ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

冷蔵庫

これまでに培ってきたモノづくりの力とデジタル技術で、優れた省エネルギー性能を実現。

環境課題解決への貢献

家庭部門のエネルギー消費の抑制に貢献

家庭部門においては、省エネルギー性にすぐれた家電製品の選定が重要です。特に、家電の中でも24時間365日働き続ける冷蔵庫の消費電力は大きいため、冷蔵庫の省エネルギー化は、家庭のエネルギー消費量削減に大きな効果が期待できます。

家庭における機器別消費電力量の割合 冷蔵庫は全体の14.2%個別ではトップ
  • 出典: 資源エネルギー庁 平成21年度 民生部門エネルギー消費実態調査および機器の使用に関する補足調査より日本エネルギー経済研究所が試算

主な環境技術

日立は、省エネルギー性能や低騒音などの基本性能に加えて、各国・地域の使用環境や顧客ニーズに対応した付加価値の高い製品を開発しています。

フロストリサイクル冷却

コンプレッサーを止めて、運転時に冷却器に付着する霜 (フロスト) の力で冷蔵室・野菜室を冷却。霜の温度が上昇することによる霜取り時間の短縮も行い、消費電力を低減。

年間消費電力量の比較

ノンフロンウレタン断熱材/ノンフロン冷媒

真空断熱材以外の断熱部分には、ノンフロン断熱発泡ガス (シクロペンタン) を使用した硬質ウレタン断熱材を発泡剤に採用。冷媒は、代替フロンに比べ地球温暖化への影響が少ないノンフロン冷媒 (R600a) を採用しています。

マルチバルブ制御

冷却重視と省エネルギー性重視の2種の冷却流路を運転状況に応じて切り替える独自技術により、効率の良い冷却運転で消費電力を抑制します。

大容量冷蔵庫「真空チルド」R-WX6700G