ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】伊藤忠商事株式会社

国内総合商社として初めてSAP S/4HANA®を導入
大幅な処理の高速化と業務の効率化を実現

〔2〕日立のSAP S/4HANAの検証、導入実績とユーザー企業としての経験値を評価

写真:伊藤忠商事株式会社 ■ 松 健太郎 氏
伊藤忠商事株式会社
IT企画部
全社システム室
松 健太郎 氏

*
肩書は、
取材当時のものです

そこで伊藤忠は、国内の総合商社として初めてSAP S/4HANAの導入に踏み切った。当初はデータベースのみをSAP HANAにすることも検討したが、長期運用を見据えて全面移行を決断したという。IT企画部 全社システム室の松健太郎氏は「中期情報化計画で『情報武装商社ナンバーワン』をめざすと掲げているように、当社には新たな技術に挑戦する土壌があります。2015年に1年弱かけて実施したSAP S/4HANAのフィージビリティスタディ(実行可能性調査)において手ごたえが得られたことも後押しになりました」と語る。

導入パートナーには、RFPを送付して提案を受けた中から日立製作所(以下、日立)を選定した。

「SAP S/4HANAの検証実績とグローバルでの導入実績に基づき、最も的確な提案と技術力で他社をリードしている印象を持ちました。日立グループ自身もSAP ERPのユーザー企業であり、SAP社とのパートナーシップを含め安心感がありました」(浦上氏)

特記事項

  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 本事例は、伊藤忠商事株式会社さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *SAP、SAPロゴに記載されるすべてのSAP製品およびサービス名は、SAP SEおよびその他の国における登録商標または商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット エンタープライズソリューション事業部 が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。