ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

データサイエンティストのトップ人財を結集した「Lumada Data Science Lab.」を設立

データ利活用の技術やノウハウを集約し、研究開発と事業のスパイラルアップのサイクルを構築してLumada事業拡大を推進

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2020年3月30日

タイトル

データサイエンティストのトップ人財を結集した「Lumada Data Science Lab.」を設立

リリース文抜粋


株式会社日立製作所は、このたび、データサイエンティストのトップ人財として、AI・データアナリティクス分野の研究者や高度なデータサイエンスと技術の業務適用に不可欠なOT(Operational Technology)の深い知見を有するエンジニア・コンサルタントなど約100名を結集し、個々のスキルと知見を生かしてコラボレーションする新組織「Lumada*1 Data Science Lab.」(以下、データサイエンスラボ)を、4月1日付で中央研究所の「協創の森」*2に設立します。データサイエンスラボでは、データサイエンティストが、柔軟な発想で技術と業務をマッチングし、スピーディーに検証することで、より複雑で高度なお客さまの課題にも応える新たなサービスや技術を創出していきます。
  また、協創の森に集まる世界中の先進的なお客さまやパートナー、大学などの外部の多様な知見を取り入れながら、オープンイノベーションによるさらなるサービス価値の向上を図ります。
  データサイエンスラボの設立により、AI・データアナリティクス分野の研究開発と事業のスパイラルアップのサイクルを構築するとともに、データ利活用の実践の取り組みを通じたデータサイエンティストのトップ人財の育成も行い、2021年度までに200名規模に人員を拡大していきます。

*1
お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション・サービス・テクノロジーの総称。
*2
東京都国分寺にある日立製作所の中央研究所内にある、イノベーション創出の協創拠点。

  • ページの先頭へ