ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

ひたちナースのきになる日記

2017年9月6日

バーベキュー大会開催!

みなさん、こんにちは!
本館棟5階病棟(循環器内科・心臓血管外科)は、37床で現在28名の看護師が働いています。
毎日忙しい日々ですが、毎年恒例(今年で3回目を迎えた)のBBQの様子を今回は紹介したいと思います。
例年キャンプ施設「きららの里」で行っています。しかし、今年は、残念ながら雨の中となってしまいました。
でもロッジの中で皆で“わいわい”と食べて・飲んで、日頃の疲れを忘れ親睦を深めることができました。

バーベキュー大会

最後は、皆で記念写真!

記念写真

雨でも1日楽しく過ごしました。明日からの仕事に向けて英気を養えたひと時でした。

担当:小野

 

2017年8月21日

産婦さんの安産を応援します

3号棟4階病棟は産婦人科14床、消化器内科10床です。
師長とゆかいな助産師・看護師がそれぞれのスキルと個性を活かして「お産だ!」「ご入院だ!」「手術だ!」と胎児〜100歳越えまであらゆる年代の方々をチームワークで明るく優しくサポートしています。
産科に加えて2017年4月から婦人科診療が再開しています。子宮筋腫、子宮脱、卵巣嚢腫などの術前・術後看護も行っています。

7月7日は七夕!
願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、織姫と彦星にお願いごとをしました。
「はらすまダイエット成功!」「毎日おいしいごはんが食べられますように!」
「元気になりますように!」「母の病気が良くなりますように!」など願いごとが書かれた短冊が飾られました。
皆さんの願いごとが叶いますようにと、本来は川に流すのですが、環境面も配慮し、短冊は神社に奉納しました。

「お産をご希望の方へ」ページもご覧ください

今後のイベントは
・BBQ
・運動会
・クリスマス会
・忘年会
   などなど盛りだくさんです。

さくらロードレースと七夕

2017年8月4日

整形外科・形成外科病棟の看護師長の塙です。
本館7階病棟は、49床で整形外科45床、形成外科4床の病棟です。今回は、当病棟のPNSについて紹介します。
2016年10月からPNS(パートナーシップナーシング)を導入しました。PNSを導入する前は、看護師1人で5〜7人の患者さんを受け持って看護をしていましたが、PNSでは、10〜12人の患者さんを2人の看護師で受け持っています。前の看護システムは、看護師1人で複数の受け持ち患者さんのすべてに責任を持ってその日の業務を終了させる自己完結型の看護でした。このシステムの時は、受け持ち患者さんの手術や検査などの時間や急患・急変、患者さんの状態によっては、お昼の休憩が短くなる、また、担当看護師だけ残業になることも度々ありました。PNSになったことで、2人で引き継ぎをして休憩をしっかり取れる様になり、残業時間も減少しました。職場のコミュニケーションも活発になり、相談・協力しながら看護ができるため、他の看護師の手技を見て勉強になり、パートナーとして後輩の成長を感じることができるなどの声が聞かれています。8時30分の手術出棟などの体制の変更にもPNSで行っているからこそスムーズに対応できました。
「PNSになっても忙しいのは変わらなくて大変だけど、自分1人じゃないから、(パートナー同士で)一緒にがんばろうねって思えます。」「前は自分だけが大変になっているように感じることもあったから、孤独じゃないのがいい。」とスタッフから意見が聞かれています。

PNS1

まだ、PNSマインドなど不足している所も多いですが、PNSになっていなかったらもっと大変だっただろうと思うと、本当にベストなタイミングで体制変更ができて良かったと思います。 昨年の新人は、途中まで前のシステムで行っていたので、「PNSになって本当に良かった」と笑顔が増えました。新人にとって、自分がまだ自立していない手技は、忙しい先輩の都合に合わせて教えてもらわなければいけないので、申し訳ない気持ちと、自分なりの段取りができないので辛かったと思います。今は、一緒に同じ患者さんを看ているので、指導やサポートがスムーズに行くようになりました。
3月のパートナー選定では、自分で今年1年間のパートナーを皆の前で宣言して選びました。若いスタッフから発言していきましたが、自分の短所も先輩のこともよく見ているなと感じました。先輩・後輩、それぞれを思う発言に思わず涙が出そうになり、とても感動した時間でした。
今年は、パートナーシップマインドを高めるための働きかけを行い、PNSがさらに成長できるようにしていきたいと思います。

PNS2

2017年6月26日

2017年5月13日(土)に第26回の看護の日のイベントが開催されました。
悪天候にもかかわらず早朝より沢山の方が足を運んでくださり、小さなお子様からご年配の方まで約300名が来場しました。なかには将来医療関係の職に就きたいとリピーターの学生さんもいらっしゃいました。毎年恒例の人気のバザーコーナーをはじめ、術衣に着替えて内視鏡手術が体験できる医療体験のコーナーや、リフレクソロジー効果のあるハンドマッサージコーナーでは癒しの空間のなかで来場者の方々と会話が弾みました。また、健康チェックや歯周病予防コーナーなどを通してヘルスケアの意識向上につながり、「看護の心をみんなの心に」をテーマにたくさんの方々と看護の心を分かち合えました!

