ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

研究領域デジタルテクノロジー

データから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速

データサイエンス、メディア処理、人工知能、サービスコンピューティング、
コンピューティングアーキテクチャなどのデジタルテクノロジーの研究開発を通じて、
安全かつ効率的な社会インフラを構築することで、社会イノベーション事業の拡大に貢献します。

技術基盤

  • データサイエンス

    最先端のデータ利活用技術、AI活用技術を駆使することで、データから意味のある重要な情報を見出します。得られた情報を活用して、さまざまな課題を解決することで、社会に価値をもたらします。

    中核技術

    • サイバーフィジカルシステム
    • データエンジニアリング
    • データマネージメント
  • メディア処理

    映像処理、音声処理、言語処理のメディア処理技術を通して、フィジカル空間とサイバー空間をつなぎ、人のサポート・能力拡張をすることで、安心・安全で快適な社会を実現します。

    中核技術

    • 映像解析
    • 音声対話
    • 自然言語処理
    • 機械学習基盤
    • 映像監視システム、工場作業解析システム
  • AI (人工知能)

    人の尊厳を尊重し多様性を認める、人に優しい人工知能で、すべての人が幸せになれる持続可能な社会を支えます。

    中核技術

    • 説明可能AI - 使う人に優しい
    • 高信頼AI - 生活する人と社会に優しい
    • Collabotics (ロボット協調) - 働く人に優しい
    • AI ポータル - 開発する人に優しい
  • サービスコンピューティング

    オープンイノベーションエコシステムの実現に向け、さまざまな業種ソリューションのサービス化と、サービスのライフサイクル管理を支援します。

    中核技術

    • サービス創生・設計
    • ソリューション迅速開発
    • AI活用運用管理(AIOps)
    • サービス連携
  • コンピューティングアーキテクチャ

    AIやビッグデータ分析の進展により急増するデータを、効率的に格納・処理する先進のデータストレージ・コンピューティングを実現します。

    中核技術

    • フラッシュストレージ
    • ソフトウェア定義ストレージ
    • ファイル/コンテンツストレージ
    • 脳着想コンピューティング