ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

ひたちナースのきになる日記

2018年1月15日

忘年会

みなさんこんにちは!
手術室2年目の名和です♪
12月は忘年会シーズン!!ということで、12月9日に手術室でも1年間お世話になった方々を招待して、 合計72名の大忘年会が行われました。

整形外科Dr

優勝を逃した他科の先生方も勢いのある出し物でとっても盛り上がりました!!

幹事は大変でしたが、先輩方にたくさんフォローしていただき素敵な忘年会になりました(^O^)

話しは変わりまして仕事のお話です。手術室というと閉鎖的な空間でなにを行っているか分からないという方も多いと思います。
1年目では外科の器械出しから始まり、整形、産科、泌尿器、脳神経外科、呼吸器外科など、各診療科の手術につきました。1年目の秋冬からは外回りに入り、患者さんの全身状態を把握し円滑に手術が進行できるように日々努力しています。
2年目では心臓血管外科の器械出しに入らせていただき、無事ひとり立ちすることができました!

手術室では、病棟とは行っていることが異なりますが、患者さんを看ているという立場は同じです。
まだまだ学習することがたくさんありますが、今後も頑張っていきます!

プリセプターさん

2018年1月4日

こんにちは!!  CCU病棟の渡邊直樹です。
今月は、CCUについて紹介します。CCUは病床数6床で、循環器疾患の患者さんに対し、 高度医療や質の高い看護を提供しています。また、集中治療室という超急性期の病棟であることから日々患者さんの状態が変化するため、多職種とカンファレンスを行い、連携を図っています。そして、常に質の高い医療や看護が提供できるようにとスタッフ一同、自己研鑽に励み知識や看護観を養っています。

病棟のようす

レク1

と、まぁ固い話はここまでで、CCUはなんといってもコミュニケーション力の高さが好評です。
なぜなら、定期的に行われるレクリエーションがあるからです。常に頭の中が“看護・看護”なのも大事ですが、時には気分転換にと、いろいろと企画をして開催しています。今年度も沢山のレクリエーションを開催することができました♪

レク2

新人3人

<最後に…>
CCUのことを少しでも分かっていただけたでしょうか?
集中治療室という名前だけで、“難しそう”と感じるのではなく、ぜひ一度見学に来てください♪♪
楽しく見学できる準備はいつでも整っていますよ☆
皆さんと一緒に働けることを楽しみに待っています♪

2017年12月1日

皆さんこんにちは!
本館棟8階病棟は泌尿器科、腎臓内科、眼科、皮膚科、歯科口腔外科、耳鼻咽頭科の43床の混合病棟で、多いときには13科にわたり対応しています。主に手術の患者さんが多く、また、化学療法や放射線治療、入院から退院までセルフケアに関わる看護など幅広く学んでいます。
今年度からPNS(パートナーシップナーシング)を導入しており、日々忙しい中でもスタッフ同士で声を掛け合う明るく元気な病棟です☆
10月といえば・・・ハロウィンですね!毎年恒例の病棟のイベントとして開催しているハロウィンパーティについて紹介します。仮装をしながら楽しい思い出になりました♪

ハロウィン

担当:佐々木

2017年11月30日

2号棟3階病棟は2016年7月29日に開設しました。
主な診療科は救急科 循環器科 脳神経外科 神経内科 外科の混合病棟です。
開設時は3年目以上の看護師が5部署より配属となり、まだ顔も名前も覚えたての中、配属当日に26人の患者さんを無事に受け入れることができました。
主な診療科以外にも様々な疾患の患者さんを急性期〜慢性期、終末期まで看護しています。
2017年度からベッド数も33床から40床に増床となりました。
8月から新PNS(パートナーシップナーシング)体制となっています。

病棟のようす

まだ開設1年ほどの病棟ですが勉強会、係活動、新人教育とさまざまな場面で日々奮闘し、また飲み会の場でも交流を深めています。

親睦のようす

2017年10月25日

エマルゴ訓練開催しました!!