看護の日

そして今年は、昨年6月にオープンした本館棟で、はじめて看護の日イベントを開催することができました。

さわやかコンサート

イベント最後は恒例のさわやかコンサートを行い、「ふるさと」をみなさんで合唱し、心安らぐひと時を過ごすことが出来ました。看護の日を担当して早10年が経過しますが、今日のこの日のために東京から応援に来てくださり協力いただいた皆様、子供たちの夢につながるようにと温かいお言葉をくださったり、本当に沢山の方々のお力添えをいただきました。この場をおかりまして、心から感謝をお伝えしますと共に来年もみなさまのご来場を心からお待ちしております。

担当:森永

2017年5月31日

4月3日、入社式が開催されました。
今年度、日立総合病院には38名の新卒の看護師・助産師が入社しました。
新入社員の皆さんは、期待と不安を胸に新社会人として当院で看護師としての一歩を歩みはじめました。

入社式

入社式の後は、4月7日までの期間、他の職種とともに導入教育が行われました。
その後、4月10日から4月17日にかけて新人看護師38名、経験者8名に対して看護局の新人導入教育を行いました。
研修では、看護倫理・社会人としてのマナー接遇・記録・感染対策・滅菌物の取り扱い・注射薬の準備・皮下注射・血糖測定・点滴静脈注射・採血・新人が起こしやすいヒヤリハットなど、現場に出るために多くのことを学びました。

導入教育1

注射の研修では、実施する方もされる方も緊張感・真剣さが伝わってきました。

導入教育2

担当の主任が、丁寧に分かりやすく教えてくれました。
初心・基本を忘れずに、導入研修での学びを現場で活かして、「社会人として」「看護師として」成長してほしいと思います。

担当:田中

2017年5月30日

研修のようす1

3月10日、2016年度最後のレベルI-1研修を行いました。研修には看護師1年生28名が参加しました。主な内容は、「1年間を振り返り、次年度の目標を見出す」です。
全体の看護技術チェックリストを振り返り、自分の一年間の心境の変化、印象に残った場面などをグループで話し合い発表しました。「共感できる内容が多かった」などの意見が多く、同じ経験をした同期の意見を聞き、お互いの成長を感じることができた様子でした。

来年度の目標設定では、自身の体験から後輩が望む先輩像を描き実践しようとする姿勢に大きな成長を感じました。

研修のようす2

プリセプターからの手紙を渡したときには歓声があがり、中には感動して泣き出す人もいました。
最後に1年間の研修風景と先輩看護師や医師からのメッセージをまとめたDVDを観賞しました。
手紙やDVDで振り返ることで、自分自身の成長を実感するとともに、多くの先輩や仲間に支えられ成長できたことを感じることができたと思います。
今、自分自身が感じている気持ちを忘れずに、今後さらに成長してくれることを期待しています。

研修のようす3

担当:田中

2017年5月29日

こんにちはっ!
3号棟4階病棟スタッフの杉本です!
みなさんに報告が遅れてしまいましたが・・・助産学校 ☆合格☆ しました〜!!!

私は看護師として3年間を産科と消化器内科の混合病棟で勤務しました。大学生の時から「助産師になりたいっ!」という夢を持ち続け、両親、病棟師長、主任をはじめとするスタッフ、友達に支えてもらい、その結果助産学校に合格となりました。4月からは、病院での勤務は休職させていただき、学校に通っています!

まだ入学して数日しか経っていないですが(課題もあるけど)すでに楽しいです!笑
助産学校は、一生の友達ができると先輩たちに言われました。これから一緒にがんばる仲間と乗り越えて助産師になって戻る予定です!

そして、たまーに看護師の日記を更新できたらと思っています!助産師をめざしている方で日立総合病院への就職を考えている方、まだ就職先に迷っている方、一緒に夢を叶えませんか?
素敵な仲間が待ってますよー♪

入学