ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、科学技術振興機構、内閣府と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2018年9月3日 株式会社日立製作所、科学技術振興機構(JST)、内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

タイトル

高レベル放射性廃棄物からジルコニウムを効率良く回収する技術を開発

リリース文抜粋


ジルコニウム回収プロセス

日立は、原子力発電所の使用済原子燃料を再処理する際に発生する高レベル放射性廃棄物の中から、資源として有用なジルコニウムを90%以上の効率で回収する技術を開発しました。

本研究は、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化」の一環として実施しました。本プログラムでは、長寿命核分裂生成物(LLFP)を短寿命核種もしくは安定核種に核変換することにより放射能を減らす方法の開発も進められており、本技術と組み合わせることで、LLFPの低減と有用資源であるジルコニウムの回収が可能となります。

今後、実際の高レベル廃液を用いた試験などを通じて、技術の確立と実用化をめざし、高レベル廃液の放射能低減と資源の有効利用の実現に貢献します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年9月4日
  • モーニングスター
2018年9月5日
  • ページの先頭へ