日立グループの総合力

データセンターでの運用、保守はもちろんですが、
空調機や変圧器、UPSといった設備から、サーバー、ミドルウェア、ストレージ、
ネットワーク機器といったIT機器に至るまで、
日立の総合力を結集したサービスを提供することが可能です。


お客さまニーズにこたえるセンター拠点

国内18カ所 総面積 約72,000㎡のデータセンターを保有し、立地・仕様・運用など、
お客さまのニーズに合わせたセンターの選定が可能です。
また、複数拠点を利用した、ディザスタリカバリー対策にもご活用いただけます。

※拠点情報は現在

お客さまニーズに応えるセンター拠点
お客さまニーズに応えるセンター拠点

実績に基づく高信頼性

長年のデータセンター運用実績と現場力を保持。

設備の堅ろう性・信頼性・安全性の観点と、
運用のセキュリティ・経済性、効率性・災害対応の観点での
PDCAサイクルにより、スパイラルアップし、
さらに高信頼性のサービスへと進化し続けています。

各種基準・ガイドラインを基にした、人・運営・管理統制により、
官公庁、金融、産業、流通などの多様な業界のお客さまに、
安心してご利用いただいています。


環境配慮型データセンター

ITUの国際規格に採択されている空調方式を、
2012年度にオープンした岡山第3センタなどで採用しています。

高密度・高発熱サーバーとスペースの限られた
フロアに適した局所冷却システムです。

環境に配慮した熱循環の効率化・省エネ化を図っています。

※ITU(International Telecommunication Union) : 国際電気通信連合。国際連合の専門組織のひとつで、電気・無線通信分野の標準化活動の推進、電気通信技術の開発、通信周波数の管理などを目的としている。本部はスイス ジュネーブ。


高信頼クラウドの親和性

日立のデータセンターでは、アプリケーションやプラットフォームを
サービスとして提供するSaaS/PaaSの
各種サービス、企業内にクラウド環境を構築する
プライベートクラウド関連サービスなど、
お客さまの幅広いニーズに応える
クラウドソリューションをセキュアに提供します。


安定稼働を実現するファシリティ

データセンターに必要な空調や電源などの設備も日立製。安定的かつ確実な維持保守・点検を実施しています。
日立グループならではのスケールメリットが生かされています。