エマルゴ訓練とは、大事故や災害への準備マネージメントについての訓練・検証をするための教育ツールです。エマルゴ訓練をはじめて6年目になります。
 
患者さんの情報が記載されている
カードを使用して行います
カード傷病者100名で訓練します。

災害現場

災害現場です。災害現場のトリアージ
ポストに患者さんが、収容されてきます。

訓練風景

救急センタ・病棟は、患者さん受け入れの準備開始!
まず災害現場でのトリアージ! 傷病者100名! 各トリアージエリアへ患者さんを搬送します。
FAST法で行います。(事前にFAST法・PAT法の勉強会を開催しました)

各トリアージエリア

患者さんがICU・手術室・病棟へ・・・。病棟内でもトリアージ

病院内トリアージ

災害を想定した訓練を毎年実施しています。
災害時、「どのような行動を取るか、何を準備するのかなど考えることが出来る。」というスタッフの声が多く聞かれました。災害を考える良い機会になっています。

担当:村上

2017年10月1日

1号棟3階病棟(外科病棟)は、主に消化器・呼吸器・乳腺甲状腺疾患の手術前から手術後の看護ケアを行っています。また、化学療法や放射線療法を受ける患者さんもいるため、幅広い看護を学ぶことができる病棟です。手術前は患者さんの思いに寄り添い、適切な情報提供をすることで不安の軽減に努め、手術後はそれらに加えて早期離床をめざし、合併症の早期発見・対応に努め、1日でも早く笑顔で退院していただけるように、全力でサポートしています。

今年の7月には、4月に赴任したドクター主催で、BBQを楽しみました。
ドクター、ナース、その家族も多数参加して、ワイワイと協力し合い親睦を深めました。
ドクターが積極的に火起こしをしてくださり、普段、病棟では見ることができない姿に惚れ惚れとしているスタッフも続出・・・(*^_^*)
おいしいお肉とジュースやお酒も交えて、たくさん笑って、たくさんおしゃべりして大いに盛り上がり、日々の業務に生かされる良い人間関係もつくることが出来ました。
これからも、病棟業務と同等にイベントごとにも一丸となって全力で取り組み、よりチーム力を高めていきたいと思っています。

1-3BBQ

担当:鈴木達哉

2017年9月29日

みなさん、こんにちは!
3号棟4階病棟杉本です!
以前、助産学校に通い始めた日記はみていただけたでしょうか??
5月に日記をアップして以来もう9月。早いですね。
私は8月半ばから3ヶ月半の分娩実習に入っています。楽しみでもあり、緊張もあり複雑です!!!笑
思い出に残る助産をお母さんとあかちゃんに提供できるように一生懸命学んできます!

学校生活はというと…分娩練習のために空きあらば寝て、食べて、とっても忙しい毎日です。でもみんなとだからがんばれます!!この写真、すっごくキラキラしてますよね!?笑
そして、卒業した先輩方が私たちに差し入れをくれたり…この学校のつながりってすごいなーと感じています。先生も時には厳しく、時にはプライベートな話をしたり…♪
助産師、人生の大先輩で学ぶことばっかりです!

私も来年の今頃、笑顔で卒業生として顔を出したいっ!笑
最近知った言葉は死ぬこと以外はかすり傷!笑
よーし!実習行ってきます!!笑

助産学校にて

2017年9月6日

バーベキュー大会開催!

みなさん、こんにちは!
本館棟5階病棟(循環器内科・心臓血管外科)は、37床で現在28名の看護師が働いています。
毎日忙しい日々ですが、毎年恒例(今年で3回目を迎えた)のBBQの様子を今回は紹介したいと思います。
例年キャンプ施設「きららの里」で行っています。しかし、今年は、残念ながら雨の中となってしまいました。
でもロッジの中で皆で“わいわい”と食べて・飲んで、日頃の疲れを忘れ親睦を深めることができました。

バーベキュー大会

最後は、皆で記念写真!

