ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

SORT Version9は、次の機能で構成されています。

ソート機能

データを昇順または降順に並び替えます。
並び替えは、データ中の任意の文字または数値をキーとします。

ソート機能

マージ機能

複数ファイルのデータをひとつのファイルに併合します。
併合は、データ中の文字または数値をキーとします。

マージ機能

レコード選択機能

選択条件に合ったレコードを抽出します。
選択は、選択する内容に合った項目を比較項目とします。

レコード選択機能:条件にあったレコード抽出

レコード集約機能

複数のレコードをひとつに併合し、指定した項目の値を合計します。
集約は、データ中の文字または数値をキーとします。

レコード集約機能



また、SORT Version9は、次の便利な機能もご利用になれます。

便利な機能

EBCDIKコードキー比較機能

データ中のJIS8単位コードをEBCDIKコード体系に従ってキーを比較します。
ホストからの移行の場合に便利です。

文字の「1」と「A」を比較する場合

  • EBCDIKコードキー比較機能なしの場合==>「1」>「A」
  • EBCDIKコードキー比較機能ありの場合==>「1」<「A」

EBCDIKコードキー比較機能

数値項目のbig endian操作機能

Windows、Linuxでは数値をlittle endian形式で扱います。
big endian形式の計算機(例えばHP-UX)からデータをWindowsまたは、Linuxに移行した場合、正しく数値が扱われません。
移行したデータの数値項目をキーに指定する場合、big endian形式の数値項目を正しく扱うことができます。

数値0x12345678の4バイトのデータの場合、big endianとlittle endianでは次のようになります。

数値項目のbig endian操作機能
HP−UX、AIXでの数値項目 Linux、Windowsでの数値項目
big endian little endian
12 34 56 78 78 56 34 12

数値項目のbig endian操作機能

重複レコードの入力順序保存機能

ソートキーの内容が同じレコードのソート結果を、入力した順に並べます。

重複レコードの入力順序保存機能