本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ EP8000シリーズ

製品

ハードウェア

最新のPower10プロセッサを搭載したハイエンドモデルをラインアップに追加

<2021年10月>
最新のPower10プロセッサを搭載した、ハイエンドモデル「EP8000 E1080」をラインアップに追加しました。
EP8000シリーズは、小規模業務から大規模業務および基幹業務まで、多様なニーズに応えるモデルを揃えています。

ハードウェア一覧
ラックマウント型
エントリーモデル ハイエンドモデル
S914
Power9(2.3(max 3.8)/2.8(max 3.8)GHz、6/8コア、ラックマウント(4U))
スケールアウトによるシステム拡張に適したエントリーサーバ
S924
Power9(3.4(max 3.9)/3.5(max 3.9)/3.8(max 4.0)GHz、8/10/16/20/24コア、ラックマウント(4U))
上位クラスに迫る高い性能を備えたエントリーサーバ
E1080
Power10(3.65(max 3.90)GHz、16〜160コア、ラックマウント(5U/10U/15U/20U))
最大160コアの最新鋭プロセッサで優れた処理性能を実現するハイエンドサーバ
E980
Power9(3.9(max 4.0)/3.55(max 3.9)GHz、8〜128/12〜192コア、ラックマウント(5U/10U/15U/20U))
最大192コアの最新鋭プロセッサで優れた処理性能を実現するハイエンドサーバ
ハードウェア一覧
タワー型
S914
Power9(2.3(max 3.8)GHz、6コア、タワー)
高い性能と優れた拡張性を備えた6コアエントリーサーバ

従来モデル

画像:従来モデル

従来モデルの仕様やサポートの状況をご覧いただけます。

主要ストレージ製品

画像:主要ストレージ製品

多様なシステムニーズにこたえる豊富な高信頼ストレージ製品群

回線切替装置・回線アダプタ

画像:回線切替装置

専用線や公衆回線などのレガシー回線への接続
回線切替装置による可用性の向上

ソフトウェア

画像:ソフトウェア

最新UNIX OSと多彩なオープンミドルウェアでシステムを構築

Power10プロセッサ

画像:Power10プロセッサ

1チップに15コアを搭載した超高性能の最新プロセッサ

Power9プロセッサ

画像:Power9プロセッサ

1チップに12コアを搭載した高性能プロセッサ

Power8プロセッサ

画像:Power8プロセッサ

1チップに12コアを搭載した高性能プロセッサ

Power7プロセッサ

画像:Power7プロセッサ

1チップに8コアを搭載した高性能プロセッサ

Power6プロセッサ

画像:Power6プロセッサ

性能および信頼性に優れたPower6プロセッサ

仮想化機能

画像:仮想化機能

資源を有効活用し、運用効率を高める仮想化機能

卓越した高信頼性、高可用性機能をサポート

エラーの検出、訂正によるメモリーデータ保全

CPUにはレベル1キャッシュ、レベル2キャッシュ、レベル3キャッシュ、メモリーにはECC 機能を装備し、1ビットエラーの訂正、2ビットエラーの検出が可能です。また、ハードウェアがバックグラウンドでメモリーの読み出しを実行し、訂正可能なエラーの有無をチェック。これにより、1ビットエラーを事前に訂正、2ビットエラーの発生を未然に防ぐことができます。

ECC:Error Check and Correct

可用性を確保する動的プロセッサ切り離し機能

プロセッサあるいはレベル2 キャッシュのエラーが一定回数を超えると、そのプロセッサを停止し、実行されていた処理は他のプロセッサに割り当てられます。また、次回リブート時には当該プロセッサを構成から自動的に外します。

高信頼性と高可用性を追求したハードウェア

電源および冷却ファンは冗長構成となっており、ホットスワップが可能です。また、PCIスロットはPCI-X準拠またはPCI Express準拠でホットスワップに対応しており、PCIアダプタをシステムの電源を落とすことなく、追加・交換することができます。

PCI:Peripheral Component Interconnect

プロセッサ障害を回避する命令リトライ・リカバリ機能

Power10/Power9/Power8/Power7/Power6プロセッサには、プロセッサの内部状態を毎サイクル保存するリカバリユニットを実装しています。このユニットにより、プロセッサの内部状態に異常が生じたとき、すぐに異常前の状態に復帰させることができます。一時的な障害であれば命令の再実行によって障害は消滅します。また、ハード的な障害であったときには、他のプロセッサに処理を移行してそのまま動作を継続します。この機能により、プロセッサ障害による動作停止のほとんどを防ぐことができます。