ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

日立のSAPシステム運用・保守サービス 「日立 AMO(*) サービス」は、数々のシステム運用ノウハウをべースに、専門のSAPコンサルタントが運用保守、障害対応、お問い合わせ対応はもちろん、アドオンの仕様変更や追加開発、バージョンアップや総合システム診断まで、幅広い運用管理アウトソーシングサービスを提供します。
これにより、お客さまのSAPシステム運用維持コストを低減し、コア業務へのリソースの集中を実現いたします。

*
AMO:Application Management Outsourcing

日立AMOサービスの概要

■ 国内外同様の運用保守サービス提供を実現

日立AMOサービスは、お客さまのグローバル拠点に対して、国内と同様のSAPの運用保守サービスを提供いたします。
ITILに準拠したSAPアプリケーション運用サポートを、シェアリングメンバが日本及びインドからリモートで実施。日本の日立AMOセンターを中心としたサービス体制で、日立グループが一体となり世界各地域に最適のサービスを提供いたします。

■ 構築・運用両面での豊富な経験による高品質低コストのサービス

日立は国内で最も早い1997年にAMOをビジネス化し、これまで蓄積したSAPシステムの運用・保守ノウハウに関しては、他社の追随を許しません。日立は運用だけでなく国内有数のSAP導入ベンダでもあり、導入と運用の経験を併せ持つコンサルタントが、お客さまの保守・運用を安心・確実にリーディングします。

構築・運用両面での豊富な経験による高品質低コストのサービス

1.運用保守における顧客作業を熟知したリーディング

  • 導入・運用経験を持つコンサルタントが円滑な運用のための知見を提供
  • 具体的かつ効率的な計画策定をリーディング

2.継続的な改善による保守品質向上とコストの適正化

  • 運用品質のKPI策定とPDCAサイクル実施による保守・運用の効率化、コストの適正化
  • 対応作業の中間成果をナレッジ化することによる保守・運用品質の改善

3.貴社の安心を約束する万全の体制

  • 組織による運用・保守対応により、「安心」のサービスを実現
  • SAP AMOマイスター制度による運用品質とカスタマーサービスの向上

■ PDCAサイクルによる継続的な運用改善

運用・保守サービスは、品質の維持・向上と継続的な費用抑制が求められます。日立AMOでは作業実態を定量的に把握・分析し、課題の見える化、改善ポイントの共有を行ないます。継続的な運用改善活動を行なうことで、保守運用費用や効率・品質の最適化が可能です。

PDCAサイクルによる継続的な運用改

  • 保守品質の向上
    • 保守における目標値(KPI値)の設定
    • 運用ドキュメント(対応手順書等)の整備
    • 障害件数、事例より課題の見える化と対策の検討
  • コスト適正化
    • コスト削減における目標値(KPI値)の設定
    • 運用プロセスの改善
    • システム改善(自動化への取組)

日立AMOサービスの強み

■ 国内トップレベルの運用実績(79社)があり、製造業におけるノウハウが豊富

 業種共通の他社事例のみならず、製造業様に特化した他社事例をご提供することが可能です。

■ 15年以上に渡るSAP運用保守で培ったノウハウで、満足度の高いサービスを提供

 50%以上が契約期間5年超のお客さまであり長期にわたり高い評価をいただいております。

■ 他社が導入したシステムも確実に引き継ぎ運用も可能

 日立AMOサービス運用実績のうち、約30%が他社からの引継ぎ案件となり、引継ぎをスムーズに進める運用準備方法論を持っています。

■ 日立におけるプロジェクトを経験したメンバのノウハウを活用し、お客さまを支援

 日立におけるプロジェクトを経験したメンバのノウハウを活用し、お客さまをご支援します。

■ 豊富なグローバルERP導入経験を活かしグローバルでSAP AMOサービスを提供

 日本でのサービスレベルを維持しつつ、お客さま海外拠点におけるSAP運用を支援します。

サービス体制

日立AMOサービスは、日本にある日立AMOセンタを中心としたサービス体制で、グローバルの各拠点と連携し、世界各地域に最適なサービスを提供します。

サービス体制

  • * SAP®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP SEの登録商標または商標です。