ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】株式会社 プライムポリマー

お客さまサービスと企業競争力の強化を実現

〔3〕一元化されたDBに加え、文書管理システムや規制チェックシステムも提供

日立は、業務プロセスとIT活用を最適化するためのコンサルティングから、日立グループ内のケミカル関連企業と共同開発した化学物質管理システムをベースとしたシステム開発までをトータルに支援。企業内に分散していた化学物質や1次/2次原料、製品/半製品などの情報を、多彩なデータエントリーの仕組みを介してPRIQ(PRIme Quality data management system)と名付けられたDBへ容易に一元化できる機能を実現しました。これにより従来は、化学便覧などの紙資料や、各部門に散在していたMSDSなどから手作業で収集していた情報が、化学物質名を画面にインプットするだけですばやく検索できるようになったのです。
さらに、それらの情報とひも付けられた各種文書を検索・活用できる文書管理システムや、DB情報に対する法令チェックを実施する規制チェックシステム、品質証明書や納入仕様書などの作成システムもトータルに連係。一連の化学物質管理業務を効率的かつ高精度に行うためのインフラ構築に成功したのです。

化学物質データベース「PRIQ」の概要
化学物質データベース「PRIQ」の概要
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

特記事項

  • 2010年2月「はいたっく」掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。