本文へジャンプ

Hitachi

公共ITソリューション

[イメージ]秘匿情報管理サービス 匿名バンク

個人情報などの保護が必要な情報を、より安全・安心に取扱うための、クラウド基盤サービスです。

このようなお悩みはありませんか?

個人情報を扱いたいが、より安全に取り扱うにはどうしたらいいか。

image

より安全・安心な情報管理サービス

日立独自の「秘匿化」と「匿名化」で、より安全・安心な情報管理を実現します。個人情報などの秘匿したい情報は、乱数のような形でクラウドに保管し、それ以外の情報は匿名化情報として管理します。秘匿化する情報と匿名化する情報を分離することにより、大幅な情報管理リスクの軽減と各種ガイドラインなどへの対応が可能になります。

トータルコストを抑えたい。

image

クラウドサービスを活用し、トータルコストを低減

セキュリティにかかわる共通部分はクラウドサービスが活用できるため、業務に利用するアプリケーションの開発に集中することができ、トータルコストの抑制が可能となります。

実績(ユースケース)を活用したい。

image

さまざまな用途での活用実績

情報の収集・活用から共有まで、ヘルスケア分野のみならず、マイナンバー・要配慮情報の管理や、多拠点連携、Webシステムなど、幅広い分野での活用実績があります。ユーザー管理や鍵管理などの共通機能は、これらの実績に基づき用意しております。

匿名バンクとは

匿名バンクは、「クラウドだからこそより安全」なソリューションを提供します。

ITインフラやサービスのクラウド移行が加速する中、企業や自治体、医療機関などには、お客さまや社員から預かった個人情報を不正アクセスや人為的ミスによる情報流出から守るという大きな社会的責任が課せられています。情報をより安全に守りながら、価値の高いサービスを行っていかなければなりません。

匿名バンクは、情報を秘匿化してより安全に管理するとともに、分離された情報を、さまざまなサービスに活用できるようにします。たとえば、個人特定情報(氏名、マイナンバーなど)と、機微情報(ヘルスケア情報、ライフログなど)を容易に紐づかない形で管理し、個人情報の権利保護と有用性のバランスをとることができます。

[イメージ]秘匿情報管理サービス 匿名バンク匿名バンク



特徴や事例など、より詳細な情報につきましては以下のページをご覧ください。

image

特徴

本サービスの特徴を詳しくご紹介します。

image

事例・活用例

用途に合わせたサービス使い分けの例や、実際の事例をご紹介します。

image

技術紹介

日立ならではの独自技術についてご紹介します。

関連サービス

関連製品

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

秘匿情報管理サービス 匿名バンクに関するお問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。