ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年4月7日

タイトル

高速鉄道車両や欧州向け鉄道車両の開発強化に向けた風洞設備を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、高速鉄道車両の騒音低減や、欧州向け鉄道車両の強風に対する安全性向上を目的とした風洞設備を開発しました。

本風洞設備は、車両の走行によって発生する気流を再現し、その気流から発生する騒音を予測するものです。今回、気流を作り出す送風機から気流の吐出口に至る流路の長さを従来の約2倍に伸ばし、傾斜部分の角度を緩やかにすることにより、気流の最大速度を従来の時速180 kmから時速420 kmまで高速にすることが可能になりました。これにより、高速鉄道が最高速度で走行する際に発生させる気流の状態に近づかせることができ、走行により発生する騒音を高精度に予測することが可能になりました。

また、本風洞設備は、欧州規格EN14067-6*で定められている車両の安全性評価仕様に準拠した機能も有しており、欧州向けの車両開発に必要な強風に対する車両安全性の事前検証が可能となりました。日立は本設備を活用し、より安全・快適な鉄道車両開発を推進します。

開発した風洞設備の外観:測定室(無響室)内

*
EN14067-6 : 鉄道車両における、横風評価のための試験手順および要求事項を定義。風洞実験における、車両模型の製作および設置方法、また風洞設備で発生させる気流の質(均質性や乱れ)に対する制限値等を定義している。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