ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

車載用カメラ廃製品のグループ内循環

日立Astemo
2020年度

日立Astemoでは自動車部品および輸送用ならびに産業機械機器・システムの開発、製造、販売、サービスを行っています。従来、廃製品となった車載用カメラは粉砕・自動選別の後、第三者によるマテリアルリサイクルおよびサーマルリカバーを実施していました。この度、日立Astemo佐和工場・日立Astemoハイキャスト岩手工場・日和サービスの3工場が連携し、手作業による製品分解の後、アルミニウム・鉄・複合金属物・基板類への選別を行い、アルミニウムは車載用カメラのベース部品をつくる材料として再利用するグループ内循環を実現しました。

この取り組みにより、2020年度は20トンのアルミニウム材料を循環利用するとともに、産業廃棄物発生量の削減に貢献することができました。また、一般社団法人産業環境管理協会主催の資源循環技術・システム表彰(2020年度)において「会長賞及びコラボレーション賞」を受賞しました。

車載用カメラ:自動車前方の車間距離や取得した画像を使い自動ブレーキや白線認識などの運転支援に活用される製品


リサイクル工程概要
リサイクル工程概要
車載用カメラ
車載用カメラ