ページの本文へ

Hitachi

制御システム安定稼働サービス

サービスの特長

24時間365日安心のサポート体制

従来の制御システムの保守は、お客さまのシステムごとに担当者を配置し、トラブル発生のたびに対応チームを編成するのが一般的でした。しかし属人的な対応のため、復旧作業が遅れる要因になっていました。そこで日立は24時間365日受け付け可能な日立制御システムサービスセンタを設置し、必要に応じて各部門の専門チームと連携して、お客さまの問題解決を支援。お客さまの保守部品を管理し、いち早く全国の保守拠点からエンジニアが駆け付けます。さらに、運用・保守のナレッジを蓄積、共有できるサポートプラットフォームを構築。お客さまご自身での問題解決や、現場ノウハウの継承を支援します。

サポート体制

HCSSC:Hitachi Control System Service Center

日立制御システムサービスセンタ

お客さまのシステムに関するさまざまなトラブルやお問い合わせをお受けする窓口が日立制御システムサービスセンタです。経験豊富なスタッフが障害状況・問題に応じて的確に切り分けを実施。その結果を基に、専門チームや開発部門と連携し、詳しい状況をお伺いするとともに、解決方法をお伝えします。

専門チーム

日立制御システムサービスセンタで解決できない障害や技術的な問題については、お客さまシステムごとの専門チーム(制御プラットフォーム統括本部など関連部門のエンジニアで構成)と連携しながら復旧を目指します。

保守拠点

全国の保守拠点から、24時間365日体制でエンジニアがお客さま先に駆け付けてサービスを提供。お客さまの問題解決を支援します。

<お客さまの声>

設備トラブルの際に、日立制御システムサービスセンタの方と迅速に連絡が取れたため、操業への影響を小さくすることができました。大変助かりました。

ナレッジや構成部品情報をお客さまとも共有

サポートプラットフォームは制御システムの運用・保守に関わるさまざまな技術情報や対応履歴を蓄積・共有できる環境です。運用・保守業務の対応履歴や作業マニュアル、システム構成図面、お客さま専用部品などをデータベースとして格納・蓄積し、ユーザーポータルを通じてお客さまがいつでも閲覧・活用できます。これにより、運用・保守に関するノウハウやナレッジの伝承を支援するほか、システムを構成する各種部品の交換時期も把握でき、適切なタイミングでの部品交換が行えるようになります。

サービス契約により保守コストの平準化に貢献

制御システムや設備の保守コストを抑えるためにはお客さまシステム全体のライフサイクルに着目して運用・保守トータルでコストを削減する必要があります。制御システム安定稼働サ−ビスはお客さまシステムに適したメニューを選択でき、毎年の保守コストを平準化することができるため、計画的に運用・保守を実行することができます。

日立のお客さま向けIT関連情報誌「はいたっく」

日立が「制御システム安定稼働サービス」を販売開始しました。

ブランドキャンペーンサイトへ