ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

エンタープライズでの活用

拡張可能なプラットフォームで価値を提供

データを取り巻くビジネス環境はかつてないスピードで変化しており、ストレージ、処理および最先端の分析の分野で劇的な進化が見られます。企業は既存のシステムやインフラと共存する新たなビッグデータテクノロジーから価値を引き出すという複雑な課題に直面しています。しかも競合優位性を維持しつつ、業務を効率化し、リスクを最小化しなければなりません。これらの変化に対応するためには、厳格なセキュリティおよびコンプライアンス要件、部門間のニーズ、そして本社IT部門および業務IT部門の連携の中でバランスを取る必要があります。

対話形式のデモ

Pentahoを導入した大手電話小売業者が、売上情報を収集する事例をベースとした対話形式のデモをご覧ください。注文管理ツールを使用してどのように在庫を把握し管理できるか、さらにSparkアプリケーションでどのようにダッシュボードを表現できるかを、シンプルな業務分析の例でご覧いただけます。デモはこちら。

エンタープライズクラスのビジネスアナリティクス

Pentahoの柔軟なデータ統合分析基盤、さらに大規模かつ複雑な環境における豊富な経験により、企業全体において安全かつ拡張性の高いデータのブレンドが可能です。既存のITアーキテクチャとシームレスに融合しながら、分析にすぐに使える状態のデータを、それを最も必要とするスタッフへ提供することができます。

既存の環境で動作するデータ統合・分析ソリューションにより収益化までの期間を短縮

  • データウェアハウス、エンタープライズアプリケーション、Hadoop、NoSQLなど、あらゆるソースからデータをすばやく統合し、オーケストレーションを実現
  • データの精度、コンプライアンス、およびガバナンスを保証するITの信頼性を駆使し、安全かつブレンドされたデータをオンデマンドで自動的に配信
  • ETL、BI(ビジネスインテリジェンス)、および予測分析機能が統合された基盤により、業務部門とIT部門間のギャップを埋めることが可能
  • アドホック分析、データ可視化、ピクセルパーフェクトなレポート、およびお客さま向けにカスタマイズされたダッシュボードにより、視覚に訴える分析情報を企業のあらゆる部門・役割の方へ提供可能
  • 既存のエンタープライズセキュリティおよび認証フレームワークと簡単に接続可能

パフォーマンスを最大化しつつリスクを低減する、拡張性の高い分析基盤を提供

  • Pentahoの「アダプティブビッグデータレイヤ」により、最新テクノロジーやバージョンの急速な変化からお客さまのアーキテクチャを保護
  • オンプレミスまたはクラウド上にPentahoを導入することで、システム間および企業間での柔軟なデータのブレンドが可能
  • 分散コンピューティングオプションを最大限に活用して、クラスター内でのMapReduceジョブの実行とYARNを利用した柔軟なリソース運用を実現
  • データ統合サーバークラスタリング、ロードバランシング、およびパフォーマンスチューニングによる大規模なデータパイプライン管理が可能
  • 詳細なパフォーマンスモニタリング、分析コンテンツの配布、ジョブ管理、など幅広くカバーする管理ツールにより、きめ細かな制御を実現

Pentahoの特徴であるオープンスタンダードとアーキテクチャで、今までにないユースケースを生み出し、将来の変化にも対応した環境を実現

  • 既存のアプリケーション、ポータル、プロセスに組み込むことで、顧客とパートナー企業への分析環境の展開が可能
  • 分析画面レイアウトのカスタマイズ、マルチテナント環境へデプロイ、セキュリティ階層への統合、さらにサードパーティのチャートやレポートへ接続といった一連の操作が簡単に実現可能
  • 強力なツールセットにより、エンドユーザーの理想に合った、きめ細かにカスタマイズされたインタラクティブな可視化表現を提供可能
  • プラットフォームプラグインを開発するための簡潔なフレームワークで、開発者が新たな課題を解決できるように支援

エンタープライズ向けの組み込みアナリティクスの詳細についてはこちらをご覧ください。