ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

ひたちナースのきになる日記

2020年8月20日

はじめまして(^^) 2号棟4階小児病棟の紹介をします!
小児病棟は、県北で唯一の小児の入院施設になります。対象年齢は、新生児から15歳未満です。 おもな疾患は、新生児呼吸障害、気管支喘息、肺炎、川崎病、ネフローゼ症候群、胃腸炎などです。
他に、形成外科、整形外科、外科、脳外科、眼科、耳鼻科、口腔外科、皮膚科の周手術期の子どもたちも入院しています。新生児集中ケア認定看護師と小児救急認定看護師が在籍しており、病気のお子さんとご家族によりよい看護ケアができるよう協力しています。

2号棟4階病棟

小児病棟の入院は、ほとんどが緊急入院です。救急の場面でも対応できるようにPEARS®プロバイダーコース(小児救急評価・認識・病態安定化コース)の開催や、帝王切開・分娩に立会い新生児の蘇生ができるように、NCPR(新生児蘇生法講習会)の専門コース・スキルアップコースを開催し、専門的な知識・技術の習得をスタッフ全員ができるようにめざしています(^^)v

勉強会

担当:船木

2020年7月27日

皆さん こんにちは♪ 今回は『新人導入研修』について、お話しさせていただきます。

2020年度は看護師50名(新卒46名・経験者3名)が入社し、例年通り導入研修を行う予定で準備をしていました。当院の導入研修は、同期入社者とともに10日間を一緒に過ごす方法で行っておりましたが、新型コロナウイルス感染症の対策として、3密をとならない環境が求められ、今年度はそれぞれの配属部署で指導していく方法で対応しました。

研修目的

配属部署の主任看護師・プリセプターを中心に、スタッフ全員が現場の中で指導に関わってくれており、例年と同じ学習概要を行えました。今後は、ソーシャルディスタンスを確保できる教育環境を提供していけるように、病院全体で研修手法を見直しています。

研修の様子

7月には、今年度初めてのレベル研修「メンタルヘルス」を行いました。今年度の新人は、同期との繋がりが得にくかったことや例年より早く看護の現場に入ったことなどで緊張の高い日々を過ごしてきたと思われます。今回の研修では、3ヶ月を乗り越えてきたことを労い、リフレッシュできる時間を持てることができたと思います。

同期との交流

初心を忘れず、「看護師として」「社会人として」一人ひとりの成長を心から願っています。

看護教育分科会  新人教育担当  村井茉奈香

2020年7月17日

みなさん こんにちは! 今月は2号棟3階病棟の紹介をします。
2号棟3階病棟は救急集中治療科をメインに循環器内科・心臓血管外科・脳神経外科・神経内科・外科など、さまざまな疾患の患者さんが入院しています。
看護体制はパートナーシップナーシングシステムを導入しており、看護師2人ペアになり看護を行っています。

2020年度は3人の新人さんが配属になりました。
みんな頑張り屋さんで、忙しいなかでも日々学び成長し頑張ってくれています。
きっと1年後には頼りがいのある素敵なナースになってくれるでしょう。楽しみです!

今年は新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として病院全体での新人導入研修が中止となり、病棟でプリセプターを中心にミニレクチャーを行いました。
新人歓迎会もできなかったため、新人さんが早く病棟に慣れるようにウェルカムボードを作成しました。また、病棟スタッフが新人さんと会話するきっかけになればいいなと思い、ウェルカムボードの下には新人さんの自己紹介を載せてみました。

2-3病棟

例年は定期的にバーベキュー、ハロウィンパーティー、忘年会などを行い、親睦を深めています。
忙しい病棟ですが、こうした交流もあり、普段の業務ではみんなで協力し、チームワークが良いのが2号棟3階病棟の特徴です。さまざまなことを学ぶことができ、みんな楽しく働き笑顔あふれる病棟です。

担当:2号棟3階病棟プリセプター 金谷・間々田・大友