ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

XR(AR/VR等)

現実の環境に情報を付加して現実世界を拡張するAR (Augmented Reality)、人工的に作られた仮想空間を体感するVR (Virtual Reality)などを総称する技術です。HMD (Head Mount Display)に装着されたカメラやセンサーによる外界の認識技術、自己位置・自己動作の認識技術などで構成されます。近年、スマートデバイスの普及によってコンシューマー向けに利用が拡大していますが、インダストリーへの応用も進展しています。日立ではARを用いた遠隔作業支援ソリューション(Doctor Cloud)を製品化し、タブレットPCを活用したメータ値読取などの点検支援技術を実現しています。また、近年は、実物のデバイスにセンサーを付与した実世界指向インタフェースによる高臨場VR作業訓練や、AIテクノロジーを活用したAR作業支援の研究開発にも取り組んでいます。