ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアプラットフォームソフトウェア

特徴

EP8000シリーズでは、オペレーティングシステムに米国International Business Machines, Corp.のAIXを採用しています。

AIXは、優れたパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性、可用性、高品質を総合的に提供するオペレーティングシステムです。また、ミッションクリティカルなビジネスに必要な多彩な特長を備えています。

論理分割機能(LPAR:Logical Partition)/動的論理分割機能(DynamicLPAR)

POWER5以降のプロセッサ搭載モデルでは、SMP システムのハードウェアリソースを論理的に分割する論理分割機能(LPAR)を提供します。

LPARを使用すると、プロセッサ、メモリ、拡張スロットなどのハードウェアリソースを、パーティションと呼ぶ論理的な複数のシステムに分配して、各パーティションを、それぞれ独立したシステムのように扱えます。

LPARは、POWER5以降のプロセッサ搭載モデルと当該システム装置をサポートするAIXの組み合わせで提供します。

パーティション間仮想LAN機能

一つの筐体内に仮想LANを構築し、パーティション間の通信を、通信アダプタを介することなく実現します。また、ホスト・イーサネット・アダプタ(HEA)やVirtual I/O Serverの共用Ethernetアダプタを利用すると、外部のLANと接続が可能となります。

JFS(Journaled File System)、JFS2

JFS/JFS2は、ディスク障害時のリカバリ時間を短縮するファイルシステムです。

JFSは、最大64GBのファイル、最大1TBのファイルシステムを作成できます。

JFS2は、JFSの機能を拡張したファイルシステムで、最大16TBのファイル、最大32TBのファイルシステムを作成できます。JFS2では、次に示す機能を利用することができます。

  • snapshotコマンドによるスナップショットバックアップが可能
  • ファイルシステムサイズを動的に縮小することが可能
  • データを暗号化して格納する暗号化ファイルシステムをサポート

LVM(Logical Volume Manager)

LVMは、物理ディスクを任意の構成の論理ボリュームとして管理し、柔軟なディスク運用を可能とします。

AIXのLVMは、LVMの基本的な機能に加えて、ディスク装置のミラーリング/ストライピング機能を提供します。また、次に示す機能を利用することができます。

  • 論理ボリュームの論理トラックグループのトランスファーサイズを選択可能にし、ディスクの入出力やアレイディスク装置の最適化が可能
  • オンライン稼働中のバックアップ機能として、ファイルシステム単位のsplit copyに加え、ボリュームグループ単位のsplit copyが可能
  • 1ボリュームグループ当たり1024個のディスクを管理できるスケーラブル・ボリュームグループをサポート
  • LVMのログ収集機能をサポート

Workload Manager(WLM)

Workload Manager は、より良い資源管理を可能とします。予想外の需要ピークの負荷に対して、ディスクI/O の制御のほかに、CPU/メモリなどを制御してシステムのオーバヘッドを減少させる対処を行います。

32ビットプログラムにおける大規模プログラム

32ビットプログラムにおいて、最大3.25GBのデータ領域を持つプログラムを作成できます。アプリケーションプログラムが、より多くのメモリを使用できます。

SMT(Simultaneous Multi-Threading)

POWER5以降のプロセッサ搭載モデルでSMTを使用できます。

SMTを使用すると、一つのプロセッサ内で複数のスレッドを実行できるため、プロセッサの利用効率を向上できます。上位で動作するアプリケーションは、SMTについて意識する必要はありません。

障害対応機能

システムハングアップの検出、自動システム再起動、ネットワークアダプタ障害時の経路交代機能および障害連続多発時のエラーログの抑制など、強力な障害対応機能を提供します。

アプリケーション稼働中のcoreファイル生成、I/Oハングアップの検出、メモリ障害時の障害局所化が可能です。

また、実行時エラーチェック、カーネル自動回復、OS稼働中のコンポーネント・ダンプ取得が可能です。

強力なトレース機能

メインフレーム並みの約2000種類の情報を採取できます。トレースポイント機能によって、フォーマットファイル(テンプレートファイル)のルールに従って、ログファイルを編集する機能を提供します。

ネットワーク機能

sendmail、IPv6、ネットワーク全体の構成ファイルの整合性を維持するためのNIS、リモートコンピュータ上のファイル/ディレクトリをローカル環境のファイル/ディレクトリと同等に処理できるNFS V4を提供しています。

グラフィック機能

X Window System Version 11 Release 7.1(X11R7)のウィンドウシステム、OSF/Motif2.1のインタフェース、3次元グラフィックス機能としてOpenGLを提供します。

セキュリティ

Native Kerberos V5 Network Authentication Serviceの認証機能を提供します。

オープン性

業界標準
The Open Groupより公開されているUNIXに関する標準仕様に対応しています。
Linux®との親和性
Linuxからの高い親和性と移植性を備え、マルチプラットフォーム対応アプリケーション開発時の負担を軽減します。

互換性

AIXの旧リリース用のプログラムは、新リリース上で、再コンパイルなしに実行できます。ただし、新リリース上でコンパイルされたプログラムは、旧リリースでの動作は保証しません。
また、次に示すプログラムは、互換性を保証しません。

  • プロセッサ固有のコンパイラオプションを用いてコンパイルしたプログラムを、当該プロセッサ以外を搭載した機種/モデルで実行
  • AIX共有ライブラリを静的にリンケージ
  • AIXリファレンスマニュアルで、移植不可能と明記された機能
  • 32ビット カーネルエクステンション、32ビットカーネルが前提のバイナリ
  • 文書化されていないAIX内部機能
  • X11R5サーバエクステンション
  • IBM-850コードセットのロケール
  • 拡張された8文字を超えるユーザ名/グループ名/パスワードなどの使用

構成

AIXオペレーティングシステムとして、次のソフトウェア製品を提供します。

  • AIX V7.2
  • AIX V7.1

動作環境

適用システム装置

EP8000シリーズ
モデルごとに対応するVRSが異なります。詳細は弊社営業にご確認ください。