ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

きになる男子ナースの部屋

2018年6月21日

はじめまして!こんにちは!今回の「気になる男子ナースの部屋」の担当となりました、看護師1年目(4月から2年目の)岡部亮佑です。なかなかこのような担当を任されたことがなく、慣れないですが頑張って書いていきますので温かく見守っていただければと思います(笑)

私が所属する本館棟8階病棟は、混合病棟で泌尿器科・腎臓内科・皮膚科・眼科・口腔外科・耳鼻いんこう科と幅広い疾患の患者さんの看護をしています。多くの疾患を学ぶ機会があり、短期入院の患者さんが多いのが印象的です。また男子ナースが自分一人しかおらず、最初は緊張と孤独でいっぱいいっぱいでした。しかし師長さんをはじめ、主任さん、プリセプターさんなどたくさんの先輩方から熱心な指導と支えをいただき休むことなく元気に出勤することが出来ています。感謝してもしきれないくらいです。
プリセプターさんは1年間新人看護師に付いて、疾患や看護技術だけでなく普段の悩みや相談を受けてくださり、不安でいっぱいの新人看護師の力強い味方です!
1年目の看護師は、およそ月1回のペースで行われるレベル研修で同期とともに演習やグループワークを行い、看護技術や看護倫理などを学んでいきます。研修の合間には同期と業務やプライベートのことを話したり、普段の悩みを打ち明けたりとリフレッシュにもなり、私自身楽しみにしているイベントでもあります(笑)。

3月9日に行った研修では「1年間のまとめ」ということで、いままでの勤務で印象に残ったこと・勤務で努力したことや、看護師2年目に向けての抱負について話し合いました。病棟ごとに経験したことや目標が異なっていたり、意外な共通点があったり充実したグループワークとなりました。これで終わりかと思いきや…最後には全プリセプターさんからの感動のサプライズが!!何から何まで本当に最高の先輩方です!一生ついていきます!!
未来の輝かしいナースのみなさん、就職先を探しているベテラン看護師のみなさん、日立総合病院でお待ちしております!

夜景と男子看護師