うことで, エンタープライズ領域での普及促進に努めており,2015年度は設計運用WGの主査として力を入れて活動を行いました。

photo

小口 琢夫 (株)日立製作所

2003年より、CE Linux Forum(現在のLinux Foundation CE Workgroup)のArchitecture Group Memberとして、主としてデジタル家電分野へのLinux適用の推進に貢献しました。 2008年からは、同Steering Committee Memberを兼任しています。CE Workgroupでは、インダストリや社会インフラシステム向けのLinuxの長期サポートの実現を目指す、 LTSI(Long Term Support Initiative)やCIP(Civil Infrastructure Platform)などのプロジェクト立上げに寄与し、活動を続けています。

photo

岩松 信洋 (株)日立超LSIシステムズ

日立超LSIシステムズに入社する前から組込み向けLinuxの開発に参加しています。入社後は、ARM SoCsやSuperHなどの組込み向けCPUを対象にブートローダやLinuxカーネルを開発、 さらには組込み向けのユーザランドアプリケーションの開発などを行っています。コミュニティにおいては、2007年から組込み機器向けブートローダであるU-Bootのコミッタとして活動しています。 また、2009年からはフリーなOSを開発する Debian Projectの公式開発者としても活動しています。

photo


中村 雄一 (株)日立製作所

2001年より、OSSセキュリティの研究開発に携って以降、特に国内でのSELinuxの普及活動をリードし、多数のコードをコミュニティに提供することで貢献。また国内外を含め、多数の講演・執筆活動を行ってきました。こうした活動が認められ、OSSセキュリティのコミュニティメンバーと共に、2015年に情報処理学会より「喜安記念業績賞」を受賞しました。今後は、2017年3月に社外の発起人と共に設立した「OSSセキュリティ技術の会」を中心に、SELinuxだけはなく新たな認証OSS等も視野に入れて、OSSセキュリティ技術の普及と技術者の交流促進を行っていきます。
  • * 掲載順は順不同です。

セミナーレポート

2017年9月14日〜15日 Linux Security Summit North America 2017に参加しました。

講演の様子

米国カリフォルニア州ロサンゼルスのJW Marriott Los Angeles L.A. LIVEで開催された「Linux Security Summit North America 2017」にて、Linuxカーネル向けの権限昇格防止技術について講演しました。

講演
「Proposal of a method to prevent privilege escalation attacks for Linux kernel」と題し、OSSソリューションセンタの中村雄一、岡山大学の山内准教授の両名より、岡山大学とのコミュニティ活動にて開発を進めている「Linuxカーネル向けの権限昇格防止技術」について、Linuxセキュリティのリーダー、および100名を超える参加者に向けてご紹介しました。講演後、活発な質疑が行われるなど、好評をいただきました。

2017年7月26日 SELinuxの現状とLinuxセキュリティ - OSSセキュリティナイター vol.6 -に参加しました。

講演の様子

講演の様子

7月26日(水)に「SELinuxの現状とLinuxセキュリティ」と題した「OSSセキュリティナイター」の第6回目が開催され、日立はスペシャルゲストとして講演を行いました。OSSセキュリティナイターは、OSSに関連するセキュリティ情報を取り扱った勉強会で、今回で6回目となります。

講演
「企業システムにSELinuxを適用するときの検討事項について」と題して、OSSソリューションセンタの満 充師より、SE視点でのSELinuxの検証結果とプロジェクトで取り扱うときの注意事項などを紹介しました。企業システムにSELinuxを適用する方法についての講演は非常に珍しいため、多くの方々が聴講され、ご好評いただきました。また、「OSSセキュリティ技術の会」に関する話題もあり、OSSソリューションセンタの中村 雄一も登壇しました。

2017年7月20日〜21日 OpenStack Days Tokyo 2017に参加しました。

7月20日(木)〜21日(金)に開催されたOpenStack Days Tokyo 2017に、日立ソリューションズから講演とパネルディスカッションへの参加を行いました。

講演
「今度は79,200パターン!OpenStack&CephによるHyper Convereged Infrastructure検証結果」と題し、社外コミュニティ"OSCA"のメンバーとして日立ソリューションズの工藤 雄大がOpenStackとCephを使ったHyper Converged基盤の検証結果を報告しました。会場は満席(聴講者は約70名)となり講演内容への関心は高く、キャッシュの仕組みについてや、他のストレージソフトウェアとの差違について質問がありました。
パネルディスカッション
「自社活用のためCloud Foundryを導入した各社によるパネルディスカッション」に日立ソリューションズの佐々木 伸也が参加し、Cloud Foundryを事業活用する上での技術的なポイントや運営のポイントなどについてディスカッションを行いました。聴講者は約60名で、サービス提供企業だけでなくSIerの意見が聞けて有益だったという感想が寄せられました。

