ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

ビッグデータ

Pentahoでは、ビッグデータの抽出、準備、ブレンドに加え、可視化や分析のためのツールを1つの基盤に搭載。これらを活用することで企業経営に変化をもたらします。Pentahoを使用すれば、HadoopやNoSQLから分析データベースまで、さまざまなビッグデータを価値ある情報に変えることができます。

ビッグデータ

ブレンドされたビッグデータの分析

データ統合とビジネス・アナリティクスを密接に連携させた基盤により、ブレンドされたビッグデータから価値を引き出し実現化を加速します。

  • データ抽出やデータ統合からデータの可視化や予測分析まで、多種多様な分析に対応
  • ビッグデータソースでデータのブレンドが可能、さらに、それらを直接ストリーミングできるようにすることで、より全面的で正確な分析を実現
  • さまざまな種類のビッグデータソースに対応し、各ソースの独自機能を活用可能
  • オープンソースの標準アーキテクチャにより、既存インフラとの統合や拡大を簡単に実現

広範囲にわたる適応性の高いビッグデータ統合

人気の高いビッグデータストアの最新バージョンや機能にすばやく対応します。

  • 一度アクセスしたデータに対し、どこからでも処理、結合、利用が可能
  • ビッグデータエコシステムの変更に柔軟に対応できるため、影響を受けにくく、リスク低減が可能
  • Cloudera、Hortonworks、MapR、およびAmazon Web Servicesからの最新のHadoopディストリビューションへの接続性
  • MongoDBおよびCassandraなどのNoSQLデータストアとの統合
  • HPE Vertica、Amazon Redshift、SAP HANAなどの分析データベースへの接続性

シンプルなHadoopデータ統合と分析

直感的に使える基盤と豊富な専門知識により、企業規模でHadoopとの連携を効率化します。

  • 設計者、開発者、アナリストに、アジリティ(俊敏性)とクラスタ管理を適切に組み合わせて提供する、バランスのとれたアプローチ
  • クラスタ内でネイティブに実行されるビジュアルMapReduceデザインツールにより、手作業でのコーディングよりも素早い開発が可能
  • 広い範囲のエコシステム統合により、YARN、Sparkジョブの実行などでリソースを柔軟に使用可能
  • 大量のユーザー情報向けに調整されたセルフサービス分析など、Hadoopからオンデマンドデータセットを提供するためのソリューションアプローチ
  • 専門的なサービスと実装経験、実績のあるユースケースデザインパターン、Hadoopを使用した顧客の成功実績

インタラクティブな分析、レポート、可視化、ダッシュボード

Pentahoを使用することで、ビジネスユーザーやアナリストは、IT部門や開発者に頼らなくても、さまざまな角度からデータを簡単に可視化、分析、およびレポートすることができます。

  • インタラクティブな分析、ドリルスルー、ラッソフィルタリング、ズーム、および属性の強調表示をすることで、より重要な分析情報を提供
  • 設定作業なしで使えるインタラクティブな可視化のライブラリ
  • 大量のデータをユーザーの思考速度で分析・処理するための非常に大きなインメモリデータキャッシング
  • 大量かつ細かい書式設定の必要なエンタープライズレポートにも対応可能な、セルフサービスのインタラクティブなレポート
  • エンタープライズレベルのデータソースを含むあらゆるビッグデータソースからダッシュボードを作成可能

ビジネスアナリティクスの詳細については、こちらをご覧ください。