ページの本文へ

Hitachi

制御システム安定稼働サービス

制御システム安定稼働サービスとは

長期稼働を前提とした制御システムには適正な運用・保守体制が求められています。そこで日立は、お客さまの制御システム全体をワンストップで支援する「制御システム安定稼働サービス」を提供。日立グループが持つOTとITに関する技術・ナレッジを集結した独自の「サポートプラットフォーム」を基盤に、運用・保守業務の効率化、コスト最適化に貢献します。

制御システム運用・保守のナレッジによるワンストップサポート

お客さまの課題 日立の強み

制御システム保守の課題に対応するサービス

システム稼働率の
向上

アプリケーション、ソフトウェア、ハードウェアにいたるまで、さまざまな問題に24時間365日ワンストップで対応。必要に応じてエンジニアが駆け付けて復旧作業を実施します。これにより、ダウンタイムの最小化を追求し、システム稼働率の向上に貢献します。

運用・保守に関する
ノウハウの伝承

制御システムの運用・保守に関わるさまざまな技術情報や対応履歴をナレッジとして蓄積。ユーザーポータルを通じて、お客さまが必要な時に閲覧・活用できます。これにより、運用・保守に関するノウハウの伝承を支援します。

保守コストの
平準化

制御システムの構成部品は、年々整備・修理費が増加するため、経年後の突発的な修理費負担が経営に大きな影響を与えています。サポートサービス契約により、毎年の保守コストを平準化することができ、計画的に実行できます。

日立のお客さま向けIT関連情報誌「はいたっく」

日立が「制御システム安定稼働サービス」を販売開始しました。

ブランドキャンペーンサイトへ