2017年5月18日 EnterpriseDB Summit 2017 Tokyoに参加しました。

5月18日に開催された「EnterpriseDB Summit 2017 Tokyo」に、日立製作所はプラチナスポンサーとして参加し、講演と展示を行いました。

講演・展示

講演の様子

日立からの講演はOSSソリューションセンタ 川路より「日立のOSSへの取組み」というタイトルで、日立のOSSへの取組み紹介とPostgreSQLでシステム構築するときの高信頼化の方法について紹介しました。また展示では、日立のOSS DBのサポートサービスについて紹介しました。

イベントの詳細、当日の資料は下記サイトを参照してください。

なお、日立とEnterpriseDB社は5月17日(米国時間)にパートナー契約を結んだことを発表しました。

2017年5月16日〜18日 Apache: Big Data North America 2017に参加しました。

米国フロリダ州マイアミのInterContinental Miamiで開催された「Apache: Big Data North America 2017」で、Hadoop/Sparkのユースケースと性能検証結果について講演しました。

講演

講演の様子 講演の様子

「Leveraging smart meter data for electric utilities: Comparison of Spark SQL with Hive」 と題し、OSSソリューションセンタの古山 悠介、木下 翔伍の両名より、 電力メータデータ処理のユースケースにおけるSpark/Hadoop(MapReduce)の性能比較検証の 取り組みについてデモを交えてご紹介しました。また、昨年末にリリースされ 性能向上が謳われているSpark 2.1と、Spark1.6の性能比較検証結果についても 合わせてご紹介しました。多くの方々が聴講され、ご好評いただきました。

2017年3月10日〜11日 オープンソースカンファレンス 2017 Tokyo/Springに参加しました。

明星大学 日野キャンパスで開催された「オープンソースカンファレンス 2017 Tokyo/Spring」で、NoSQLの1つであるHBaseの性能検証結果について講演しました。また、日立のOSSに対する取り組みについて展示を行いました。


講演の様子

講演
「NoSQLって結局どうなの?〜HBaseを例に検証してみました〜」と題し、日立製作所 ICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 伊藤 雅博より、 高性能なデータストアとして注目を集めるNoSQLの活用方法についてご紹介しました。また、スケーラブルなNoSQLとして注目を集めるHBaseを例に、 実際の性能検証結果とそのメリット・デメリットについてご説明しました。 多くの方々が聴講され、ご好評いただきました。

講演の様子

展示
日立製作所が提供するOSSサービスや、開発・検証を通じたOSSコミュニティへの貢献、 Web上での技術情報の発信に関してご紹介。沢山の方々にお立ち寄りいただきました。

2017年3月7日 DEIM 2017(第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム)に参加しました。

2017年3月7日に高山グリーンホテルで開催された「DEIM 2017」にて、 日立のOSSに対する取り組みについて講演しました。

講演
本フォーラムの中で行われた「企業のOSSを活用した商品開発や拡販の取り組み」をテーマとしたセッションでは、 参加各社がOSSに対する取り組みについて講演を行いました。
このセッションにて、日立からはICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 梅田多一が「日立のOSS活用事例」と題し、 社内におけるNoSQL製品開発、ブロックチェーンサービス検討、IoTを活用した社内システム開発の事例についてご紹介しました。 また、OSSへの期待の変化やOSSを活用する意義についてもご説明しました。
その後のパネルディスカッションでは、コミュニティ貢献の意義や、 産学共同でのOSS活動について、活発な議論が行われました。

2016年12月2日〜3日 PGConf.ASIA 2016に参加しました。

秋葉原コンベンションホールで開催された「PGConf.ASIA 2016」で、日立のPostgreSQL活用に対する取り組みについて講演しました。また、日立が提供するOSSサービスについての展示を行いました。


講演の様子

講演
「ミッションクリティカルシステムへのPostgreSQL適用に向けた日立の取り組み」と題し、日立製作所 ICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 稲垣毅より、 お客さまのシステム構築を通して日立が学んだ、ミッションクリティカルシステムにおけるデータベースの要件と、PostgreSQLが実現可能な要件との間にあるギャップ、また、そのギャップを埋めるための日立の取り組みについてご紹介しました。 100名近い方々が聴講され、大変ご好評いただきました。
展示
日立製作所が提供する、データベース関連OSSの支援サービスについて展示を行い、多くの方々にご来訪いただきました。

2016年11月17日 Open Compliance Summit 2016に参加しました。

TKPガーデンシティ横浜で開催された、The Linux Foundation主催の「Open Compliance Summit 2016」で、日立のOSSコンプライアンスに対する取り組みについて講演しました。

講演の様子

講演
「OSS Compliance Management in Hitachi」と題し、日立製作所 ICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 今田律夫より、 日立製作所内のOSSコンプライアンスへの取り組みを中心に、オープンソース・ソフトウェア取り扱いに関するガイドラインの制定やOSS管理システムの構築などについてご紹介しました。 講演は英語にて行い、海外からの参加者も含む多くの方々に聴講いただきました。また、講演後には活発な質疑応答も行われ、ご好評をいただきました。

