ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

産婦人科 お産をご希望の方へ

生まれてくる赤ちゃんとお母さんのために・・・

日立総合病院ではお母さんと赤ちゃん、そしてその御家族を全力でお手伝いいたします。

  1. 妊娠期を順調に経過できるように支援します。
  2. 出産を主体的に取り組めるように支援します。
  3. 母児早期接触・母乳育児支援のための終日母児同室に取り組んでいます。
  4. 他の施設と協働し母児の安全に取り組んでいます。

お母さんと赤ちゃんのために

スタッフステーション

JIME

当院では「アドバンス助産師」が活躍しています!

 ※「アドバンス助産師」とは、日本助産評価機構から客観的評価を受け、
   自立して助産ケアを提供できるレベルにあることを認証された助産師です。
   当院を利用していただくお母さん、赤ちゃん、そしてその御家族に質の高い
   安心・安全な助産ケアを提供いたします。お気軽に声をかけて下さい。


お母さんと赤ちゃんの持っている力を最大限に引き出し、お母さんと赤ちゃんの自立へ向けて、外来から入院、退院後まで寄り添い、トータルにサポートしていきます。

私たちの関わり

産科外来

  • 妊婦健診は(定期健康診査)は、妊娠初期からお母さんとお腹の赤ちゃんの健康状態を定期的に見るためのものです。妊婦健診には以下のような目的があり、きちんと受けることでより安全な出産へとつながります。

     ・妊娠に伴う心身の変化に適応できているか、母体の健康状態を確認する。
     ・胎児が元気に成長しているか、異常がないか確認する。
     ・どのような方法で出産するのか決める。
     ・子宮収縮や子宮口の状態から分娩時期を予想する。
     ・妊婦さんが抱えている不安や悩みの相談にのり、アドバイスする。

  • 日立総合病院の産科外来では、医師と助産師が協働して外来診療を行っており、お母さんの状態や悩みに応じたきめ細かなサポートを心がけています。
  • 妊娠経過に異常がない場合で、妊娠25週以降の★印の週数は、「助産師外来」で超音波と保健相談を行います。妊娠中のちょっとした相談ごとや質問など、気軽に助産師にお尋ねください。
健診のスケジュール
月数
2
4 5 6 7 7 8 8

9
9 9

10
10      




8
13

16
17

20
21

24
25

26
27

28
29

30
31

32
33

34
35

36
37 38 39 40
医師        
助産師                    

〇は医師、★は助産師の健診

外来

母親学級

母親学級

当院では母親学級をおこなっています。妊娠、出産、育児の情報収集、不安や疑問の解消、情報交換の場としてご活用ください。

【申し込み方法】
 14番受付、産科外来の事務員に声をかけてください。
 前期は18~27週の間に、後期は28週以降に受講できるようにお申し込みください。
 *里帰り出産などの場合は外来助産師までご相談下さい。

【母親学級スケジュール】

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
前期(13:30~15:30) 9(火) 13(火) 13(火) 10(火) 8(火) 12(火)
後期(13:30~15:30) 23(火) 27(火) 27(火) 24(火) 22(火) 26(火)
2018年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前期(13:30~15:30) 10(火) 7(火) 11(火) 9(火) 13(火) 11(火)
後期(13:30~15:30) 24(火) 28(火) 25(火) 23(火) 27(火) 25(火)


【内容】
前期 後期
母体の生理と保健
妊婦体操とリラックスの実際
病棟案内
分娩経過
呼吸法、お産のリハーサル



【持ち物】
 診察券、母子健康手帳、筆記用具、さくらのつぼみ、飲み物
 ※前期は妊婦体操がありますので、運動しやすい服装でおこしください。


【母親学級当日の流れ】
 13時15分までに直接14番窓口産科外来においでください。
               ↓
 事務員がご案内します。(場所は3号棟4階または1号棟5階になります。)
               ↓
 母親学級終了後はスタッフが本館棟1階へご案内します。


【受講料】
 前期、後期合わせて3,000円です。

ilust2

皆様の参加をお待ちしています。

産婦人科病棟・外来スタッフ一同より

入院費について

産婦人科自費料金 分娩費用のお知らせ
分娩料
正常分娩 平日 約 456,000円
時間外(18時00分~22時、6時~8時、病院休診日) 約 466,000円
深夜 (22時~6時) 約 476,000円
帝王切開   約 316,000円

