ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

RISE with SAPは、SAP社がコアと位置付けるERPをSAP S/4HANA® Cloudへ移行するツール、SAP S/4HANA®の拡張機能、そして、さまざまなシステムとの連携を実現するプラットフォームまで提供するクラウドサービスです。
日立は、お客さまにもRISE with SAPの標準サービスの内容をご理解いただき、自社のシステム運用スキームにSAPシステムの運用を組み込むことが、RISE with SAP導入を成功させる条件と考えます。
ここでは、RISE with SAPの特長と、日立が考える検討のポイントをご紹介します。

RISE with SAPとは

1. RISE with SAPの特長

  • ライセンス提供はサブスクリプション形式
  • インフラ基盤はSAP社が運用するマネージドクラウドが前提
  • サービス提供形態にはパブリック型とプライベート型がある

日立は、複雑な業務要件にも対応可能できるプライベート型が多くのお客さまにFitすると考え、プライベート型である「RISE with SAP S/4HANA Cloud, private edition(PCE)」の採用をご提案しています。

2. PCEインフラの考え方

●選択肢

  • SAP社データセンターのほか、AWS(*1)、Azure(*2)、GCP(*3)などのハイパースケーラーの選択が可能
  • ハイパースケーラーの基盤を選択した際も、ハイパースケーラーの提供・運用はSAP社が対応
  • インフラのスペックはサブスクリプション契約の規模に応じて、RISE with SAPのルールに従い提供

●実装

  • インフラ要件(可用性、回復性 etc)はService Level Agreementを遵守
  • 例えば、本番環境の可用性は以下のとおり
    • サービス提供時間:
      24時間×365日(定期保守(月次4時間)の合意されたダウンタイム除く)
    • 稼働率:
      インフラ基盤が起動しているだけではなく、“SAPシステムにログオンできる状態”で99.7%*を保証
      Disaster Recoveryはオプションとなり、目標復旧時間:12時間、目標復旧地点:30分で提供
*
アプリケーション、SAP HANA®、ストレージ、ネットワーク、データセンター・サーバーの各レイヤの稼働率が99.94%を前提に、サービス全体として99.7%の計算

●運用

SAPシステムのバックアップ、サービス監視、インフラ観点のセキュリティ・監査対応はSAP社で実施します。
なお、SAP社との運用作業分担はRoles and Responsibilitiesに従います。
また、SAP社が定めるバージョンアップ周期に従い、SAPシステムのバージョンアップ対応が必要となります。

3. 契約面

最小3年、最大5年のサブスクリプション契約となり、支払いは四半期単位になります。

*1
Amazon Web Services
*2
Azure:Windows Azure
*3
Google Cloud Platform

日立が考えるRISE with SAP S/4HANA Cloud, private edition(PCE)検討のポイント

インフラ運用は、PCE環境においてもすべてがSAP社の責任となるわけではありません。
以下の項目についてはお客さまにて対応する必要があり、日立はお客さま側にもSAPシステムのシステム管理者(SAPベーシス)の設定が必要と考えます。
日立が考える検討ポイントは以下3点です。日立はこの課題解決をご支援します。

1. インフラ

  • SAPシステムとの周辺システム連携の仕組みの構築
  • ジョブサーバの構築
  • クライアント端末側のクライアント配布(例えばSAP GUI)やSingle Sign On設定
  • SAP Business Technology Platformをはじめとする他のSAPクラウド製品との連携設定

2. 運用

  • 業務アプリケーション関連の監視
  • エラー対応
  • システムパフォーマンスの分析をはじめとするアプリケーション運用業務
  • 印刷トラブルシューティング
  • 移送運用(CAS(*4)で対応可能)
  • メインストリームメンテナンス終了に伴うSAPのバージョンアップ対応計画の立案または適切なライセンス種類、ライセンス数の選択

3. 契約面

契約の規模に応じてディスカウント率が高くなるため、都度サブスクリプションを買い足すよりも、ある程度規模を見越して契約するなど、コストを削減できる方法を検討

【ご参考】よくあるご質問

日立のお客さまから多くいただくご質問になります。

*4
CAS:Cloud Application Services
*5
AMS:Application Management Services
  • * SAP®、SAP S/4HANA®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP® SEの登録商標または商標です。
  • * Amazon Web Servicesは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • * Windows Azureは、米国 Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • * Google Cloud Platformは、Google LLCの商標または登録商標です。