ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】株式会社クレハ

日立のSAP®システムテンプレート「HITRY/Global」で 海外の業務システム標準化をスピーディに展開

〔3〕海外展開を最小の期間とコストで実現

日立が提案したSAPシステムテンプレート 「HITRY/Global」は、SAP® Best Practicesをベースに、より実務的な業務プロセスに対応する「Point 5 Solutions」や利用頻度の高い業務プロセスを整備した「Additional Solutions」、各国固有の要件や法定帳票などをまとめた「Country Requirement」などの機能を組み合わせることで、エンタープライズ企業のSAP® ERPグローバル展開を最小限の工数とコストで実現するソリューションです。
日立はこのテンプレートに、クレハがSAP® ERPの国内運用で蓄積した業務仕様とノウハウ、新たに整備された標準化仕様を効果的に取り込むことで、最初の展開先となった中国新拠点(販社)のシステムを実質わずか2か月でカットオーバー。その後も中国で1社(製造会社)、ベトナムで1社(製造会社)のロールアウトを急ピッチで展開し、現在は欧州グループと米国グループのシステム開発を進めています。
「各国で事業展開する際の税務や法律面での事前調査と対応、現地スタッフの操作トレーニングや運用上の問題点の集約なども、すべて日立さんにお任せしています。われわれ日本の情報システム部だけでは現地対応までとても手が回りませんので、これは本当に助かります」と須賀氏は話します。海外システムの運用・保守については日立の「グローバルAMOサービス for SAP® Solutions」が採用されており、インフラとアプリケーション双方へのワンストップ対応でシステム稼働率の向上に大きく貢献しています。

特記事項

  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 産業ソリューション事業部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。