ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

タイトルとURLをコピー

キーワード:業務効率化、運用負荷軽減、自動化、スピードアップ、運用品質向上

自動化で運用負荷軽減、スピードアップ、作業品質向上を実現

ITシステムの高度化・複雑化によって運用作業が増加する中、ビジネス部門からはスピーディな対応を求められ、システム管理者の負荷はますます高まっています。さまざまな作業を手作業で実施している状況では、ミスが多発したり、対応できるスキルを持つ人が限られたりするため、作業時間の増加や作業遅延が発生しがちです。
このソリューションでは、バックアップなどの日々の運用作業、機器の設定変更や障害発生時の復旧作業など、システム運用におけるさまざまな作業を自動化することで、運用負荷を軽減し、スピードアップや作業品質向上を実現します。

自動化で運用負荷軽減、スピードアップ、作業品質向上を実現

システム運用業務を分析・診断し効率化・自動化を支援

システム運用業務の自動化可否や工数・効果を分析・診断し、ツールを活用した自動化の実現方法を提示することで、業務自動化の推進を支援します。

仮想環境の運用を自動化し運用負荷を軽減

仮想マシンの作成や運用に関わる一連の作業を自動化することで、作業のスピードアップと、仮想環境の運用負荷を軽減し、利用部門の要求に迅速に応えることができるようにします。

Ansibleを活用した運用自動化における実行管理やバージョン管理を容易化

複数のAnsible Playbookをつなげて一連の作業として容易に実行できるようにします。また、Ansible Playbookの実行管理やバージョン管理を容易にすることで、大規模・複雑化するシステムにおける運用自動化のさらなる効率化と品質向上を支援します。

脆弱性対策に欠かせないサーバへのパッチ適用作業を効率化

パッチ適用に関わる一連の作業を自動化し、サーバへのパッチ適用作業を効率化します。多数のサーバにもパッチの適用を徹底し、セキュリティリスクを低減できます。

セキュリティ更新プログラムの適用・管理を効率化

組織内に多数あるPCへのセキュリティ更新プログラムの適用を自動化し、適用状況の把握を容易にすることにより、セキュリティ更新プログラムの適用漏れを防止します。

Windows 10機能更新プログラムの適用・管理を効率化

Windows 10の機能更新プログラムの適用を計画的に実施できるようにすることで、確実なOS機能アップデート対応とシステム安定稼働の両立を支援します。

障害や災害発生時のダウンタイムを削減

「日々行うデータのバックアップ」などの定常的に欠かせない作業や「システム障害や災害発生時のシステム復旧」といった、緊急を要するが慣れていない作業を自動化することで、効率的なバックアップ運用とダウンタイムの削減を実現します。

マルウェア感染からのデータ保護を実現

外部媒体へのバックアップの定期実行、複数世代のバックアップの管理、感染時のバックアップ停止や保管済みデータの保護、感染前データを利用した復旧など、マルウェアの感染リスクに備えた運用の自動化で重要データを守ります。

ネットワーク機器の設定変更の手間を削減

機種ごとに手順が異なる、高度な専門知識が必要など、多種多様なネットワーク機器の設定変更作業を自動化し、設定変更時の事前準備や変更作業の手間を大幅に削減できます。

マルウェア拡散防止の迅速化

AIを用いて、トラフィックの「いつもと違う」「怪しい動き」を素早く検知し、管理者への自動通報と危険なポートの自動遮断により、マルウェアの拡散防止を迅速に行えます。

システム変更作業の自動化で、作業ミスによるトラブルを防止

変更申請書の内容を読み込んで、業務システムに自動反映することで、ビジネスに大きく影響する業務システムの変更作業を、作業ミスなく迅速に行えます。

カタログ・資料