ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

きになる男子ナースの部屋

2017年9月6日

みなさんこんにちは!
季節の変わり目ですが、体調など崩していませんか??
ちなみに私は病棟で身体が弱いキャラになっています!笑
あっ!!すみません!自己紹介が遅れました!
今回「きになる男子ナースの部屋」の担当になりました、3号棟3階救命救急センター集中治療室(ICU)に勤務している2年目の樫村駿です。

職場での風景

ちなみに私の趣味ですが、小学校1年生から続けているバスケットボールです!
最近はあまりできていないこともあり体重が気になっています!笑
他にはスポーツ観戦が好きで、Bリーグの地元チームやプロ野球の試合観戦に行っています。スポーツは実際にやるのも観戦するのも大好きです!

あまり私の自己紹介を長々していても興味ないと思うので、これから先は仕事の話をします。
ICUに配属となって2年目となりました。
1年目と比べ分かってきたこともある一方で、分からないこともまだまだたくさんあるなと改めて感じています。
日々同じ部署の先輩方の手厚いご指導の下、業務を全うしています。
ICUは重症度が非常に高く、知識・技術ともに覚えることが多くて大変です。
一方で、分かった時の喜びはとても大きいです!
先日初めて外部のセミナーに参加し、「重症患者の管理」というテーマで1日講義を受けてきました。適切な鎮静管理やリハビリの開始時期など多くのことを学んできたので、今後のICUでの業務に活かしていきたいです。
このように仕事と休日のメリハリを付け、より充実した毎日にしたいと思います。

同期と

最後に、救命救急センターBBQで同期とパシャリ!
それでは、今回はこの辺りで失礼します。

2017年8月4日

「きになる男子ナースの部屋」今回担当させていただきます手術室の大平好昭と申します。
まず、自己紹介から。42歳、後厄。看護師経験22年。手術室経験13年。2児の父親になります。気がついたら人生も仕事も折り返しをとっくに過ぎた年齢になってしまいました。看護師だった母親の勧めで、高校卒業後なんとなく看護学校を受験して今に至っています。学生だった当時、看護学校に男子は自分1人という時期もありました。今は男性看護師もだいぶ増えており、うれしく思っています。
男性看護師が多いといえば、私が働いている手術室は看護師32名中11名が男性看護師です。他の部署と比べてもダントツで多く、さらになんでも相談できる仲間にも恵まれ、最高の職場です。
現在の手術室は本館棟に移ってから約1年が経過し、新しい取り組みをしながらより良い看護が提供できるように日々進化しています。その取り組みの1つとして今年度からPNS(パートナーシップナーシングシステム)に取り組んでいます。PNSとは簡単に言うとパートナーとそれぞれの得意分野を活かしながら協力し合うことです。お互いの特性・能力を生かし、知識、技術を共有、補完すれば相乗効果を生み、効果は2倍、3倍になると言われています。まだ取り組みは始まったばかりですが、その効果は目に見えて出はじめ、さらによりよい手術室になっています。
話は変わって、当院の利点「福利厚生」について書かせてもらいます。私は3年前に自宅を購入したのですが、入社時からの財形貯蓄や持株会のおかげで、貯金の意識はなかったのに気がついたら少額ですが頭金を出すことが出来ました。さらに年間4回まで温泉レジャー施設の入園券も格安で購入でき、普段遊びに連れて行っていない分、活用させてもらっています。また、テーマパークへのバスツアーなどもあり、子どもも毎年楽しみにしています。まだまだ書きたいことがありますがこの辺で。
最後に趣味について少し。健康と体力維持のために自転車(ロードバイク)を社会人になってからはじめました。早くは走れないのでレースなどはでませんが、年に1〜2回ロングライドを走っています。1日では猪苗代湖1周や霞ヶ浦1周約350km、2日間では新潟往復や、北関東1周600kmなどがあります。達成感は半端ないですが、怪我などで迷惑をかけないように、これからも続けて行こうと思います。最後までお付き合い下さりありがとうございました。

