ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

SAP S/4HANA®の導入形態は継続的に変化しており、最近増加している上流工程におけるアジャイル開発適用など、検討内容も変化しております。
日立は、あらゆるパターンのSAP S/4HANA導入プロジェクトの経験があります。Fit to Standardにこだわりたいお客さま、一部機能拡張をご希望のお客さまなど、それぞれのご要望にお応えします。

基幹業務システムにおけるコンセプトの変化

デジタル化・クラウドシフトの流れを受けて、ERPを中心とした業務システムも基本コンセプトが変化しています。SAP S/4HANA導入にあたっては、以下の変化をふまえた導入が不可欠です。

SAP S/4HANA導入方法

複数の事業を多拠点で展開する企業では、2層ERPモデルが多く選択されています。
日立は、SAP S/4HANAを経営基盤層・事業基盤層それぞれにFitする方法で導入支援し、経営情報の可視化による競争力強化を実現します。

Tier1 経営基盤層

  • 日立グループ自身が導入しているモデルを適用し、会計を中心としたグループ共通基盤を導入
  • SAP Business Technology Platformによる拡張でシンプルなユーザインタフェースや自動処理を実現

Tier2 事業基盤層

  • 事業エリア別にシステムアーキテクチャーパターンを提供し、SAP S/4HANAとクラウドサービスの組み合わせで迅速な導入や変更対応を実現
  • 複数サービス間のデータ連携や経営観点でのデータ分析基盤の導入をサポート
  • * SAP®、SAP S/4HANA®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP® SEの登録商標または商標です。