検査に伴い金額が変更となることもあります。


<注意>

  • 室料差額ベッド代の費用は別途請求となります。
  • 上記費用は分娩・入院治療費・新生児のお世話等を合わせた基本的な料金となります。
    患者様の状態により種類・期間などが変更となり費用が変わる場合もありますので、予めご了承ください。
  • 一般的な疾患に対する入院治療費は保険適応となりますが、お産入院の場合には保険は適用致しませんのでご注意ください。
    但し、合併症や異常の診断がある場合、帝王切開分娩の場合には一部または全期間において保険適用となる場合もあります。

母乳外来

ilust3

当院では、平日の午後のみ、予約制で母乳外来を行っています。
赤ちゃんのこと、おっぱいのことで困っていることなどがあればぜひご利用ください。
病棟助産師が丁寧にケアいたします。
受診を希望される方は、前日までに直接病棟へお電話で予約をお願いします。

予約方法 0294-23-7944 産婦人科病棟直通
予約時間 平日(8:15~16:30)*病院休日は除く

日時 平日(祝祭日・病院休日を除く)
(1)13時  (2)14時  (3)15時
各45分ずつ
場所 3号棟4階 産婦人科病棟
費用 初診3,240円(税込)
再診2,160円(税込)
持ち物 母子健康手帳・診察券・保険証・赤ちゃんの着替え・オムツ・ビニール袋

母乳外来

入院中の生活

【 お産のときの入院方法 】
いよいよ出産!ドキドキ・ワクワク!赤ちゃんに会えるのももうすぐ!

*当日までに
お産で入院するタイミングは人それぞれ…。昼間だけでなく夜中の入院かも…。
あらかじめ、病院にいらっしゃる手段やルート、誰と来るかを考えておきましょう。
36週以降の健診の時には、お産が近いのか、まだ時間がありそうなのか、医師や助産師に確認しておきましょう。

イラスト1

*始まったかな?と思ったら電話をして下さい。
1. 陣痛? 破水? おしるし?
 平日 8:30~16:30 0294-23-1111 代表→産科外来へ
 夜間・休日・祝日  0294-23-7944 3号棟4階病棟直通 

2. いざ入院!
 平日は お電話→再診受付→産科外来→3号棟4階病棟
 夜間・休日・祝日は お電話→救急外来入り口→3号棟4階病棟 までお越し下さい。

【 陣痛室では 】
 音楽を聴いたり、アロマをたいたり楽な姿勢でリラックス!
 陣痛の時には自分のペースで呼吸法を行いましょう。
 また、お産はエネルギーをかなり使いますので水分をこまめに摂り、何か口にできるものがあれば
 食べておきましょう。
 痛みと痛みの間にはトイレも済ませておくのもコツです。
 陣痛室にはご家族の方も入室できます。腰のマッサージ・声掛け・手を握る・うちわで扇ぐ・
 カイロで温める・肛門付近をテニスボールで押さえるなど、産婦さんのご希望にそって
 助産師と行っていきましょう。

イラスト2

【 分娩室では 】
いよいよ誕生の瞬間です!助産師の声掛けにあわせて一緒に頑張りましょう。
分娩室へは立会いを希望したご主人のみが入室できます。

産後のようす

スケジュール

出産後のサポート

お母さんの入院生活に必要なアメニティーグッズをご用意しております。

パジャマ

アメニティグッズ

<アメニティーグッズ>
・スリッパ
・洗面セット
・シャンプー、コンディショナー
・歯ブラシ・コップ
・バスタオル・タオル など

お産バッグ

<お産バック>
 ナプキン
 産褥ショーツ
 清浄綿
 骨盤固定帯
 赤ちゃんのおしり拭き
 おへその消毒セット
 臍帯箱
<赤ちゃんの準備品>
 入院中の洋服、おむつは準備してあります。
 退院時には赤ちゃん用の洋服の準備を
 して下さい。

<御祝い膳>
お産後2日目の夜はお祝い膳がでます。(帝王切開の方は6日目の夜となります。)

お祝い膳

入院中はお夜食として、軽食をご用意しております。
お湯の準備はありますが、温かい飲み物を部屋で飲めるように保温機能のある水筒があると便利です。

お産したお母さんの声

当院でお産をしたお母さんからの声の一部をご紹介します。
皆さんの声が私たちの励みになっています。

お産したお母さんの声

その他の活動について

日立総合病院の産科病棟では、院内の活動のみにとどまらず、地域のイベントにも積極的に参加しています。
イベントを通じて地域の方との触れ合いについても大切にしていきたいと考えています。

イベントの様子