ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

クラウドサービスでシステム運用の効率化と安定稼働を実現

One PlatformでITシステムとオペレーションを統合的に管理するSaaS型のサービスです。
ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境で複雑化・多様化したシステムにおける業務運用を自動化し、さまざまなデータとその関係性やナレッジを統合的に管理して運用全体の共通化を進めることで、人に依存しないIT運用の実現をめざします。

クラウドサービスでシステム運用の効率化と安定稼働を実現

特長

1

システム運用の最適化

ハイブリッドやマルチクラウドなどの複雑化・多様化したシステム横断の運用最適化を容易に実現できます。

2

便利なSaaS型

環境構築、メンテナンスなどは日立側で実施。安心してお使いいただけます。

3

豊富な運用ノウハウ

高信頼・高効率なシステムの運用を長年にわたり支えてきた日立の技術やノウハウを活用できます。

サービス内容

運用管理プラットフォーム

運用管理プラットフォーム

オンプレミスやマルチクラウド環境で行う業務全体を計画どおりに実行し、システム全体を俯瞰(ふかん)して監視することで、業務の効率化と安定稼働を実現します。

  • ジョブ管理プラットフォーム
    JP1/Automatic Job Management System 3 - Managerの機能をSaaSで提供
  • 統合管理プラットフォーム
    JP1/Integrated Management 2 - Managerの機能をSaaSで提供

ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境にあるシステムごとにサイロ化した運用を統合 JP1 Cloud Service/Operations Integration
紹介ムービー

運用統合プラットフォーム Operations Integration(Ops I)

システムごとにサイロ化したIT運用を統合し、システム横断で運用作業全体の標準化と運用要員の共有化を促進、運用全体を統制することで、進化し続けるシステム全体の効率向上と品質確保の両立を実現します。

ジョブ運用データ分析サービス
紹介ムービー

ジョブ運用データ分析サービス

ジョブの運用データを自動収集・蓄積して分析・評価し、ジョブ運用の健全性や保守性を可視化して改善を支援することで、柔軟で安定したジョブ運用を実現します。

  • 対象サービス・製品:
    ジョブ管理プラットフォーム
    ジョブ管理 JP1/Automatic Job Management System 3

JP1 Cloud Service Certified(認定サービス・製品)

JP1 Cloud Serviceを利用した運用サービスや、JP1 Cloud Serviceと連携し、お客さまに付加価値を提供するサービスや製品を紹介しています。

カタログ・資料

関連リンク