ページの本文へ

Hitachi

日立ストレージソリューション

オールフラッシュアレイ
オールフラッシュアレイHitachi Virtual Storage Platform 5500
Hitachi Virtual Storage Platform 5500


ハイブリッドフラッシュアレイ
ハイブリッドフラッシュアレイHitachi Virtual Storage Platform 5500H
Hitachi Virtual Storage Platform 5500H

IoTとAIの普及により、多種多様なデータから大きな価値を生み出すデジタルビジネスへのシフトが加速しています。市場環境がめまぐるしく変化する中で企業に求められるのは、蓄積したデータをすばやくビジネスに反映し、事業の安定的な成長につなげること。その一方で、ITシステムの集約化に伴い、プラットフォームの停止による事業リスクが高まってきています。

「Hitachi Virtual Storage Platform 5000シリーズ*1」は、日立がこれまで培ってきた高信頼技術を継承しながらアーキテクチャを見直し、即応性と柔軟性を強化した、これからのエンタープライズシステムのためのストレージプラットフォームです。

データ処理速度をもう一段高めてリアルタイムなデータ分析を可能にし、すばやい価値創出に貢献するとともに、長年にわたり基幹システムを支えてきた高度な信頼性に磨きをかけ、システムダウンのリスクを極限まで低減。さらに、ビジネス環境の変動に応じた柔軟なストレージ運用により、データセンターの効率化とIT投資の最適化を実現できます。

ここでは、Hitachi Virtual Storage Platform 5000シリーズの特徴を支える特許について紹介致します。

*1
Hitachi Virtual Storage Platform 5100,5500,5100H,5500H の総称です。

デジタルビジネスを加速する高性能

マルチコントローラアーキテクチャ

アーキテクチャの刷新

Hitachi Virtual Storage Platform 5000シリーズでは、変化の激しいビジネス環境への即応性を高めるため、プロセッサーの強化だけでなくアーキテクチャをいちから見直しました。複数のコントローラが新開発のインターコネクトスイッチを介して連携するマルチコントローラアーキテクチャ*2を採用。大規模並列処理による高性能とスケールアウトを実現する柔軟性を両立します。急激なアクセス変動にも安定したスループットを維持しながら、多くのワークロードの統合を可能にし、データ利活用やシステム集約を促進します。

マルチコントローラアーキテクチャ

関連特許

関連リンク

変化に対応する柔軟性

運用管理の自動化

ITインフラ環境の運用管理を自動化する「Hitachi Automation Director」

Hitachi Automation DirectorはITインフラ環境における仮想マシン作成やディスク容量など、システム構成変更にかかる運用作業を自動化します*3。これにより、運用コストの削減や安定稼働を支援します。例えば、サーバが必要とするディスク容量やデータのバックアップ先など、最小限の条件を指定するだけで、ストレージ内の負荷状況を考慮し、最適なボリュームを設定してくれます。また、VMwareやOracleなどのアプリケーションの設定まで、まとめて自動実行できるので大幅な作業時間の短縮が図れます。Hitachi Automation Directorを導入することにより、例えば、ストレージ間のバックアップ環境の構築にかかる操作数を約90%削減*4できます。

*4
日立内環境で比較・検証

Hitachi Automation Director

関連特許

関連リンク

特許に関する表記は、2020年6月現在のものです。