ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

ひたちナースのきになる日記

2021年8月19日

みなさんこんにちは!入社2年目看護師の小野寺・菊池です。
今月は私たちが勤務する腎臓病・生活習慣病センターについて紹介します。

☆外来診療について
外来診療エリアでは、腎臓内科、代謝内科、生活習慣病外来、移植外来、漢方外来、腹膜透析外来があります。看護師は、糖尿病や保存期腎不全の患者さんへの指導に力を入れています

パンピング練習中!

☆透析について
血液透析エリアでは、シャントへの穿刺や留置カテーテルのパンピングなど、他の部署ではあまり経験しない特殊な技術を扱っています。どの技術も初めて行うときは緊張しますが優しい先輩方に見守られ、たくさんアドバイスをいただいて上達しています。また、模型を使って手技を確認することができるため、練習を重ねることで自信を持って取り組むことができます。

待合室付近の廊下や受付にはガーランドやマスコットなどの装飾があります。ナースエイドさんが季節によって付け替えをしてくれていて、患者さんからも「かわいい」「癒される」と好評で、週3回の治療をしていく中での憩いになっているようです。

受付・待合室の様子

現在はコロナ禍で行事や食事会などの開催が難しいですが、スタッフ同士コミュニケーションを取りながら、仕事もプライベートも充実した日々を送っています。

ぜひ、私たちと一緒に
腎臓病・生活習慣病センターで働きましょう!!!!!



担当:小野寺・菊池

2021年7月29日

1号棟4階病棟

こんにちは。今月は1号棟4階病棟の紹介をさせていただきます。1号棟4階病棟は、血液腫瘍内科33床・神経内科3床の病棟です。患者さんは主に白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の患者さんが多く、化学療法を中心とした治療を行っています。また末梢血幹細胞移植、骨髄移植なども行っています。
病棟はみんな仲良く、声をかけ合いながら協力して仕事をしており、活気があります。毎日、患者さんとの関わりについてのカンファレンスを行い「患者の心に寄り添った看護」と、誰かが困っていればお互い助け合う、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」をモットーに仕事をしています!!

病棟の様子

2021年6月24日

新人導入研修について紹介します

2021年度は看護師41名(新卒38名・経験者3名)が入社しました。
新型コロナ感染症対策の関係上、新人看護師は学生時代に臨床実習の時間が、例年に比べ確保しにくい状況でした。そのため、導入研修の段階から経験と知識を結びつける目的で、早期から各部署でのシャドーイングを取り入れました。また、集合研修もバイタルサインや移乗の実習など基礎看護技術を行いました。

研修目的

今年度は、eラーニングも取り入れながら、視覚での学びも深めました。また、感染予防のため、手指の消毒をしっかり行い、グループワークや演習など、より実践に近づけるような研修も行いました。導入研修の間は同期と一緒に過ごすことで交友が深まり、技術や知識を習得しようと真剣に取り組んだことで笑顔も多くみられました。

新型コロナ感染症対策を行いながら、集合研修は1年間を通して行う予定です。この1年での学びはとても大きく、初心を忘れず、「看護師として」「社会人として」一人ひとりの成長を心から願っています。

看護教育分科会  新人教育担当  岡部みさほ