ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】株式会社 プライムポリマー

お客さまサービスと企業競争力の強化を実現

〔4〕プライムビジネスネットと化学物質DBを連係

井實氏は、「システム化にあたり最も注力したのが、われわれとお客さまがWebサイト上で最新の化学物質情報や各種文書を共有するための仕掛けづくりでした」と振り返ります。プライムポリマーは以前から、プライムビジネスネット(PBN)と呼ばれる会員制のオンライン情報提供システムを立ち上げており、さまざまな製品情報や原料情報に加え、お客さま固有の取引情報、オンライン発注などの機能を提供することで、お客さまの業務効率向上を支援してきました。
そして今回のプロジェクトでは、新たに構築された化学物質DBとこのPBNを連係させることで、より鮮度の高い情報開示と、従来は紙ベースだった納入仕様書などもWeb上で締結でき、さらに検索・ダウンロードできる新機能が提供されるようになったのです。

株式会社 プライムポリマー 生産・技術部 生産管理グループ 品質管理チーム 塩見 正晴 氏
株式会社 プライムポリマー
生産・技術部 生産管理グループ 品質管理チーム
塩見 正晴 氏

「これまでは、お客さまごとに異なる納入仕様書の作成・締結に多大な労力と時間がかかっており、通常業務の大きな足かせになっていました。しかし化学物質DBとPBNとの連係によってそれらの作業がほぼ自動化され、負担が大幅に軽減されました」と語るのは、生産・技術部 生産管理グループ 品質管理チームの塩見 正晴氏です。そのバックグラウンドでは従来、工場やサプライヤーなどから紙ベースで提供されていた化学物質情報が、Excel®などの電子データでアップロードされ、DBと自動連係できるようになった仕組みが大きな威力を発揮しています。  以前なら入手までに数週間はかかっていた納入仕様書が、SAP® ERPで管理された出荷実績とも連係しながら、PBNからリアルタイムにダウンロードできるようになったため、「お客さまにとっても利便性が高まり、ビジネススピードの向上に大きく寄与しています」と喜ぶ塩見氏。また植野氏も、「日立さんのシステムには、情報を社外とも安全にやりとりでき、文書などの参照・更新権限も厳格に管理できるセキュリティ機能が用意されていたので助かりました。今後は、お客さまがPBN上で個別に検索しなければならなかったMSDSや品質保証などの情報も、購入された製品ごとにひも付け、PBNからすぐにご覧いただける仕組みを提供していきたいと思います」と、強い意気込みを語ります。

特記事項

  • 2010年2月「はいたっく」掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。