ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

自然言語処理

自然言語処理(Natural Language Processing; NLP)は、日本語や英語のような自然言語を計算機で処理する技術の総称であり、非定型データである自然言語の構造を解析・理解し、必要な情報を抽出したり、内容を変換したりする技術です。機械翻訳、校正、質問応答・対話、要約といった応用技術があり、それらを構成する基礎技術として、形態素解析、構文解析、言い換え、照応解析等の技術があります。言語学の知見に基づいたルールによる手法から始まり、データから得られる統計に基づく機械学習によるアプローチを経て、近年では深層学習によるアプローチが盛んに研究されています。

表彰コンペ

2020年12月12日

International Committee for Computational Linguisticsコンペティション「Int'l Workshop on Semantic Evaluation 2020」の「Task 11: Detection of Propaganda Techniques in News Articles」におけるサブタスクにおいて1位および3位獲得

  • 手法論文:Hitachi at SemEval-2020 Task 11: An Empirical Study of Pre-Trained Transformer Family for Propaganda Detection
  • 森尾 学、森下 皓文、尾崎 太亮、三好 利昇

2020年12月12日

International Committee for Computational Linguisticsコンペティション「Int'l Workshop on Semantic Evaluation 2020」の「Task 3: Graded Word Similarity in Context」におけるサブタスクにおいて1位および2位獲得

  • 手法論文:Hitachi at SemEval-2020 Task 3: Exploring the Representation Spaces of Transformers for Human Sense Word Similarity
  • 森下 皓文、森尾 学、尾崎 太亮、三好 利昇

2020年12月12日

International Committee for Computational Linguisticsコンペティション「Int'l Workshop on Semantic Evaluation 2020」の「Task 7: Assessing Humor in Edited News Headlines」における2つのサブタスクにおいて1位獲得

  • 手法論文:Hitachi at SemEval-2020 Task 7: Stacking at Scale with Heterogeneous Language Models for Humor Recognition
  • 森下 皓文、森尾 学、尾崎 太亮、三好 利昇

2020年12月12日

International Committee for Computational Linguisticsコンペティション「Int'l Workshop on Semantic Evaluation 2020」の「Task 8: Memotion Analysis - the Visuo-Lingual Metaphor!」におけるサブタスクにおいて2位獲得

  • 手法論文:Hitachi at SemEval-2020 Task 8: Simple but Effective Modality Ensemble for Meme Emotion Recognition
  • 森下 皓文、森尾 学、尾崎 太亮、三好 利昇

2020年12月12日

International Committee for Computational Linguisticsコンペティション「Int'l Workshop on Semantic Evaluation 2020」の「Task 10: Emphasis Selection for Written Text in Visual Media」において2位獲得

  • 手法論文:SemEval-2020 Task 10: Emphasis Selection for Written Text in Visual Media
  • 森尾 学、森下 皓文、尾崎 太亮、三好 利昇

2020年11月19日

The Association for Computational Linguisticsコンペティション「CoNLL 2020 shared task」の「Meaning Representation Parsing(MRP) 2020 Cross-framework track」にて1位獲得

  • 手法論文:「Hitachi at MRP 2020: Text-to-Graph-Notation Transducer」
  • 森尾 学、尾崎 太亮、森下 皓文、是枝 祐太

2020年11月19日

The Association for Computational Linguisticsコンペティション「CoNLL 2020 shared task」の「Meaning Representation Parsing(MRP) 2020 Cross-lingual track」において1位獲得

  • 手法論文:「Hitachi at MRP 2020: Text-to-Graph-Notation Transducer」
  • 森尾 学、尾崎 太亮、森下 皓文、是枝 祐太

2020年12月02日

詳細は報告待ち0

  • SemEval2020 タスク1位
  • 森下 皓文

2020年6月22日

一般社団法人人工知能学会人工知能学会 現場イノベーション賞

  • 高度な言語処理エンジンによる金融文書解析業務の自動化
  • 柳井 孝介、佐藤 美沙、十河 泰弘、増山 友基

2019年10月12日

the 16th International Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING)the 16th PACLING best paper award

  • 文分割・平易化技術の開発とPACLING 2019 Best Paper Award受賞
  • 王 夢如、尾崎 太亮、是枝 祐太、柳井 孝介

2018年11月4日

The Joint International Conference of ISCIIA & ITCA 2018 Best Presentation

  • Efficient Corpus Creation with Reduced Number of Subjects for Natural Language Understanding (自然言語理解への応用を目的とした発話者数を削減できる効率的なコーパス作成方法)
  • 嶋 和明、本橋 将敬(以上、クラリオン)、本間 健、池下 林太郎、小窪 浩明(以上、日立製作所)、大淵 康成、Jinhua SHE(以上、東京工科大学)

2018年9月7日

DICOMO2018DICOMO(マルチメディア、分散、協調とモバイル)シンポジウム2018 優秀論文賞

  • 企業品質保証活動を支援するための文書処理技術(発表番号4G-3)
  • 宇都木 契、森 一、小原 清弘、岡本 正英、清水 勇喜

2018年6月15日

人工知能学会全国大会優秀賞インタラクティブセッション発表部門

  • ディベート型人工知能によるサポート性推定に基づく反論生成
  • 佐藤 美沙、柳井 孝介、是枝 祐太、黒土 健三

2017年7月25日

人工知能学会2017年度(第31回) 人工知能学会 全国大会優秀賞 インタラクティブ発表部門

  • Neural Attention Modelを用いた観点付き評判分析
  • 柳瀬 利彦

2017年7月18日

FROST & SULLIVANFrost&Sullivan Technology Leadership Award (The Global Ultrasound Imaging Industry部門)

  • 国会会議録を用いたディベート人工知能による意見生成
  • 佐藤 美沙、柳井 孝介、柳瀬 利彦、是枝 祐太、丹羽 芳樹

著名な学会での活動

2021年2月

the Association for the Advancement of Artificial Intelligence (AAAI)2021 AAAI Conference on Artificial Intelligence

  • i-Parser: Interactive Parser Development Kit for Natural Language Processing
  • 森尾 学、尾崎 太亮、是枝 祐太、森下 皓文、三好 利昇

2020年7月

The Association for Computational LinguisticsProceedings of the 58th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics、 2020 (ACL 2020)

  • Towards Better Non-Tree Argument Mining: Proposition-Level Baffine Parsing with Task-Specific Parameterization
  • 森尾 学、尾崎 太亮、森下 皓文、是枝 祐太、柳井 孝介

論文