ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

PDEオープンタイプでは、次の機能を提供しています。これらの機能を使用することによって、これまでメインフレーム環境で実行していた帳票印刷業務をオープン環境で構築できます。

PDEオープンタイプの製品構成、適用例については、次のページをご覧ください。

ページプリンタへの出力

  • オープン環境の業務プログラムが出力したデータに、書式オーバレイ、FCB、デフォルト機能キャラクタを適用できます。
  • 外字を使用しないで各種バーコードを印刷できます。
  • メインフレームからの出力帳票と同等の文字間隔(半角より幅の広い1バイト文字(CPI文字))で印刷できます。
  • プレプリント用紙(文字や罫線、地模様、裏面の約款なども含む)を画像化したファイルを背景にして印刷でき、専用用紙を削減できます。 NEW
  • ジョブ単位に出力プリンタを指定できます。
  • 印刷データの特定位置の内容(支店名やページ番号など)によって、帳票を分割してセパレータを挿入できます。

インパクトプリンタへの出力

  • オープン環境の業務プログラムが出力したデータに、FCBやデフォルト機能キャラクタを適用できます。
  • ジョブ単位に出力プリンタを指定できます。

プリンタ機種や帳票の仕分け、リカバリ印刷などについては、新規ウィンドウを表示日立プリンティングソリューションを参照ください。

PDFへの出力

  • オープン環境の業務プログラムが出力したデータに、書式オーバレイ、FCB、デフォルト機能キャラクタを適用できます。
  • 外字を使用しないで各種バーコードを出力できます。
  • メインフレームからの出力帳票と同等の文字間隔(半角より幅の広い1バイト文字(CPI文字))で出力できます。
  • プレプリント用紙(文字や罫線、地模様、裏面の約款なども含む)を画像化したファイルを背景に指定して、プレプリント帳票を用紙ごと電子化できます。 NEW
  • ジョブ単位に出力先を指定できます。
  • 印刷データの特定位置の内容(支店名やページ番号など)によって、帳票を異なるフォルダに分類して格納できます。
  • PDFファイルを参照するためのアクセス制御情報(パスワードなど)を設定できます。
  • 長期保存、印刷に利用したいなど、用途に適した形式でPDFを生成できます。
    (PDF/AやPDF/Xへの対応、両面印刷向けにとじ位置調整や空白ページ挿入)

FAX送信ソフトとの連携

拡張ファイル監視機能(同時実行)

  • 業務プログラムから出力されたデータの着信を、複数の監視サービスにて監視を行い、異なる出力先(オープンプリンタ、PDF)へ同時に出力できます。
  • 使用するPDE for Openの環境設定を監視サービスごとに変更することができます。
    プリンタ障害時に出力先を変更したり、本番用と開発用など用途に応じた運用の切り替えが容易になります。NEW
  • 特定の帳票を優先して出力できます。

拡張ファイル監視機能

インパクトプリンタ帳票の分割出力機能

  • インパクトプリンタ帳票(ESC/P)を分割して、複数台のインパクトプリンタへ同時に出力できます。
    これにより高速インパクトプリンタから低速インパクトプリンタへの切り替えや、印刷時間の短縮を支援します。
  • プリント運用管理ツール新規ウィンドウを表示日立 プリンタマネージャと連携して、印刷状況の確認や障害が発生した場合のリカバリ印刷ができます。
  • サーポトしているプリンタ機種はお問合せください。

インパクトプリンタ帳票の分割出力機能

対話操作によって、次の機能を実現します。

書式オーバレイ定義・生成機能

書式オーバレイを設計できます(書式オーバレイ定義データを作成)。
また、書式オーバレイ定義データから、PDEの変換で参照する書式オーバレイを生成できます。

FCB定義機能

用紙サイズ、両面指定、行データの配置方法を定義できます。

デフォルト機能キャラクタ定義機能

行データの印刷で適用する文字サイズや書体などの初期値を定義できます。

  • * PRINT DATA EXCHANGEをPDEと記載することがあります。

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示