ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

エレベーター・エスカレーター

LED照明のほか、利用状況によって
減速制御する機能など、きめ細かな配慮で
省エネルギーに貢献しています。

環境課題解決への貢献

都市化に伴い増大する建築物のエネルギー消費量の抑制に貢献

世界的に都市化が進むとともに、都市に人口が集中し、建物が高層化・大規模化しています。2050年には世界人口は約97億人、都市部居住割合は約68%になるという予測もあります。そのような中、都市生活に不可欠な存在であるエレベーター・エスカレーターのエネルギー使用量削減は重要な課題です。

都市部居住率の予測

主な環境技術

日立のエレベーター・エスカレーターは、省エネルギー性能を基本仕様としています。そして、「人」を起点にした「HUMAN FRIENDLY (ヒューマン フレンドリー ) for Hitachi Elevators/Escalators」をコンセプトに掲げ、「人の行動に寄り添う製品やサービス」の提供をグローバルに進めています。

● エレベーター

LED天井照明

省エネルギー性能向上と照明の長寿命化を実現しています。

LED天井照明

省エネルギー仕様

電子機器や巻上機のブレーキの効率化を図ることで消費電力量を約5%削減*2します。

回生システム

エレベーターの運転状況により発生する回生電力を建物内の照明・空調等で有効利用。エレベーターの消費電力量を最大約30%削減*3します。

● エスカレーター

欄干照明のLED化・自動消灯システム

利用者不在時に欄干照明などを自動的に消灯し、さらにLED照明を使用することで消費電力量を約73%削減*4します。

エコモード運転

インバーター負荷情報から乗客負荷を検出。少人数時の減速制御により約821kWh/年*5の電力使用量を削減します。

エコモード運転

無人時微速運転

一定時間センサーが利用者を検知しない場合に減速。 約1,970kWh/年の電力使用量を削減します。

自動運転システム

センサーが利用者を検知して自動で起動、無人時には運転停止することで空運転を低減します。約3,612kWh/年の電力使用量を削減*5できます。

*2
2012年発売の日立標準型エレベーター「アーバンエース」との比較。通常運転における効果 (日立ビルシステム調べ)。
*3
通常運転における効果 (日立ビルシステム調べ)。いずれも効果は使用状況によって変動。
*4
従来機種MXシリーズ対比。消灯時間は、無人時微速運転の省エネルギー運転時間と同じく6時間として算出
*5
従来機種MXシリーズ対比。効果算出機種はS1000型 (照明無し) とし、階高5m、1日13時間の運転として設定。各省エネルギー運転の実施時間は2010年のVXシリーズ稼動実績から設定