記念写真

雨でも1日楽しく過ごしました。明日からの仕事に向けて英気を養えたひと時でした。

担当:小野

 

2017年8月21日

産婦さんの安産を応援します

3号棟4階病棟は産婦人科14床、消化器内科10床です。
師長とゆかいな助産師・看護師がそれぞれのスキルと個性を活かして「お産だ!」「ご入院だ!」「手術だ!」と胎児〜100歳越えまであらゆる年代の方々をチームワークで明るく優しくサポートしています。
産科に加えて2017年4月から婦人科診療が再開しています。子宮筋腫、子宮脱、卵巣嚢腫などの術前・術後看護も行っています。

7月7日は七夕!
願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、織姫と彦星にお願いごとをしました。
「はらすまダイエット成功!」「毎日おいしいごはんが食べられますように!」
「元気になりますように!」「母の病気が良くなりますように!」など願いごとが書かれた短冊が飾られました。
皆さんの願いごとが叶いますようにと、本来は川に流すのですが、環境面も配慮し、短冊は神社に奉納しました。

「お産をご希望の方へ」ページもご覧ください

今後のイベントは
・BBQ
・運動会
・クリスマス会
・忘年会
   などなど盛りだくさんです。

さくらロードレースと七夕

2017年8月4日

整形外科・形成外科病棟の看護師長の塙です。
本館7階病棟は、49床で整形外科45床、形成外科4床の病棟です。今回は、当病棟のPNSについて紹介します。
2016年10月からPNS(パートナーシップナーシング)を導入しました。PNSを導入する前は、看護師1人で5〜7人の患者さんを受け持って看護をしていましたが、PNSでは、10〜12人の患者さんを2人の看護師で受け持っています。前の看護システムは、看護師1人で複数の受け持ち患者さんのすべてに責任を持ってその日の業務を終了させる自己完結型の看護でした。このシステムの時は、受け持ち患者さんの手術や検査などの時間や急患・急変、患者さんの状態によっては、お昼の休憩が短くなる、また、担当看護師だけ残業になることも度々ありました。PNSになったことで、2人で引き継ぎをして休憩をしっかり取れる様になり、残業時間も減少しました。職場のコミュニケーションも活発になり、相談・協力しながら看護ができるため、他の看護師の手技を見て勉強になり、パートナーとして後輩の成長を感じることができるなどの声が聞かれています。8時30分の手術出棟などの体制の変更にもPNSで行っているからこそスムーズに対応できました。
「PNSになっても忙しいのは変わらなくて大変だけど、自分1人じゃないから、(パートナー同士で)一緒にがんばろうねって思えます。」「前は自分だけが大変になっているように感じることもあったから、孤独じゃないのがいい。」とスタッフから意見が聞かれています。

PNS1

まだ、PNSマインドなど不足している所も多いですが、PNSになっていなかったらもっと大変だっただろうと思うと、本当にベストなタイミングで体制変更ができて良かったと思います。 昨年の新人は、途中まで前のシステムで行っていたので、「PNSになって本当に良かった」と笑顔が増えました。新人にとって、自分がまだ自立していない手技は、忙しい先輩の都合に合わせて教えてもらわなければいけないので、申し訳ない気持ちと、自分なりの段取りができないので辛かったと思います。今は、一緒に同じ患者さんを看ているので、指導やサポートがスムーズに行くようになりました。
3月のパートナー選定では、自分で今年1年間のパートナーを皆の前で宣言して選びました。若いスタッフから発言していきましたが、自分の短所も先輩のこともよく見ているなと感じました。先輩・後輩、それぞれを思う発言に思わず涙が出そうになり、とても感動した時間でした。
今年は、パートナーシップマインドを高めるための働きかけを行い、PNSがさらに成長できるようにしていきたいと思います。

PNS2

2017年6月26日

2017年5月13日(土)に第26回の看護の日のイベントが開催されました。
悪天候にもかかわらず早朝より沢山の方が足を運んでくださり、小さなお子様からご年配の方まで約300名が来場しました。なかには将来医療関係の職に就きたいとリピーターの学生さんもいらっしゃいました。毎年恒例の人気のバザーコーナーをはじめ、術衣に着替えて内視鏡手術が体験できる医療体験のコーナーや、リフレクソロジー効果のあるハンドマッサージコーナーでは癒しの空間のなかで来場者の方々と会話が弾みました。また、健康チェックや歯周病予防コーナーなどを通してヘルスケアの意識向上につながり、「看護の心をみんなの心に」をテーマにたくさんの方々と看護の心を分かち合えました!

