ページの本文へ

Hitachi

社会インフラ保守プラットフォーム

[イメージ] [イメージ]社会インフラ保守プラットフォーム

デジタル技術を導入した社会インフラ保守を実現

社会インフラ保守プラットフォーム

サービスレベルとコストを両立可能なデジタル技術を導入

社会インフラ保守において、設備の老朽化と保守作業員の減少により、従来と同等のサービスレベルを維持することが困難となりつつあります。そこで、サービスレベルとコストを両立可能とするデジタル技術を導入した新しい維持管理を実現します。

社会インフラ保守における課題

社会インフラ設備は老朽化してきており、今後も老朽設備の増加が見込まれます。また、保守点検作業は目視点検が主であり、熟練保守員の不足・高齢化が問題となっています。
今後より一層深刻化が進む老朽設備の増加と保守員の減少に対して、サービスレベルとコストの両立可能なデジタル技術を導入した社会インフラ保守を実現することが求められています。

社会インフラ保守プラットフォームの概要

従来の社会インフラ保守は、保守員による定期的な目視点検が主であり、リアルタイムかつ広範囲な点検が困難です。そこで、常設センサーによる監視を行うことで、保守員による点検作業のサポートを行います。センサーによるデジタル情報の収集・蓄積・解析をクラウドサービスにて提供することで、スピーディかつローコストにて導入します。
社会インフラ保守プラットフォームにて異業種間データやオープンデータの利活用を支援します。

[イメージ]社会インフラ保守プラットフォームの概要

提供サービス

[リンク]漏水検知サービス

漏水検知サービス

独自開発の超高感度センサーと独自アルゴリズムを組み合わせ、漏水を高精度に常時監視・検知します

詳細を見る

社会インフラ保守プラットフォームの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。