ページの本文へ

Hitachi

ブロックチェーン

記事・コラム

Hitachi IoT Platform Magazine

ブロックチェーンを使いこなす勘どころ、教えます

ブロックチェーンを自社のビジネスにどう結びつければよいか、わからない。いざトライしてみると、思ったような効果が出ないとお悩みの方必見!?ブロックチェーンのメリットをビジネスでしっかり得られるよう、その潜在能力を余さず引き出す勘どころを、エキスパートがお伝えします。
(講師/日立製作所 Blockchain推進部 佃 美和)

ブロックチェーンの使いこなす勘どころ、教えます 【第1回】ブロックチェーンのビジネスをイメージしよう図

第1回は、ブロックチェーンのしくみのおさらいから、導入に向けて押さえておきたい「5つの特長」、ビジネスに合わせて選べる「3つの型」について、ご紹介します。

ブロックチェーンの使いこなす勘どころ、教えます 【第2回】ブロックチェーンは魔法じゃない図

第2回は、B2Bビジネスでブロックチェーンの効果をしっかり得る為に正しく使いこなす技や、Hyperledger Fabricの具体的な適用例をご紹介します。

ブロックチェーンの使いこなす勘どころ、教えます 【第3回】ブロックチェーンを使いこなそう図

第3回は、ブロックチェーンがビジネスで威力を発揮するために、パートナーとして日立が提供するサービスと信頼性を強化する関連プロダクトについて、ご紹介します。

Realitas

ビジネス・ユースのブロックチェーンをめざして図

いまインターネットに匹敵する技術として、ブロックチェーンと呼ばれる技術が注目されている。この技術をもっとも有名にしたのはビットコイン(*1)、いわゆる暗号資産(仮想通貨)だが、その大きな特徴の一つは、第三者機関が介在して取引が成立する従来の中央集権型のスキーム取引モデルと異なる点だ。つまり、信頼性や透明性の高い「あらゆるものの記録(Ledger)」をベースに、利用者あるいは参加者間でお金や価値を直接取引することができる。本稿では、ビジネス・ユースに耐えるブロックチェーン開発に挑む日立の取り組みを紹介する。

*1
株式会社bitFlyerの登録商標

日立Webマガジン「Executive Foresight Online」

ビジネス・ユースのブロックチェーンをめざして

ビジネス・ユースのブロックチェーンをめざして 【第1回】Hyperledgerでの取り組み図

取引履歴の安全な共有により、「第三者機関経由の集中取引」から「利用者間の直接取引」(非中央集権型)へと転換し、資産の移転や清算の速やかな実行を可能にするブロックチェーン。ブロックチェーンの浸透は、金融業界のみならず、既存のビジネスを革新するとして大きな期待が寄せられている。そうした中、日立は、The Linux Foundationが進める「Hyperledger(ハイパーレジャー)」に参画するなどして、ブロックチェーンの基盤開発や標準化を推進中だ。その概要と取り組みについて紹介する。

ビジネス・ユースのブロックチェーンをめざして 【第2回】多種多様な分野での利用が始まる

現在日立は、Hyperledger(ハイパーレジャー)などでの活動を通じて、ブロックチェーンの技術課題の解決とともに、適用分野の探索に取り組んでいる。ブロックチェーン上のスマートコントラクトを活用し、小切手の決済手続きなど、暗号資産(仮想通貨)以外の実証実験も実施。さらに今後、ブロックチェーンの普及が進む分野であるサプライチェーン・マネジメントやヘルスケア分野での活用をめざす。

ビジネス・ユースのブロックチェーンをめざして 【第3回】ブロックチェーン活用を支援するサービスが始動

日立は、ブロックチェーン技術の利用環境を提供するクラウドサービス「Hitachi Blockchain PoC環境提供サービス for Hyperledger Fabric」を発表した。これにより、安価に手早く、ブロックチェーンの実証実験を行うことが可能になる。さらに、ブロックチェーン普及に向けた社内体制も強化。各ビジネスユニットのフロントが、直接、顧客と対話できる体制を整えて、新たな価値の創造に向けた顧客協創をめざす。

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会を変える 【第1回】価値の交換の新しいインフラ

仮想通貨の草分け「ビットコイン」の運用が開始されたのは2009年。日本ではビットコイン交換所「Mt.GOX」の破産により、一時はその信用が大きく揺らいだが、ビットコイン自体はこれまで一度も破たんすることなく、順調な運用が続いている。その基盤が当時まったく新しい仕組みとして注目された「ブロックチェーン」(分散型台帳技術)だ。ブロックチェーンは、運営主体がないにもかかわらず、参加者が改ざんのない記録を共有できるプラットフォームとして、現在では金融だけでなくさまざまな分野から大きな脚光を浴びている。インターネットのように、社会そのものを劇的に変えると期待されるブロックチェーン。国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの高木聡一郎氏にその仕組みと可能性について伺った。