看護の日

そして今年は、昨年6月にオープンした本館棟で、はじめて看護の日イベントを開催することができました。

さわやかコンサート

イベント最後は恒例のさわやかコンサートを行い、「ふるさと」をみなさんで合唱し、心安らぐひと時を過ごすことが出来ました。看護の日を担当して早10年が経過しますが、今日のこの日のために東京から応援に来てくださり協力いただいた皆様、子供たちの夢につながるようにと温かいお言葉をくださったり、本当に沢山の方々のお力添えをいただきました。この場をおかりまして、心から感謝をお伝えしますと共に来年もみなさまのご来場を心からお待ちしております。

担当:森永

2017年5月31日

4月3日、入社式が開催されました。
今年度、日立総合病院には38名の新卒の看護師・助産師が入社しました。
新入社員の皆さんは、期待と不安を胸に新社会人として当院で看護師としての一歩を歩みはじめました。

入社式

入社式の後は、4月7日までの期間、他の職種とともに導入教育が行われました。
その後、4月10日から4月17日にかけて新人看護師38名、経験者8名に対して看護局の新人導入教育を行いました。
研修では、看護倫理・社会人としてのマナー接遇・記録・感染対策・滅菌物の取り扱い・注射薬の準備・皮下注射・血糖測定・点滴静脈注射・採血・新人が起こしやすいヒヤリハットなど、現場に出るために多くのことを学びました。

導入教育1

注射の研修では、実施する方もされる方も緊張感・真剣さが伝わってきました。

導入教育2

担当の主任が、丁寧に分かりやすく教えてくれました。
初心・基本を忘れずに、導入研修での学びを現場で活かして、「社会人として」「看護師として」成長してほしいと思います。

担当:田中

2017年5月30日

研修のようす1

3月10日、2016年度最後のレベルI-1研修を行いました。研修には看護師1年生28名が参加しました。主な内容は、「1年間を振り返り、次年度の目標を見出す」です。
全体の看護技術チェックリストを振り返り、自分の一年間の心境の変化、印象に残った場面などをグループで話し合い発表しました。「共感できる内容が多かった」などの意見が多く、同じ経験をした同期の意見を聞き、お互いの成長を感じることができた様子でした。

来年度の目標設定では、自身の体験から後輩が望む先輩像を描き実践しようとする姿勢に大きな成長を感じました。

研修のようす2

プリセプターからの手紙を渡したときには歓声があがり、中には感動して泣き出す人もいました。
最後に1年間の研修風景と先輩看護師や医師からのメッセージをまとめたDVDを観賞しました。
手紙やDVDで振り返ることで、自分自身の成長を実感するとともに、多くの先輩や仲間に支えられ成長できたことを感じることができたと思います。
今、自分自身が感じている気持ちを忘れずに、今後さらに成長してくれることを期待しています。

研修のようす3

担当:田中

2017年5月29日

こんにちはっ!
3号棟4階病棟スタッフの杉本です!
みなさんに報告が遅れてしまいましたが・・・助産学校 ☆合格☆ しました〜!!!

私は看護師として3年間を産科と消化器内科の混合病棟で勤務しました。大学生の時から「助産師になりたいっ!」という夢を持ち続け、両親、病棟師長、主任をはじめとするスタッフ、友達に支えてもらい、その結果助産学校に合格となりました。4月からは、病院での勤務は休職させていただき、学校に通っています!

まだ入学して数日しか経っていないですが(課題もあるけど)すでに楽しいです!笑
助産学校は、一生の友達ができると先輩たちに言われました。これから一緒にがんばる仲間と乗り越えて助産師になって戻る予定です!

そして、たまーに看護師の日記を更新できたらと思っています!助産師をめざしている方で日立総合病院への就職を考えている方、まだ就職先に迷っている方、一緒に夢を叶えませんか?
素敵な仲間が待ってますよー♪

入学