2016年11月5日 オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fallに参加しました。

明星大学 日野キャンパスで開催された「オープンソースカンファレンス 2016 Tokyo/Fall」で、MongoDBのシャーディング機能の検証結果について講演しました。また、日立のOSSに対する取り組みについて展示を行いました。

講演の様子

講演
「MongoDBで試すシャーディングの実力検証!」と題し、 日立製作所 ICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 長谷川信介より、MongoDBを使ったシャーディングによる性能の検証結果と 、それに伴い複雑さを増すシステムの運用・管理におけるメリット・デメリットや、効果的な活用方法についてご紹介しました。多くの方々が聴講され、ご好評いただきました。

講演の様子

展示
日立製作所が提供するOSSサービスや、開発・検証を通じたOSSコミュニティへの貢献、 Web上での技術情報の発信に関してご紹介。沢山の方々にお立ち寄りいただきました。

2016年10月26〜27日 Hadoop Summit 2016 Tokyoに参加しました。

新宿 ヒルトン東京で開催された「Hadoop Summit 2016 Tokyo」で、電力事業者向けのデータ集計処理の検証結果について、講演とデモ展示を行いました。

講演の様子

講演
「Leveraging smart meter data for electric utilities: Comparison of Spark SQL with Hive」と題し、 日立製作所 ICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 古山悠介、謝洋の両名が、 電力事業者向けのデータの集計処理にSpark SQL (Spark 1.6 / 2.0) とHive (MapReduce)を使用した場合の性能検証、 比較結果についてデモを交えて紹介。多くの方々が聴講され、ご好評いただきました。
展示
日立製作所が提供するビックデータ系OSSサービスと、お客さまへの対応事例、さらに、講演でも行った電力データの集計・可視化に関するデモをご紹介。 講演の合間には沢山の方々にお立ち寄りいただき、日立の取り組みに関して説明させていただきました。

2016年7月6日、7日 OpenStack Days Tokyo 2016に参加しました。

虎ノ門ヒルズフォーラムで開催された「OpenStack Days Tokyo 2016」で、講演と展示を行いました。

講演の様子

講演
「OpenStackの価値を最大化させる運用のポイント 〜エンタープライズでの活用の勘所をご紹介します〜」と題し、 日立製作所 システム&サービスビジネス IoT・クラウドサービス事業部 基盤インテグレーション部 渡辺 純也より、OpenStackの信頼性や運用性に対する期待と課題、 および、統合システム運用管理JP1で実現する最適な運用と運用自動化のポイントをご紹介しました。150名近くの方々が聴講され、大変ご好評いただきました。

展示の様子

展示
統合システム運用管理JP1で実現するOpenStack運用を実機デモでご紹介。沢山の方々にお立ち寄りいただきました。 また、3月3日のイベントから引き続きご紹介した、既存システム上のVMを無停止でOpenStackへ統合し、JP1で一元管理する活用モデルも注目を集めていました。

2016年3月3日 日本OpenStackユーザ会イベントに参加しました。

イベントの様子

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された日本OpenStackユーザ会主催「企業のための OpenStack実践編」で、講演と展示を行いました。

講演
OpenStackのエンタープライズ適用〜顧客期待と課題、日立の考え方〜」と題し、日立製作所 システム&サービスビジネス ICT事業統括本部 OSSソリューションセンタ 担当部長 安井 隆宏より、日立が国内エンタープライズの顧客に提案活動をする中で見えてきた、信頼性や運用性に対する期待と、期待に対するOpenStackの課題をご紹介しました。
ほぼ満席の、150名を超える方々にご聴講いただきました。
展示
既存システム上のVMを無停止でOpenStackへ統合し、JP1で一元管理する活用を、実機デモでご紹介。沢山の方々にお立ち寄りいただきました。

社外イベントで製品(秘匿全文検索ソフトウェア)の展示を行いました。

世界各地で開催されているイベントにて、株式会社日立ソリューションズが開発した秘匿全文検索ソフトウェア 「Credeon Secure Full-text Search」を展示。 沢山の方々にお立ち寄りいただきました。また、多くのお客さまから製品に関するお問い合わせをいただいております。

Lucene/Solrの様子


2015年10月13〜16日「Lucene/Solr Revolution 2015 Austin」
アメリカ合衆国 テキサス州で開催された、 Lucidworks 主催「Lucene/Solr Revolution 2015Austin」にスポンサーとして協賛、 展示を行いました。本イベントは、Lucene/Solrに関する世界最大のイベントです。


2015年12月16日「Elastic{ON}15 Tokyo」
東京 六本木アカデミーヒルズで開催された、Elasticsearch社主催 「Elastic{ON} Tour 2015 in Tokyo」にスポンサーとして協賛、展示を行いました。


Elasticブースの様子


2016年2月16〜19日 「Elastic{ON}16」
アメリカ合衆国 サンフランシスコで開催された、Elasticsearch社主催「Elastic{ON}16」にスポンサーとして協賛、展示を行いました。 本イベントは、Elasticsearch/Logstash/Kibanaに関する世界最大のイベントです。

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示