ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

タイトルとURLをコピー

キーワード:業務効率化、運用負荷軽減、自動化、スピードアップ、運用品質向上

業務内容の実態把握・分析・診断で、業務の効率化・自動化の取り組みを支援

「どの業務を自動化できるかわからない」「業務の実態把握に時間がかかる」「期待する効果を出せるかどうかわからない」といった課題が障壁となり、自動化の検討がなかなか進んでいないといったことはないでしょうか。
このソリューションでは、手順書や自動的に記録した作業内容から、作業ごとに「自動化できるか」「自動化にどのくらいの工数がかかるか」「自動化の効果はどの程度期待できるか」を分析・診断し、自動化する場合の留意点や実現方法を提示します。提示する診断結果から作業ごとの自動化可否や具体的な検討事項、自動化に要する工数の大小が明確になり、自動化する業務の優先順位や進め方の判断材料として活用することで、業務の効率化・自動化を推進できます。

日立からお客さまへのヒアリング,定型業務の自動化,診断レポート

このようなことでお悩みの方におすすめです

  • 業務内容のヒアリングが難しい、業務の実態把握に時間がかかる
  • どのような業務を自動化できるか、自動化の効果が期待できるか、判断がつかない
  • どのような自動化手段が有効か、自動化の具体的な方法がわからない

このソリューションを実現する製品・サービス

JP1/IT Process Operations

業務の作業内容や作業時間を記録して可視化し、業務実態の定量的な把握と簡易的な手順書作成を容易にします。

テクニカルサービス

業務の作業内容や手順などを可視化・分析して自動化診断レポートを提供し、業務を効率化・自動化する実現方法を提示します。

カタログ・資料

*
Excel は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

おすすめのソリューション