通勤往復25km・手術室の仲間と

2017年4月26日

皆さんこんにちは!
救命救急センターの宇野です。
ご報告遅くなりましたが、救急看護認定看護師教育課程を無事修了しました!
日本赤十字九州国際看護大学にて約7か月間、675時間の研修を終えることができました。
諸事情により、途中経過をリアルタイムでご報告できなかったことをお詫びいたしますm(__)m

ですので!掲載しようと思っていた、途中経過も踏まえ、ここでご紹介・ご報告をさせていただきます★
写真の多いスペシャルバージョンでお届けします♪

まずは! 臨床実習前、認定課程開始から3か月時点での研修内容をお伝えします(^^)/
8月31日現在までで、のべ60日間(土日祝除外)で約450時間勉強しました。
1日朝9:00から夜18:10まで計5コマ(1コマ90分)です。
大学時代を思い出しましたw
正直、机にかじりついての勉強は、臨床で働いてた者にとっては苦痛でなりません(+o+)
しかし、そうも言ってられないので...リフレッシュと勉強を両立して、ごまかしながらやってましたw
こっちにきて酒が強くなった気がしますww

実習1

あ、ここまで勉強してきた内容ですが…
とりあえず、基礎から応用まで幅広いです。
概論、フィジカル、病態、治療、看護過程、統計、薬理、
医療安全、生体侵襲、トリアージ、災害などなどなど!
盛りだくさんの日々日々でした…

レポートに、グループワークに、学会形式の発表など、
多重課題のオンパレードでしたね(+o+)(+o+)(+o+)

試験も、前期と後期に分けられ、4日間で、計6科目29試験+OSCEをこなし、無事合格できました。

最近の余暇は、同じ認定研修生の地元を訪れることができたこと!
これは、最高の時間を過ごせました! 出会いに感謝ですね!! 壱岐うまか〜♪

冒頭でも書きましたが、9月12日から臨床実習が始まります。約1か月半の実習です。
楽しみが6割、不安が8割・・・・あ、10割超えてますねw
実習先は、ドクターヘリもドクターカーもアクティブに行っている救命救急センターです。
たくさんのことを吸収して、日立に持ち帰ります(`・ω・´)ゞ

実習2

続いては、認定課程後半のご報告です(^^)/
臨床実習ですが、当院と同規模の病院で1か月半実習をさせていただきました。
選択理由には、ドクターヘリ、ドクターカーを積極的に行っており、外傷やプレホスピタルケアに強い印象があったからです。
当院もラピッドカーを導入したばかりの頃でしたので、是非参考にしたいと思い実習に励みました★ 

実習はというと、いや〜大変でしたね(^-^;苦笑 記録に追われ、寝る暇さえなく、アセスメント記録だけで、50枚以上・・・なんじゃそりゃ!って感じですよね(笑)
でも、なんだかんだで得たものは辛さと対比できるようなものではなく、想像以上の成果が得られたと感じています!
ケーススタディでは、症例が取れず苦戦しましたが、実習指導者の方をはじめ、大学の先生方にご指導いただき、最終的に良い結果を残すことができたと思っております★
初療における家族看護の大切さと楽しさもこの過程で得られた、貴重な成果です(^^)

実習3

さて。
実習が終わると、日本救急看護学会出席を経験した後、ケーススタディ発表に向けた論文作成と発表資料作りでこれまた徹夜・・・。
そして、修了試験勉強でこれもまた徹夜・・・( ノД`)
範囲が膨大過ぎて、手に汗握りました(;´・ω・)

実習4

同期達と奮闘した結果が実を結び、無事修了試験にも合格でき、救急看護認定看護師教育課程を修了することができました。次はドキドキドキの本番です(;´・ω・)
また、期間があいてしまうのが不安要素ですが、とりあえず全力でやっぺ・・・(苦笑)

九州の最後は、同期との別れを惜しみながら九州旅行をしました☆
土地も気候も良く、良い同期に巡り合えたなぁ〜と思いました。
九州だからといって、遠いと思わず、出会いに感謝し、ともに救急看護を盛り上げていきたいですね★

実習5

今後の活動も、報告していきたいと思っています! そちらもご期待ください★
ではまた(^^)/