ページの本文へ

Hitachi

統合エネルギー・設備マネジメントサービス 「EMilia」

街区[Area]

エコな街の
小さな司令塔

近年、環境にやさしいまちづくりの一環として、街全体で低炭素化や省エネに取り組む動きが活発になってきており、エネルギー利用効率化に着目した新たな価値の追求が始まっています。
統合エネルギー・設備マネジメントサービス「EMilia(エミリア)」は、市街地の再開発事業や工業団地開発事業などの新しい街において、自然エネルギーや発電機、熱源、蓄電池などの、街区内に設置されたエネルギー源と、各建物を組み合わせたエリア一体の需給管理により、エネルギーの地産地消・効率的利用を実現する総合エネルギーインフラを実現します。
また、「EMilia」は、非常時に街全体で最低限のエネルギーを分け合う機能を持ち、災害に強いまちづくりに貢献します。

  • ニーズから選ぶ

アイコンをクリックすると、ニーズの絞り込みができます。

  • 省エネ・省コスト
  • 業務効率向上
  • BCP・安全
  • 環境・啓発

設備運用でエネルギーコストを減らしたい

課題

エネルギーコストの削減目標を、複数の設備・機器の運転計画に落とし込むのが大変だ。

設備運用でCO2排出量を減らしたい

課題

CO2排出量の削減目標を、複数の設備・機器の運転計画に落とし込むのが大変だ。

隣の建物と余った電気をやり取りしたい

課題

隣接する複数の拠点で電力利用のピークが異なるが、拠点をまたいだピークシフトにより、さらに効率化を図りたい。

確実にエネルギー目標を達成したい

課題

目標に沿って計画をつくっても、いつの間にか実績がかけ離れてしまう。

再生可能エネルギーを導入したい

課題

省エネや省CO2のために、太陽光発電を導入して有効活用したい。

複数のメーカーのシステムと連携したい

課題

複数の需要家をまとめて連携しようとすると、連携するシステムもさまざまだ。

需要をコントロールしたい

課題

エネルギーの需給バランスをとる手段のひとつとして、需要を抑制するしくみを取り入れたい。

停電時には街全体で電力を分け合いたい

課題

電源のある拠点から、隣接する電源のない拠点に対しても電力供給したい。

うまく拠点の管理者と連携したい

課題

拠点・部門の管理者にどんな指示を出せばいいかわからない。

インフラの料金をまとめて管理したい

課題

電気・ガス・水道が別々に管理されていて、全体のデータ参照や計画策定が不便だ。

省エネ実績の報告業務を省力化したい

課題

国や自治体向けの報告書を作成するのが大変だ。

運用結果を経営判断に活用したい

課題

設備運用コストを経営会議で議論したいが、データ量が膨大でどこにあるかわからない。

お問い合わせ