ブロックチェーンが社会を変える 【第2回】仮想通貨を超えるさまざまな活用法

ブロックチェーンとは、「人や組織が価値(あるいは資産)の交換を行うことを実現する分散型のインフラ技術である」と、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの高木聡一郎氏は語る。そこで重要な役割を担うのが、資産に関する処理をブロックチェーン上で自動で行う「スマートコントラクト」だ。貨幣などの情報の「台帳」管理だけでなく、「コンピューティング基盤」として動き始めたブロックチェーンに関して、いままさにさまざまな機関でユースケースが検討されている。具体的な事例について、高木氏に聞いた。

ブロックチェーンが社会を変える 【第3回】仮想通貨を超えるさまざまな活用法

ブロックチェーンは、通貨の概念を変え、既存のビジネスをも大きく変えていくことになるという国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの高木聡一郎氏。これから訪れるブロックチェーン時代において、日本はいかにその進展に貢献し、グローバルに存在感を示すことができるのだろうか。また、企業や組織はどのように変化していくのか。カギを握るのは「自律分散型組織」だと、高木氏は指摘する。

日立評論

ブロックチェーンが喚起するイノベーションの胎動 高度な異業種連携を実現するプラットフォームへ図

近年,インターネットに匹敵するイノベーションとして注目されるのが,暗号資産(仮想通貨)の土台を支えるブロックチェーン技術である。この社会の仕組みを劇的に変える可能性を秘める技術が,人々の生活にどのような変革をもたらすのか。金融分野のキーパーソンが未来を展望する。

ブロックチェーンを活用した金融サービス・ビジネスモデルの創出図

金融取引の新たな基盤技術として,ブロックチェーンが注目されている。ブロックチェーンは,仲介コストの削減や取引の厳正化・透明化といったメリットがあり,金融取引の基盤として活用することにより,既存の金融サービスにおけるビジネスモデルを変革させるだけでなく,新たな金融サービス・ビジネスを創出できる可能性がある。

本稿では,ブロックチェーンの技術的な特徴を整理したうえで,金融分野への適用可能性,およびIoTや他業種との連携による新サービス・ビジネス創出の方向性と実現上の課題について述べる。今後,これらの課題解決を進め,顧客との協創による新サービス・ビジネスの早期実現をめざす。

ブロックチェーン技術の可能性と課題への取り組み図

互いに信頼のない不特定多数の利用者間での直接的な取引をセキュアに実現することにより,取引コストの削減をねらう革新技術として,ブロックチェーンが注目を浴びている。日立は,これまでミッションクリティカルシステムの構築で培ってきたセキュリティ技術や分散データ処理技術を活用し,ブロックチェーンの研究開発を推進している。本稿は,ブロックチェーンのユーザー企業とのディスカッションで特に注目が高かった課題を述べ,課題に対する日立の取り組みを概観する。Hyperledgerプロジェクトでのコミュニティ活動を通じて,ブロックチェーンの標準化基盤を開発するとともに,高信頼化機能を開発し,社会インフラに適用可能なブロックチェーンの実現をめざす。

企業向けブロックチェーンが引き起こす革命図

われわれは,異業種間でのデータや資産の交換・追跡方法が激変するのを目の当たりにしようとしている。業種間共通の分散元帳の標準化は,ビジネスプロセスを合理化するだけでなく,信頼性,取引の説明責任性,そして透明性を高めることが可能であり,われわれのビジネスの仕方を根底から改革する機会となる。分散元帳によって,価値のあるものはほぼ何であれ追跡し,取引することができ,より容易に,かつ永続的で安全に,集中管理を必要としない費用対効果の高いビジネスネットワークを構築できる。

自治体ICT 応援サイト CyberGovernment Online 読んでナットク!

ブロックチェーンの公的分野への活用図

今、ビットコインなど仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンに注目が集まっています。低コストで高セキュリティなデータベースを実現する手段として、社会のさまざまな分野への応用が期待されるからです。今回は、ブロックチェーンの特徴と公的分野への活用実現に向けた国の動向を紹介します。

デジタル・トランスフォーメーション(DX)コラム

FinTechが社会を、暮らしを変える図

ITと金融サービスを結びつけて新たなサービスを創出するFinTech。単に金融サービスの質を向上させるだけでなく、IoTやAIと結びつくことで、社会の仕組みを劇的に変える可能性があるとして、大きな注目を集めています。

日立グループは、長年にわたり銀行の基幹システムや金融サービスの開発を手がけてきた実績を踏まえ、社会イノベーション事業の中心領域の一つとして金融分野に注力してきました。近年では、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の国際共同開発プロジェクトへの参画や、米国シリコンバレーにおけるFinTech関連の研究開発組織の設立など、先進的な取り組みも始めています。

果たして、日立のFinTechによる金融イノベーションがどのような未来を描くのか。日立の二人のエキスパートがその取り組みと展望について語ります。