ページの本文へ

Hitachi

DIVERSITY, EQUITY
and INCLUSION ダイバーシティ、エクイティ
&インクルージョン

ダイバーシティ、エクイティ
&インクルージョン(DEI)は、
イノベーションと成長の源泉です。

日立は、従業員のバックグラウンド、年齢、性別、セクシャリティ、家族構成、障がい、人種、国籍、民族、宗教といった違いを歓迎し、一人一人を公平に扱う、多様でインクルーシブな企業をめざしています。 日立があらゆる個々人の違いを尊重し、大切にするのは、こうした多様性が、市場の理解、優れたアイデアの創出、社会の進展に貢献するイノベーションの推進には不可欠と考えるからです。日立は、すべての人に公平に接し、個々人の違いに十分に配慮することにより、誰もが貢献できる会社をめざしています。

ダイバーシティ多様性

あらゆる違いを受け入れ、
尊重する

エクイティ公平性

従業員を公平に扱う

インクルージョン包括性

一人一人の存在と
それぞれの意見を尊重する

グローバルDEI戦略

日立は、グローバルで共通する下記の3つのDEIテーマに注力しています。

THEME 1

ジェンダーバランス

ジェンダーバランスの実現に向けては、女性のさらなる活躍が不可欠であることから、日立は女性リーダーの育成支援など、グループ全体で女性活躍を推進しています。

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づく取り組みの実施状況が優良な企業として、厚生労働省の認定マーク(えるぼし)を取得しています。

THEME 2

文化的多様性

日立は、国籍の異なる優秀な人財がリーダーに昇進するための機会を提供していくことで、新たな市場の開拓とグローバルな成長をめざしています。

外国籍社員インタビュー

日立で活躍する外国籍社員に、異国で働く魅力とメリットについて話を聞きました。

THEME 3

世代の多様性

昨今のテクノロジーや社会の激しい変化に対応し、イノベーションを持続的に創生していくためには、若年層の従業員の声を取り込んでいくことが不可欠です。そのため日立は、若手世代の雇用促進、事業への参画および世代を超えた交流や連携強化に積極的に取り組んでいます。

子育て社員による座談会

各種制度を利用しながら、仕事と育児を両立させている社員に話を聞きました。

活動紹介

従業員一人一人が社会課題を自分事として捉え、その解決に向けて挑戦していくために、
多様な人財が活躍できる施策を推進しています。

  • ジョブ型人財マネジメント

    職務と必要なスキル・経験を明確化し、その職務を担える人財を本人の意欲・能力に応じて登用する「ジョブ型人財マネジメント」への転換を進めています。

    関連リンク:ジョブ型人財マネジメント

  • Make a Difference!

    一人称のマインドセットのカルチャーを強化するため、従業員提案型のアイデアコンテスト「Make a Difference!」を実施しています。応募者はグローバルに広がっています。

  • 経営リーダー層の育成

    世界中の日立グループの人財から数百名の候補を選抜し、変化・変革をけん引する経営リーダーの中長期的な育成に取り組んでいます。

  • グローバル共通の
    学習プラットフォームの活用

    グローバルで共通の学習プラットフォーム「Hitachi University」では、従業員一人一人がマネージャーと相談しながら、将来のキャリアアップに必要な研修を、必要なタイミングで受講することができます。

  • キャリア開発支援

    キャリア開発をサポートするワークショップやキャリア相談室の運営など、個人にとっての仕事の意味・働きがい・価値観といった「内的キャリア」を重視したさまざまなキャリア開発支援施策を展開しています。

  • ダイバーシティ・
    ワークショップ

    事業部門のトップから若手までが一堂に会し、ダイバーシティ、ワーク・ライフ・マネジメントのあるべき姿について自由に意見交換をするイベントを開催しています。

  • 女性部下を持つ管理職向け
    マネジメントセミナー

    女性部下を持つ管理職を対象に、女性を含む多様な人財・チームをマネジメントするスキルの向上を目的としたセミナーを開催しています。

MOVIE